|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

黄泉の兵関連


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


できごとダイジェスト


安倍清明の占いに「よくなき卦」が出る
     ↓
京都冒険者ギルドに「京の都の南に向かえ」との依頼が出る
     ↓
冒険者らにより不死者の大量発生、村の滅亡が確認される
     ↓
「陰陽村」の存在が浮かび上がる
     ↓
冒険者らにより陰陽村の調査が行われるも、村は既に滅亡
     ↓
言い伝え的存在だった「黄泉人」の存在が明らかに
     ↓
「黄泉大神」もでてきたよ
     ↓
京の南、大和藩主・松永久秀殿から救援要請が出る
     ↓
摂政・源徳家康、京都守護職・平織虎長、ともにこれを承諾、協力し、大和遠征軍を結成
     ↓
源徳、平織の集めた兵は、諸藩の応援や義勇兵なども含めて約二千。
そのうち見回組など平織軍が本隊として松永久秀を案内役に摂津河内を迂回、西側の信貴山城を目指し、未だそこで決死の奮闘をしているであろう大和侍と合流する予定

ショートカット



更新履歴

取得中です。