東の方の神の国


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 Faer nを通した賢人と詩人は最初の人間の帝国の素晴らしい物語を語ります。そして、それはとっくの昔に数えてないはるかに東部地面で起こりました。Raurin砂漠の埃っぽい平野とGreat Glacierの氷の北の範囲の間で、5つの異なる人間の帝国は、彼らの神のような統治者の指導中で強くなりました。これらの帝国の人々は、yuan-ti以外はどんなレースにでも奴隷制度を縮尺未知数に行って、大きな大きさの不可解な残虐行為を行って、大きな軍が衝突した、そして、莫大な数千が死んだ破滅的な戦争を行いました。confl ict、破壊と帝国の低下の世紀は結局これらの帝国をFaer nの正面から拭き取りました。そして、大陸の東の部分全体で数えきれない残骸を去りました。素晴らしい富と忘れられた伝説の富は、過去のこれらの粉砕された残りのいくつかの範囲内で隠れていて、ボールドによる発見を待って、冒険好きです。
昔の東部帝国は、無限の野心で絶対の専制君主によって統治されました。彼らで最初のものは、不可解な覇権を成し遂げると固く決心している力狂の技術工のImaskar―a不可解な王国の人間の領域でした。彼らは他を支配するために彼らの魔力を使って、人々をそこで奴隷にするために、他の世界にさえ達しました。彼らの大当りによって励まされて、Imaskariウィザードは、彼らが彼らの転落につながったgods―an行為に逆らうことをあえてしたように尊大で大胆になりました。彼ら自身の神を用いて、スレーブは彼らのImaskari主人の一続きを出して、MulhorandとUntherの対の王朝を設立しました。
NarfellとRaumatharの北帝国は、はるかにより謙遜な始めを持ちました。両国からの戦士バンドはかつてUntherとMulhorandの軍の傭兵として勤めました、そして、2つの南帝国とのこの提携はNarとRaumathari統治者で帝国の欲求を起こさせました。北のFaer nの多数の王国は巧妙な支配者に恩顧を被っている凶悪な皇帝の下ですぐに連合しました、そして、新しい帝国(それはNarfellと呼ばれていました)は不吉なデーモン-崇拝者に取りつかれるひねくれた土地になりました。Raumviransは不可解な戦争の方を向きました、そして、その強さはその戦士-ウィザードと彼らの残忍な戦い-魔力から来ました。Raumathari知恵者は構成概念の軍を剣と魔法のものすごい混合であった武器で武装したように作って、周囲の領域を征服するために、彼らを利用しました。
引き続いて起こる世紀を通して、NarfellとRaumatharは、土地と資源について絶え間なく戦いました。2つの帝国は恨み重なる敵のままで、結局、それが彼らの相互絶滅に終わったように全く焼き尽くすほどの戦争を開始しました。


 アイヌプラスでの、ホルスとロード・アーティフィサー「ユヴァラジ」の戦い。


歴史

 歴史家は、西のそれと非常に異なるエキゾチックな過去の証拠に、神の仲裁と大変動の戦争の東のFaer nの長い歴史を指さします。結局、それは神fi rstが死を免れない形とみなした東にありました、そして、巨大な入口は他の世界に開けられました。そして、Faer nに何十万もの外国のシャチと人間を持ってきました。
fi rst人間が東側に住みついた時から、多数の王国は起こって、陥落しました、そして、数人の古代の民族はいなくなりました。fi veのうち、東部帝国、Untherの領域だけとMulhorandはまだ持ちこたえます、そして、彼らは彼らの前の背の高さから権限で非常に減らされます。

タイムライン

–8350 アイマスカー族が、後にロアレン砂漠となる広大で肥沃な平地の地域に定住する。
–8123 アイマスカーのアーティフィサーが、最初の永久異次元空間を作り出す。そのような魔法によって、すぐにアイマスカーの都市設計は変化して行く。
–7975 アイマスカーの帝都であるアイヌプラスが建設される。初代アイマスカー皇帝はアムヤティンであり、彼はアーティフィサーロードの筆頭でもあった
–6422 アイマスカーの都市ソロンが起こされる。
–4370 すさまじい疫病によってアイマスカーの都市が壊滅する。
–4366 アイマスカーのアーティフィサーが一対のポータルを別の世界へと開き、奴隷として何万人もの人々を引きずり込んだ。アーティフィサーはそれから奴隷と彼らの神との接触を防ぐために次元間障壁を建造した。時間と共に奴隷らはアイマスカーで結婚し、彼らの子孫はムランと後に呼ばれる人種となる。
–3891 アーティフィサーロード、オマノンド卿の命により、アイマスカーのアーティフィサーは帝国の膨大な魔法の伝承が永遠に記録された、アイマスカーの七つの物体を作り出す。
–3234 メトスとして知られるアイマスカーの前哨基地がメスウッドで建造される。
–2489 アイマスカーの奴隷の神は、アストラル界を通してトリルの自身らの物理的な存在と化身を送ることによって、次元障壁を迂回する。最初の神の軍勢が組織され、そしてアイマスカーの奴隷は彼らの主人に対して反乱を起こす。
–2488 ホルスがアーティサーのユヴァラジ卿(アイマスカーの皇帝)を滅ぼす。アイヌプラスが陥落する。そしてアイマスカー帝国は終焉を迎える。帝国の崩壊はその領地をロアレン砂漠へと変えた。
–2487 アイマスカーの元奴隷は西のアランバー海の岸辺へと移住する。アイマスカーの難民はアンダーダークへと逃げ延び、そこに第三アイマスカーを作る。
–2481 アイマスカー人の支配者であるイルフェモンが、アンダーダークのアースルート地域で、ディープ・アイマスカーの隠れ都市を建造する。
–2135 アイマスカーの元奴隷のうちの一部がスクルドの都市を見つける。そしてそれはすぐにムルホランドと呼ばれている新国家の首都となる。
–2087 別のアイマスカーの元奴隷はアンサラスと呼ばれている都市を作る。そしてそれはアンサーと呼ばれる新国家の首都となる。
–1967 最初のムルホランド・アンサー間の戦争が発生する。
–1961 ムルホランドとアンサーの指導者が、剣川を国境と定めることで合意する。
–1500 ムルホランドの拡大は、マーゴームのプリアドルと紫塵原とロアレン砂漠で終わる。アンサーの拡大はウィザードのリーチと多くの東のシャーで終わる。
–1482 ムルホランドがセンファーの東部地域を征服する。
–1250 アンサーの拡大が、ユア森のエルフとグレート・リフトのゴールド・ドワーフによって阻まれる。
–1124 センクランのムルホランド前哨基地が、センファーで建造される。
–1081 ウィザードのサーイドと彼の協力者が帝国に反乱を起こし、失敗する。サーイドは処刑される。
–1075 現在のサーイでオークゲート戦争が勃発する。反抗的なムルホランドのウィザードが、アイマスカーのポータル魔法を使用してオークの世界へのゲートを開く。ムルホランドはNar, Raumathari, Rashemi, and Sossrimを傭兵として雇う。
–1071 オークの神格であるグルームシュが、知られる最初の神殺しとしてムルホランドの神格ラーを殺害する。アンサーの神格、イナンナ、ギル、カーイ、マルドゥック、ナンナ-シン、ネルガル、そしてウトゥもまたオークの神によって滅ぼされる。
–1069 オークゲートが打ち壊され、進入したオークらはプリアドールへと追い払われる。
–1050 セトがオシリスを殺害する。
–1048 イシスがオシリスを蘇生させる。ホルス=ラーがセトと戦いこれを打ち倒し、ムルホランド・パンテオンの主神となる。第一ムルホランド帝国の終焉。
–970 タロスのネンチャーチがダン・タロスに首都を作り、クラウン・オヴ・ナーフェルを創り出す。彼は周辺のナー王国を征服し、自身の支配でそれらを統合する。
–946 ネンチャーチの軍がシャンダウラー(アシャナスの首都)を破壊する。全てのナー王国がナーフェルと呼ばれる帝国に統合される。
–900 ナーとラウマンサリ帝国はプロミネンスまで上昇する。ラウムヴィランスでウィンターキープが確立する。
–734 ギルジームがアンサーの神王となる。第一アンサー帝国の終焉。
–623 Year of Clipped Wings:ナーフェルの、ムルホランドとアンサーを侵略しようという試みが失敗する。
–425 Year of Ancestral Voices:オシリスのパラディンがセクラスのムルホランド都市を滅ぼす。
–160 Year of the Stone Giant: ナーフェルとラウムヴィランスがデーモンロードとコシュートのアヴァターを呼び出す、10年間の最終戦争である大変動を始める。秘密のラウマンサリの姉妹都市が、ラウマンサリの伝説を保存するために築かれる。
–135 Year of Old Beginnings:ムルホランド人がケンステン(今のバザントゥー)をウィザーズ・リーチの沿岸で発見する。
–82 Year of Witches: 覆面をした魔女の秘密結社がティルラグ湖の近くに出で、自身をラシェメンの人々に知らしめる。
–75 Year of the Leather Shield: 魔女とバーバリアンの同盟がデーモンロード・エルタブを倒し、ラシェメンを建国する。
108 Year of the Flood: アランバー河が氾濫し、アンサーを荒廃させる。
202 Year of the Fanged Gauntlet: エルタブラナーからのアルカニスがムルホランドとアンサーを侵略し、続く二年間双方の国の都市と街を襲い続ける。
482 Year of the Blighted Vine: 北方都市のデルツンテルとラオスカンドがアンサーから独立を宣言する。
504 Year of the Eclipsed Heart: テトとナンサルがアンサーからの独立を宣言する。アンサーはこの反乱都市を奪還するために軍事行動を開始する。
625 Year of the Torrents: エスカラントの都市がアンサーから分離する。
643 Year of the Nesting Harpy: ムルホランドウィザードのネザラムが別の世界を調査するためにアズルダス湖のそばに彼の塔を建てる。
677 Year of Resonant Silence: ギルジームはウィザーズ・リーチの反乱都市を打ち砕くためにアグラロンドに海軍艦隊を送る。しかしすさまじい嵐がアンサー艦隊に撤退を余儀なくさせる。
679 Year of the Scarlet Sash: アンサーがウィザーズ・リーチの国家の独立を認める。第二アンサー帝国の終焉。
722 Year of the Last Hunt: The Great Druid of Leth
claims the ancient title of nentyarch and raises a
tree-fortress over the tainted ruins of Dun-Tharos.
731 Year of Visions: A second flood devastates Unthalass.
Gilgeam claims the mountain stronghold of the slain
brown dragon Vulpomyscan and renames it the Citadel
of Black Ash.
823 Year of the Floating Petals: Mourktar secedes from
Unther.
922 Year of the Spouting Fish: Red Wizards wrest the
Priador from Mulhorand at the battle of Thazalhar
and found the nation of Thay. Delhumide, the Mulhorandi
imperial city, is razed by Red Wizards. The
Second Mulhorandi Empire ends.
929 Year of Flashing Eyes: Several Chessentan cities form
an alliance under the leadership of the warlord Tchazzar
and secede from Unther.
976 Year of Slaying Spells: A Mulhorandi invasion of
Thay is repelled.
1018 Year of the Dracorage: King Tchazzar of Chessenta
dies in battle against sahuagin. His body is never
found, so his people assume that he has ascended to
godhood.
1030 Year of Warlords: The Zulkirs are established as the
ruling body of Thay.
1098 Year of the Rose: A Thayan invasion of Mulhorand
fails.
1117 Year of the Twelverule: Chessenta breaks up into
squabbling city-states.
1183 Year of the Grisly Ghosts: Paladins of Osiris level the
city of Sekras and clear Sebek’s followers from the
River of Swords.
1248 Year of the Cockatrice: Rehorusteb II becomes Pharaoh
of Mulhorand.
1280 Year of the Manticore: Thay launches an invasion of
Mulhorand and nearly overruns Sultim.
1301 Year of the Trumpet: A cult of Tiamat becomes active
in Unther.
1317 Year of the Wandering Wyrm: The Dragon Plague
of the Inner Sea takes a huge toll in Unther.
1320 Year of the Watching Cold: Akonhorus II becomes
Pharaoh of Mulhorand.
1322 Year of Lurking Death: Alasklerbanbastos, the Great
Bone Wyrm, emerges from the Riders to the Sky and
begins a summer-long reign of terror in Chessenta.
1324 Year of the Grimoire: The Dragon Plague ends in
Unther.
1357 Year of the Prince: Horustep III takes the throne of
Mulhorand at age 11.
1358 Year of Shadows: Tiamat slays Gilgeam, and Unthalass
is heavily damaged during their battle. Assuran (Hoar)
slays Ramman, bringing the Untheric pantheon to an
end. Riots erupt throughout Unther, and the empire
falls into chaos. Ao dissolves the Imaskari planar
barrier, and the incarnations of Mulhorandi deities
leave Toril to rejoin their divine essences.
1359 Year of the Serpent: The high priests of Gilgeam flee
with Unther’s military elite to the Citadel of Black
Ash. Tuigan forces raze Citadel Rashemar.
1360 Year of the Turret: A volcanic eruption created
by magic buries the Semphâri city of Solon under
magma.
1365 Year of the Sword: Alasklerbanbastos and the young
chromatic wyrms who follow him seize control of
Threskel, Thamor, Mordulkin, Mount Thulbane, and
the Watcher’s Cape.
1369 Year of the Gauntlet: The island known as the Ship
of the Gods explodes. Tidal waves swamp the Alaor
and Bezantur, causing much destruction. Mulhorand
briefly seizes the Alaor.
1370 Year of the Tankard: Thay retakes the Alaor and
rebuilds its shipyards and settlements with the aid of
epic magic.
1371 Year of the Unstrung Harp: Mulhorand invades
Unther, beginning the Third Mulhorand Empire. The
Rotting Man’s army overruns Dun-Tharos, driving
the nentyarch into exile at Yeshelmaar.
1372 Year of Wild Magic: Deep Imaskar ends millennia of
isolation by sending explorers into the outside world.
Volcanic eruptions in the Smoking Mountains bury
the Citadel of Black Ash under lava.
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル