桜井誠(在特会会長/当時)・朝鮮大学校前脅迫事件(2008年11月~11年11月)


  • 2008年11月~2011年11月:桜井誠・在特会会長(当時)、朝鮮大学校前で脅迫的言動を繰り返す。
法務省が公表した街宣の内容◇
<2008年11月9日>
「朝鮮人を日本からたたき出せ」
「犯罪朝鮮人を東京湾にたたき込め」
<2009年11月1日>
「我々は徹底的にやりますよ。朝鮮人の犯罪がなくなるまで、朝鮮人、犯罪朝鮮人を日本からたたき出すまで、我々は絶対に闘いをやめない」
<2011年11月6日>
「そこで聞いている朝鮮人ちょっと出て来いよ。たたき殺してみせるから出て来いよ。日本人をなめんじゃねえぞ、ゴキブリども」
「君たちもね、北朝鮮人のプライドがあるならちょっと出て来い。金正日のためにここでなぶり殺しにされろよ。殺してやるから出て来いよ」
「いつまでもいつまでも日本人が黙っていると思うなよ。お前たちはね、あまりにも多くの血を流しすぎた。次はね、我々がお前たちの血を流す番だ」
(毎日新聞〈ヘイトスピーチ 元在特会代表に「脅迫的な言動しないで」〉より。英文記事も参照)

勧告
 前記各行為は、前記A氏およびB氏らに対し、その身体、生命に危害を加えかねない気勢を示して畏怖させた上、その状況をインターネット上で公開して同人らに精神的苦痛を与える違法なものである。さらに、貴殿の言動は、在日朝鮮人を犯罪者であると決めつけ、これに対する憎悪、敵意を煽り、また、暴力行為をそそのかすことを内容としており、在日朝鮮人である前記A氏及びB氏らの人間としての尊厳を傷つけるものであって、人権擁護上、看過することができない。
 よって貴殿に対し、自己と異なる民族、異なる文化を有する者らと相互に人格と個性を尊重し合いながら共生することの重要性を理解した上で、前記各行為が他人に強い恐怖感、苦痛を与え、違法なものであることを認識し、反省するとともに、今後、決して同様の行為を行わうことのないよう勧告する。

【記者】
 ヘイトスピーチの動画がインターネット上に公開されている問題について,その動画について,法務省が削除を要請し,実際削除に至ったという事例がありましたが,これについての所感及び今後の取組について教えてください。
【大臣】
 法務省としては,今後も引き続き本件と同様の被害申告等を受け,人権侵害の疑いがある事実と認められた場合は,人権侵犯事件として立件し,適切な救済に努めるとともに,啓発活動にも,より積極的に取り組んでまいりたいと考えています。
有田芳生議員 「(略)勧告を出されているが、どういう内容でしょうか」
岩城光英法務大臣 「お尋ねの勧告の内容でありますが、元代表者の行動が被害者の生命・身体に危害を加えかねない気勢を示して畏怖させる違法なものであり、被害者らの人間としての尊厳を傷つけるものであるなどとして、反省し、今後同様の行為を行わないことなどを東京法務局長が元代表者に勧告をしたものであります」
有田芳生議員 「(略)だけどこの前会長は、インターネット上で、その法務省から来た勧告、封筒を破いて、勧告文をネット上でびりびりびりびり破いた。さらには、今後同様の行為を行うことのないように勧告されたにもかかわらず、いまだヘイトスピーチ、差別の扇動を行ってる。3月6日も銀座で先頭に立ってやっておりました。そうなると、法務大臣も含めた法務省の権威ってのはいったいどうなるんだと。そういう勧告に従わなかった場合ですね、それをほっとくのか、あるいはさらなる対応をとるべきだと私は考えておりますけれども、大臣、いかがでしょうか」
岩城光英法務大臣 「ご指摘のようにですね、勧告の対象者がこれに反する対応をことさら公開していることにつきましては大変遺憾だと存じております。法務省の人権擁護機関におきましては、対象者の行為を違法なものと認定して、そのことを明確に指摘し、反省と、同様の行為を二度と行わないことを勧告したものであり、そのことは何ら揺らぐものではありません。法務省の人権擁護機関としましては今後も、同様の人権侵害行為についてはその違法性を指摘し、必要な勧告等の措置をとってまいりたいと考えております。そして、いわゆるヘイトスピーチをなくしていくためには、社会全体の人権意識を高め、こうした言動が許されないことであるという認識を広く行き渡らせることがけっきょく重要であり、今後も引き続き、ヘイトスピーチを許さないという姿勢を明確に示し、粘り強い啓発活動を通じて強く(動画終了)」
You Tubeにアップされた動画より)


2015年12月22日:自称「行動する(社会)運動」の襲撃事件等から移植する形で新規ページを作成し、2015年10月以降の動向を追加。
(略)
2016年2月28日:動画の削除の項(2016年2月13日)に民団新聞の記事と桜井誠のツイートを追加。
2016年3月16日:「行動する保守運動」ニコニコ動画撤退の項(3月10日)を新設。
2016年3月18日:「行動する保守運動」ニコニコ動画撤退の項(3月10日)にBuzzFeedとハフィントンポストの記事を追加。参院予算委員会の項(3月18日)を新設。