レ・ギ・ド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レ・ギ・ド【固有名詞】
「「「死はすでに天にあり、天には日の火が廻る」夜は明けて昼は落ちる」しかして日は堕ちて世が明ける」 『『『カララララ!』『キリリリリ!』クルルルル!』


 レ・ギドラ・ド。Ra Ghidorah Dragon。太陽の下僕。
 黄金郷の竜(ギドラ)、それともう一つ。
 太陽、応報、王、王国を司る。
 通称太陽の断片のプライマル・リアクターコア。太陽の浮島で遭遇。
 圧倒的な瞬間火力を持つ。また広大な戦場影響能力も持っていたので、基本的には初見殺し。また二戦目以降も完全完璧な対策を採らない限りはやはり苦戦から全滅までを見込める性能。……だったが、運用ミスにより不意打ちラウンドでお亡くなり。残念無念。イアールトの時といい、またかよ。
 実はP・リアクターコアの中で最も強力な性能を持つ、という設定でありその時期の他P・コアよりワンランク上のCR/性能という調整になっていたりした。極めて終わってるクリーチャー。
 中・後期の増大化は肩口の増設砲口配備とブレス間隔の短縮、及びブレス以外の攻撃形態強力化。特化型。

 以下は本編未出の戦闘スタイル。非実体、ブレスその他と合わせて普通に全滅レベルです。
爆符「ギガフレア」:最大化ブレス攻撃
焔星「プラネタリーレボリューション」:光球形態。太陽の動きのように、地面から昇り弧を描いて上空を通り過ぎ逆側の地面に没する。頂点でかすめ飛びブレス攻撃。
「サブタレイニアンサン」:光球形態。常時地面下。ヴァニラ・アイスみたく螺旋状に動き回って索敵。発見したらその直下から直上にブレス攻撃。『突然シャルンの足元が光り輝いた。「え?」彼女が下を覗き込んだその瞬間、目に飛び込んできたのは山吹色に輝く球体の上部と迸り出る絡み合った三条の光線だった。「シャルン、逃げ……」誰かがそう叫んだ瞬間、光が地から天へと走りぬけた。後に残されたのはシャルンの服と装備と、そしてつい数秒前まではたしかにシャルンであった“なにか”の残骸だけであった……』




 ちなみに非実体は擬似視覚では捉えられません。ですので光球形態になった瞬間に余裕で見失う羽目になってました。あと結局テレポートしようがなんだろうが、敵の存在を確実に把握していないと不意打ちラウンドは発生しないぽいです。DMGいわく『戦闘に対する心構えがあっても戦況を把握するために時間が云々』。つまり『前敵がいたポイントにテレポート』では双方ともに不明状況なのでラウンドなし。『遠くから目視なりなんなりor壁の向こうから聞き耳なりなんなりor..etc....で存在確認してから敵前にテレポート』だと不意打ちラウンド発生、とかになります。





  • 非実体は非視覚的感知でも不可能だっけか。振動感知が無理なのは分かるが。トゥルー・シーイングの話を振ったときには気に留めてたんだがブラインドサイトの話が出てる間に忘れていたようだ。まあ結果オーライ。不意打ちラウンドについては禿同だな。プレイ時にはサプライズラウンド貰えるのか、まあ貰えるならありがたいな、という感覚だった。 -- wokaru (2009-11-11 11:51:07)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル