a_wage_structure @Wiki 前半班・概要
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

成果主義と年功主義(前半班):文責 小端あゆ美

6月21日(水)話し合いをした結果、決まったことの概要

担当者は敬称略です。また、題名は仮に付けておきました。ご了承ください。

 

1.定義(黒瀬)

年功給/職能給/職務給/業績給……

――今回の発表に関わる給料の定義をそれぞれ紹介。

 

2.年功制の辿った過程(盛)

 1960年台、高度経済成長期の到来

職務給(ポストに応じた賃金;同一労働同一賃金)

  ↓

 1975年、オイルショック後

職能給(職能格に応じた賃金:能力による格付け)

 ↓

職能格が年功的に使われるように

 

3.いわゆる「年功制」とは(角田)

 現在「年功制」と呼ばれる給料の形態は、オイルショック後に主流をなした職能制である。

 年功主義:終身雇用を柱として、生活給(家族手当など)に対応する。

 職能給:職能等級に対応して基本給が上がる。年功もだが、能力主義の要素も含まれる。

 

4.データから見る企業の変化(小端)

 企業の人事管理の方針はどう変わっているのか。

今後の

人事管理方針

主として年功序列主義重視

主として能力主義重視

両者折衷

平成 2年

3.6%

41.0%

30.6%

平成14年

0.8%

55.9%

28.3%

 

今後の

人事管理方針

終身雇用重視

終身雇用に

こだわらない

どちらともいえない

平成 2年

27.1%

36.4%

25.4%

平成14年

8.5%

48.6%

39.9%

 

――具体的なデータを基にして、①能力主義へのシフト傾向、②終身雇用制を重視しなくなっていることなどを紹介。

 

5.年功制が時代に合わなくなった理由(健木)

 1.人口ピラミッドの変化

  高齢化の進展。高齢労働者増加による人件費増大が問題に。

 2.日本の経済状況・企業の経営状況の変化

  不況によって企業が統廃合、倒産することが多くなってきている。

そのため、若い時分に給料が低くても、年を経ればたとえ成果が低くなっても給料が上がる、

  「賃金後払い型」体系が維持できなくなっている。

 3.仕事内容の変化

  昔は、経験の差が顕在能力の差となって表れることが多かった。

  しかし、現代はIT化などの影響で必ずしも経験がものを言わないことも多い。