アイゼンヴェイル男爵領


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アイゼンヴェイル男爵領【国名】


通称: アイゼンヴェイル領
支配者: ハインターバイト(CE male ホワイト・ドラゴン)
政府組織: 組合評議会
首都: フロストヘイヴン
主な都市: フロストヘイヴン(6000人)、ニベイルシュー(4000人)、スノウファー(4400人)
種族: 人間55%、アルドラ12%、エルフ種7%、ドワーフ種6%、その他10%
属性: 混沌にして中立、中立にして善、中立にして悪
宗教: ハレイド、テルチュア、ペイロア、ジルカス
概要:
 アイゼンヴェイル Icenvale 男爵領は極北の、極地のはずれに位置している。その地域は天然資源 ‐ 特に毛皮、漁、鉄鉱 ‐ に富むが、環境が厳しいためこの利点を活用することは困難だ。そのため男爵領からの輸出量は低く経済的には弱小だ。アイゼンヴェイル男爵領の大部分の住民は6カ月間に渡る冬を生き抜く事だけで満足しているため、彼らは敢えて領界を越える意思を持たない。しかし彼らは頑健で勤勉な民族であり、彼らは伝統と同じくらい法を尊重する。

生活と社会

 領土の統治としては支配者であるハインターバイトの下に市民から投票選出された評議会員による組合評議会が位置し、行政・立法を担っている。ただし全ての決議はハインターバイトかその代理人を通さなければならないとされている。基本的にドラゴンの不利益を導くような案件は否決されるかそもそも立案されないかだが、大きな不利益でない場合や長期的には有利となるものなどは可決されうる。また領土侵犯に対するハインターバイトへの征伐要請など、領民に利する法をドラゴン側が自らによって制定した例もある。
 思想及び信仰への統制は行われていないため、善神信仰やハインターバイト排除の動きさえある程度公然とまかり通っている。ただし後者などは当の市民らがドラゴンによる被害を被ることが少なく、逆に領土の守護などある程度の利益を受けているため悪感情が養成さにくく、活動規模はかなり小さいものである。
 このような悪の支配者としてはかなり温和な統治を行っているため、市民の叛乱は120年の間に4度しか起こっていない。だがその4度のいずれもが、叛乱を起こした民や派遣された傭兵・冒険者はおろか彼らの街や村にいたるまで徹底的な殲滅・破壊を受けている。そのため領民の間には恐怖も根強く、あえてドラゴンに逆らおうという動きは少ない。

地域と歴史

 CY103にエドワード・L・アイゼンヴェイル男爵によって制定された領土。公的にはノーストフロン連合王国の属領であるとエドワード男爵は主張していたが、当の王国が瓦解に近い状態であることなど事実上独立国家に近い扱いとなっていた。
 CY477、世襲であったコーラ・V・アイヴェンヴェイル男爵がアイス・フェアリィ救護の任務で荒野へ赴いた際に、突如として出現したホワイト・ドラゴン、ハインターバイトに殺害され権威の証を奪取される事件が発生した。ハインターバイトは力と私兵と権威の証を盾にカーラックに居座り領土の支配者となった。これにより名こそアイゼンヴェイル男爵領であるものの、実際には完全にドラゴンの支配する土地となっている。
 CY501年に樹立されたリューリク公大国とは領地を接しているが公大国側の実質的な領土線ははるか南方であり、間には移動部族やモンスターなどが生息しているため緩衝地帯が存在しているような構造となっている。公大国側はノーストフロン連合王国時代の支配領事実を理由に返還「要請」をしているが、組合評議会及びハインターバイトはこれを拒否し独立国家であると主張している。

カーラック

 かつての男爵と現在のハインターバイトが住むのはカーラックと呼ばれる城である。首都フロストヘイヴンを麓に立つ山に建造されたこの城は、記録されるだけでノーストフロン王国以前から存在していたとされる。詳細な来歴は分かっていないが、人間やフロストドワーフ、フロストジャイアントなど多くのものがここを拠点としていたという。
 CY-300年ごろにシルヴァードラゴンのヴェルベルクーリオンが当時住むもののなかったカーラックを住処とし、改築と増設を行っている。当時はヴェルベルクーリオンによって収集された莫大な知識の宝物が貯蔵されていた。CY-32年に一夜にしてヴェルベルクーリオンが殺害され、カーラックも一部崩落、そして広域に猛烈な異常気象が発生するという魔法的大災害が起こっている。ヴェルベルクーリオン亡き後カーラックは放置されたが、収集されていた書物や宝物は回収されフロストヘイヴン市に保管された。なおこれらは後にアイゼンヴェイル男爵によって召し上げられさらに後にハインターバイトの所有物となった。
 CY103にアイゼンヴェイル男爵が領主城として定め、幾度目かの改修を行った。CY477にハインターバイトが住処として居座り、私兵などの拠点もここに置いている。


魔法効果

○エーテル磁場
 カーラックの置かれている山全体に働く強力な魔法効果によって、山全域において転移呪文は起動しない。外部から進入する際には機能する。
○魔法吹雪
 暴風雪の効果はフロストヘイヴン市からカーラックまでの20マイル全体を覆い、その幅は約40マイルに渡る。地域を襲う6ヶ月間続く猛吹雪である。この魔術的猛吹雪は春の最初の日までやむことはない。


名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。