|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

愛の華

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

雨音 いつものように 聞いていた 涙と
アルバム いつものように 眺めてた 片隅で一人

また見えない未来に 怯えている
誰か抱きしめて ただ愛してほしい

愛のカケラを
逃げださぬように 砕けぬように 両手で抱きしめ
このまま季節が 通り過ぎても あの優しさは忘れない

差し込む 光に少し 目眩を覚えて
私を 包み込むように 優しく 花びらが舞う

この街の景色も 彩を変えて
あどけない優しい風が 頬を撫でる

空を見上げて
あの何もない 無数の雲に 心奪われて
涼しい日差しに 照らされて今 少し笑顔になれた気がした

いつか 二人で歩いた桜道で
変わらぬ想いと 握りしめたその手は
いつもの笑顔と いつもの温もり
二度と時は 戻れないから

愛のサクラは
この胸に散り 決して二度とは 咲くことはないけど
もう一度いつかは あの”ミチ”を歩いてゆく また華を咲かせるように

La La La...