|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

SPARKING

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雨上がりの水溜りを 時折君はキレイに思えた
溢れ出す光浴びて 輝いてる
君の闇照らすように…

何が惑わすの? 凍えたその手を
焼き付ける太陽

あの空の向こうに 何かがあるなら
さぁ 手を伸ばして
絡みついた鎖はがして 色鮮やかな風を身にまとって

光りだす そう君の
Its just a sparking world

錆付いた胸の扉 すり抜け溢れる優しい透明な風
色褪せてしまわぬように 両手広げて
包みこむそっと強く…

止まったままの 光の時計が
時を刻み始める

あのキレイな虹を 越えて行けたら
何が見えるかな?
ガラス玉に集めた光を 壊してしまわないように抱いて

闇さえも 解き放つ
Its just a sparking world

uh~ いつか 胸に描いた世界
just a sparking world

あの空の向こうに 何かがあるなら
さぁ 手を伸ばして
ガラス玉に集めた光を 壊してしまわないように胸に抱いて

輝いてるキレイな虹を 越えて行けたら
何が見えるかな?
絡みついた鎖はがして 色鮮やかの風を身にまとって

光りだす そう君の
Its just a sparking world