“災厄の時”


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

災厄の時

 他の神々を超える力を求めて、ベイン(生まれ変わる前)とマークール(前の死者の神)は、エイオー神からザ・タブレッツ・オヴ・フェイト(運命の書冊)を盗んだ。これは、フェイルーンにおける全ての神々の責任を記した記録である。この行為によってエイオーは、次のように判断した。すなわち、神々は自分たちの信者の事はまり考えておらず、お互い同士の戦闘のことばかり考えていると。彼らを罰し、無理やり信者の世話をさせるために、エイオーは異次元の国々から神々を追い出し、化身と呼ばれている定命の肉体を与えた。

化身

 神々の化身は地上を歩き、定命の存在と関わり合いを持ち(中には他者より無慈悲なものもいた)、異次元の家に帰る方法を大急ぎで探した。なぜなら、通常の方法は閉ざされていたから。この期間は"災厄の時""神々の大戦""化身の危機"などと呼ばれている。フェイルーンの歴史におけるこの時期は、近年記憶されている中では最も混沌としたものだ。
 突然定命の存在になったことにより、神々は大混乱となった。ヘルムただ一柱が神の力を保持し、外方次元界へ通じる道を守るようエイオーから命じられた。ヘルムはこの任務に成功したため、"化身の危機"で滅んだ神々の中には、彼の足元に横たわったものがたくさんあった。ミストラが滅ぼされ、彼女の本質が大地と混ざったため、魔法が誤作動するようになり、魔法暴発地帯と魔法欠如地帯がたくさん出来た。
 "驚きをもたらすもの"ガンドがノームとなって、ランタンの岸辺に降り立った。かくまってくれたことに対する感謝として、彼はランタン人にスモークパウダーの秘密を教えた。タイモーラは、エアラベルにあった彼女の寺院に出現していた。彼女がいたことにより、この都市はかなりの破壊を免れたと一般に考えられている。洞窟の神だったアイブランダルは、密かにシャアに殺害されて権能を盗まれた。
 マラーはノバニオンと戦い、グワーロン・ウィンドストロムに狩られた。ショーンダカルは、とあるオークの弱小神の化身と戦ってそれを滅ぼした。シャーレスは、カリムポートのパシャの寵愛を受けた妾の形態を取り、シャアの拡大する影響力からスーニーによって解放された。レッド・ナイトはテシアに出現し、ウィールダス森林からやってきて略奪していたモンスターを、その国が撃退するのを支援した。ホアーは、アンサーの戦争の神だったランマンを殺害したが、彼の敵の権能をアンハーに奪われた。"銀鬚"クランゲディンは誤解が元で、ルアシム島でラベラス・エノレスと戦った。シャアとセルーネイは、ウォーターディープで定命の存在として、大昔の戦闘の続きを行った。ワキーンが姿を消したため、安全のために彼女の仲間のリーラが、彼女の権能の保管を主張した。ベインの息子だったハーフデーモンの小神、イーヤクトゥー・ゼヴィムの化身はゼンティル・キープに幽閉された。アンサーのギルジーム神王はライバルのティアマトに殺害され、2000年に及んだ彼のこの国の支配に終止符が打たれた。
 殺人の神だったベハルは"神々の大戦"でものすごく弱くなり、生物に憑依できる殺人力としてのみ存在していた。ベインがトームに挑戦したとき、フェイルーンにいたベハル信者の全ての暗殺者を、"黒き王"が殺害してその本質を吸収したため、ベハルはますます弱くなった。

定命の存在

 マークールと同盟を結んだベハルは、定命のウィザードだったミッドナイトを誘拐すると共に、ザ・タブレッツ・オヴ・フェイトの中の一つを発見した。しかしながらボアレスキア橋で、定命のシアリックがゴッズベイン・ソード(神殺しのソード)(マスクの化身)でベハルを殺害した。シアリックはベハルの力の一部を吸収したが、残りは曲水川に入り、この川は毒の川となった。
 次にシアリックは、欺きと幻術の女神だったレアラをゴッズベインで殺害して彼女の権能を吸収した。後に彼はゴッズベインを破壊したため、マスクはとても弱くなった。
 タントラスの戦いでトームはベインを滅ぼした。後にエイオーは"黒き王"の権能をシアリックに与えた。ベインとの構想でトーム自身も殺害されたが、当時彼の領地は実際にはトリルであり、また彼は自分の性質(服従と義務)に殉じたため、エイオー神は彼を蘇らせると共に、再び神位を与えた。
 マークールの化身はミッドナイトと戦った。彼女は彼を滅ぼした。ミッドナイトは新しいミストラとなり、前の女神の本質を大地から吸収した。シアリックは紛争、専制、殺人、死の新しい神となり、殺害されたベイン、ベハル、マークールの権能を手に入れた。後にシアリックは死の権能を定命のケレンヴォーに奪われた。彼は、自分が作成したアーティファクトのせいで一時的に発狂したのだが、その時に奪われたのである。
 "化身の危機"の終結によって、フェイルーンの神々がその信者と関わる方法が変化した。エイオーの命令によって神格の力の一部は、その信者の数と熱心さから発生するようになった。そのため神々は最早、自分の信者を無視することが出来なくなっている。"災厄の時"に土地の形が変わり、フェイルーン・パンテオンも劇的に変化したが、神位の新たな責務は、依然としてそのもっとも強力な遺産なのである。


 ギルジームとティアマトとの戦い。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル