|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

かまいたちの夜 4

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

   フロントに着くと、女の子三人組と小林さんがなにやらもめていた。
   「ちょ・・、ちょっと。落ち着いて話して下さい。一体どうされたんですか?」
   「だから!今部屋に戻ったら、床にこんな・・・こんな物が!」
   女の子達が震えながら、小林さんに小さな紙切れを差し出した。
   気になったぼくは、横から覗き込む。小さな紙切れには、赤い字でこう書き殴ってあった。

   『こんや、12じ、だれかがしぬ』

   「今夜、12時、誰かが・・・死ぬ?!」
   ぼくが読み上げると、みんな一様に息を呑み込んだ。
   しばらくの沈黙の後、ようやく小林さんが口を開いた。
   「誰かのいたずらでしょう」
   「・・・悪趣味ね」 
   真理が眉をひそめる。
   確かに、悪趣味ないたずらだ。それが本当にいたずらなんだとしたら・・・。
   「でも、誰かがあたし達の部屋に入ってこれを置いて行ったんですよね?気持ち悪くてあそこじゃ眠れないわ」
   そう言ったのはやせて髪の長い可奈子ちゃんだ。泣きそうに顔を歪めている。
   「床に落ちていたんなら、ドアの下の隙間から差し込んだんじゃないですか?鍵はかけていらしたんでしょう?」
   小林さんがそう言うと、女の子達はぽかんとした表情を浮かべた。
   「そっかー、中に入らなくてもいいんだ」
   どうやら、そんなことにも気付きもしなかったようだ。
   「・・・でもやっぱり気持ち悪い」
   メガネの亜希ちゃんだ。
   「何ならお部屋を替えましょうか?幸い空き部屋もありますから」
   「その部屋にもテレビ、ついてます?」
   ちょっとぽっちゃりした可愛らしいショートカットの啓子ちゃんだ。
   「すいません。うちは客室には基本的にテレビは置いてないんです。ふた部屋だけ置いてあるんですが、それが、今お泊りの部屋なんですよ」
   と、申し訳なさそうに首を横に振る。
   「もうひとつの部屋は?」  
   「あいにくふさがってます。ですから、テレビをご覧になるなら、今のお部屋で我慢していただくしか・・・」  
   「どうする?」
   三人は顔を見合わせ、話し合い始めた。
   「あたしやっぱり気持ち悪い」
   亜希ちゃんだ。
   「テレビは我慢しようか?」
   可奈子ちゃんが応える。
   「えー、あたし見たいテレビがあるの」
   啓子ちゃんが、わがままを言い出した。
   「テレビなんかいいでしょ!なにしに来てるのよあんたは。あたし達はスキーしに来たのよ、スキーに!」
   可奈子ちゃんが怒り始める。
   「分かってるけど・・・でも今日は見逃せないの。『ロンバケ』の最終回なんだもん」
   ぼくは見たことないが、確か『ロンドンで万馬券』というギャンブルドラマだ。
   しばらくもめていたが、結局、つまらないいたずらだし、部屋を替えてもあまり意味がなさそうだということで、彼女達は引き下がって部屋に戻って行った。
   「でも、誰がこんないたずらするかしら。子供は泊まってないし・・・」
   そう言うと真理は、いたずらっぽい目をぼくに向けた。
   「もしかして、透じゃないの?」
   とんでもないことを言い出す。小林さんがおどろいてぼくを見る。
   「冗談じゃないよ。何でぼくがよく知りもしない彼女達にそんなこと・・・」
   当たり前だが、抗議した。
   「そうよね。いくら透でもこんなことしないわよね」
   何かひっかかる言い方だが、まあいいとしよう。
   その時、フロントの電話が鳴り始めた。