a_wage_structure @Wiki とりあえず考察
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Point.成果主義賃金部分と年功主義賃金部分を分割して考えてみる ・勤続年数だけでなく長期的(数年~数十年単位)な会社への貢献を加算する ・1年前の成果を評価し、それにしたがって賃金を得るようにズレを作って報酬を決定する(?) Result ・賃金の安定性をある程度確保し、被雇用者が将来的設計を立てる余地を残す ・若いうちに成果を出しておけば、50代60代になってモチベーションが衰えても過去の実績から会社への貢献に見合った給料が得られる ・極端な成果主義に起こりがちな短期的成果を追及しすぎるというリスクを減少させることができる<その他の報酬> ・当人の望むポストへの移動に関しての優遇措置 <評価について> ・ どの部署からも独立した人事部 ・評価のマニュアルを作成し、公開する(人事部の負担を減らして評価のコストを削減するとともに透明性を確保するため) ・ 部門内では基本的に成果を均等に分配するようにする(部門内で成果の争奪が行われてチームのまとまりがなくなることを防止し、また個人個人が評価を受けやすい仕事の取り合いをしないようにする目的) ・チームと個人個人の到達目標を設定し、そのクリアの具合によって成果を決定していく