二人言


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

注意事項
シーア視点でシーアの思考で行っているので注意。あと少しネタバレ?(他PCが知らないはずの情報)が混じってるのでロールに支障が……という方は見ないようにしてね。

題目○キャンプイベント時期

+監視者について
シーア
「どう思う?」
「方法はいくらでも。耳がいいモノでも穏行が巧みなモノでもディサーンロケーション打てるモノでも、旅の行き先について声で話し合った上で事を運んでいる以上いくらでも、ボカブの図書館に入るのに障害がエレメンタルだけでいいのであればやはり特定はできないのでは?」
シーア
「コミューンで確認するのもいいか?」
「敵も馬鹿ではない上、組織だっているが故に人員も豊富だ。こちらの対抗手段が取れない方法を使う故、徒労の公算がほとんどであろう・・・。」

+無能じゃないよ
シーア
「どうして私の知り合いはこうも胡散臭いのが多いんだろう?星かな?」
「主が言えたことじゃないと思うが。」
シーア
「竜玉について調べたのはまずかったか。」
「あの言動を見る限りでは彼のアーティファクトについての情報を調べるために図書館の入館許可を取り付けたのではないかもしれんな。どちらにせよ危険物であることに変わりがない以上、うかつに彼のアーティファクトの意思と対話するのは避けるべきであった。主が対話する以上責任問題はなかろう。」

+善人
シーア
「そういえばこのPT善い人が多いけど、悪の次元界のときは思ったより反発少なかったね。」
「まあ・・・外見があれなのもある・・・しかし、見る限りではアショークとフレイア以外中立な気もするが・・・何が善であるかは学説が分かれる故、善であることが示されているなら善ではあるか・・・。」
シーア
「なにぶつぶつ言ってるの?善が多いのはきっとイイコトダヨ。エライヒトがそういってた。まあエライヒトは大体裕福か超越者だとかだけど、余裕がないのに善行すると死ぬし。」
「最近では貧民のイイヒトも流行ってると風のうわさだ。たぶん画面の向こう側だけだが。」

+外見
シーア
「あの人は相変わらずぶっ飛んでたな。特にお変わりがないようで残念だ。」
「あの方は・・・まあ仕方あるまい、それに客観的に見てこのPTもぶっ飛んでる。人のことは言えぬ。主はともかく他のメンバーの胆力は異常だ。どんな人生を送ってきたのかと思うと涙が出る。」
シーア
「?。なにか胆力が必要なことはなかったと思うけど、まあ竜とやりあったときはびっくりしたね。いきなり上空数百ftに放りだされたときの次くらいに。」
「そういうことではないが・・・。」
シーア
「フィアーのこと?まあ裸になるのは確かにまずいけどあれはしかたないよ。」
「微妙にかすってるが違う。フィアー氏にはいつかディスガイズセルフの被り物でも贈るとよろしかろう。」

+ドラゴンボール
シーア
「ふぅん。この中にスゥンゲェドラゴゥンのエキスが入ってていろいろ面倒なことをすると「シンノチカラ」を発揮するのか。もう少し成長したら試してみようかな。次のレベル的な意味で。」
「具体的な効用はなんだろうか。ケラプティス関係の情報を見る限りでは利益があるようだが。」
シーア
「そりゃあもう。中から龍が出てきて願いをかなえると断片に分かれてまた散らばるに決まってるよ。そして封印されてる赤いのは使った後すぐ見つけて処理しないと世界が滅ぶんだ。」
「主はアニメの見すぎだ。赤の君が興味を持たれていたので否定できんが・・・」
「それにしても最近収入がなくて赤字だが大丈夫なのか?敵を見る限りではこちらも手練を雇って戦力の増強や諜報活動をしてみる必要もありそうだが。」
シーア
「冗談。そんなチョコルェイト並に甘ったれたことするなんてプロとしてのプライドが許さないよ!」
「プライド・・・まあこの際水掛け論は置いておこう。戦力的に無理があるのでは?」
シーア
「馬鹿だなぁ。あんな化け物は化け物に任せればいいんだよ。具体的には警察(セレスチャル)に通報するとか!」
「プライドは?」

+工作員
「ウィンドゥイルスラの勢力がアシュレイビィイの勢力に間諜を送り込んでいるらしいがどれほどの深部にいるだろうか。」
シーア
「組織の形態にもよるけどね、それこそ007みたいなところとかフリーメーソンみたいなところだとちょっと深部の人は魔法で心とか審査されそうだね。少なくとも魔法を専攻してる私から言わせて見れば、高位術者で悪意満載のやつがトップの組織で間諜なんて無謀だよ。隠れて本部侵入とか死にたいのかといわざる負えない。まあ配下じゃなくて協力者の立場かもしれないけどね。たぶんこっちじゃないかな。もしくは組織自体が上下関係の薄い議会制とか、こっちは悪の組織ではなりたたないんじゃないかな、暗殺とか足の引っ張り合いひどそうだし。」
「実はグリニデがウィンドゥイルスラとつながっている可能性は?」
シーア
「それもあるかもね。同じクロマティックだし、まあそれにしてもどっちも腹に一物抱えてると思うけど。」
「善の勢力のアーデルハイドは単独か。」
シーア
「堅物の独断専行か。まあ善だし少しくらいは交渉の余地があるといいけど。」
「ふむ、なんといってもドラゴンオーブをこちらで抱えておきたいのは問題だな。ほかのメンバーがほとんど善人であるのも問題だ。」
シーア
「善なんだからどうせなら和をもって仲良くお仲間たくさん引き連れてきてくれればいいのに。主にセレスチャルの善人歌ってる人らとか」
「とはいえ向こうもそれなりに忙しい上に約定もうるさいのでな。助力してくれるだけマシだと思うしか」

+バード○時期不定PT内にバードがいる
シャルン
「xl rre cEzE flullU hllsUsU ayulsa」
「dazua,vega ouvyu giz sphaela/.」
「xl ree flrllU hlllsUUsU ayulsa dazua」
シーア
「どうやって歌ってるんだろうか。というか一人で歌ってるのにうなり現象が起きるとか理解できないんだけど。」
「ヒュムノスを思い起こしてしまった。」
シーア
「あれ人類じゃないし、それと同列なのはどうなの。」
「声の効果も異常なのだから仕方あるまい。あれが超常的な理屈ではなく歴とした物理現象なのは間違いないのだしな。どこぞの声で脳を揺らすのと同じだと思えば。」
シーア
「物理的に人類の声帯じゃないね・・・。」

+交渉○アシュレイビィイ勢力の主力戦闘後~アシュレイビィイ討伐判明前
シーア
「交渉だ。きっと脳筋の我々には和を尊ぶ精神が足りないんだよ。」
「落ち着くんだレイブン。とりあえず突然だな。」
シーア
「いやあ、流石に敵戦力半端ねえわ、やっぱりそろそろ後ろ盾とか下っ端とか同盟組む相手とかが足りないと思うんだよね。とりあえずアシュレイビィイとグリニデ殺るのに共同戦線くらい張るしか。」
「オーブを狙う勢力はどれも強力だ。残念ながら同盟を組むにしてもその立ち位置が高すぎる。カードの一枚もないのに交渉もないだろう。オーブ自体が交渉材料になりえない所が痛い。まあそのうちレラの勢力とぶつかるようではあるからわかりやすいタイムリミットだ。せいぜい戦力の増強に励むのだな。」
シーア
「早いうちに当たりの欠片を引いて天上天下と言うしか。」
「強い欠片程強い守護者とは言わないが、別の意味で当たりを引かないことを祈ろう・・・。」

+勢力○ボカブ図書館後~各勢力のドラゴン性能判明前かつオーブ性能判明前
シーア
「ドラゴンだね」
「ドラゴンだな」
シーア
「まあ少々でかいカラスだと思えば気にならないからいいや。」
「ずいぶんなカラスだな、機動兵器でも乗り回しそうだ。」
シーア
「大した魔法も使えない一匹狼が脅威になどなりえないよ。それこそアンチやデッドリィでもなければね。ああ、後神格とか、まあ神格はどいつもこいつも魔法使えるけど、てか皆が俺を信じることによりドメインインストールはねえよ。まあ、魔法という点ではウィンドゥイルスラとかの方がはるかに厄介だね。」
「ふむ、神格が手を出してくるのは予想できたが案外大したものではなかったようだがな。手が回らなかったか、もしくは妨害があったか。」
シーア
「禁令に触れるような物でもないと思うんだけどな、まあ触れてたらそもそも手の出しようがないか。セトの事もあるしありえないわけじゃないね。」
「これで善の神々と折り合いが悪くならなければいいが。」
シーア
「そも善の神々はその性質上悪とは常に完全に対立して動いてるから、私達が考える必要なんて毛筋ほどもないんだけどね。何かあれば向こうから提案してくるし、ペイロアがこないところ見ると現状維持がよさそうだね。仮に神々との交渉を考えるなら浮揚勢力の中立の神々かな、とは言っても交渉の手札があるとすればボカブ信者がミラクルうつくらいだけど。」
「微妙だな。」

+逃走者○工作員イベント発生済かつ~ダゴン襲撃前
「敵側の情報把握能力は流石に組織か。そろそろ何か現状打破の何かが必要だ。それも敵に知られない必要がある。」
シーア
「最近のプライバシー侵害はひどいね。私がいえたことじゃないけど。少しくらいプライベートが欲しいよ。」
「なるほど、姿をくらます準備をついに始めるのか。現状の情報の漏れ方と敵戦力を見るに、とりあえず開けっ放しで転移、アイテムを全部売り払う、は基本だな。マインドブランクは必須だろう。変装先はどうする?高貴な主などもベタな意外性で面白そうだが無意味だ。オススメの引きこもり先はアストラル界、マインドブランクが永続するから実に有効だぞ。アイテムを売り払った資金で短期強化型のスクロールをありったけ買い込むのが上策か。術力水準はできれば35少なくとも25はほしいところだ。」
シーア
「全力で薮蛇だからセーブ&ロード機能が必須だね。人生に2週目以降があればいいのに。どう見ても寡兵な弱卒がとる手段じゃないです本当にありがとうございました。」
「アストラル界ハードトレーニングコースを体験すれば主もたった三日で堅甲利兵の仲間入りだ。マインドブランクもすぐ打てるようになる。空想では主人公が行う特別な特訓はお約束だな。それに一時的であれアストラル界にいる間はPT全員が一線級の戦力だ。」
シーア
「説明文に生存率の欄がないようだけど。あと、傍から見るとアストラル界で通り魔やってるようにしか見えないから……。イモータルが飛んできたらどうするの。マインドブランク掛けてるって、それは追ってくるのをイモータル限定にしてるようなもんなんだけど。」
「現実は非情であるが、しかし小説よりは奇なので、つまるところ確率など当てにはならないのだ。」

+ケラプティス○ケラプティス情報判明後~エア会談前
「ケラプティスはどうやら随分身勝手な御仁だったようだな。」
シーア
「魔術師なんてそんなもんだよ。自分に害が無ければ気にしないんだろうね。そしてわが道をふさぐ奴は粉砕だ。」
「その思考でどうやって生き残れるのか……。」
シーア
「ぶつかる奴を全員つぶした最後の一人は生き残るね。」

+エア○エア会談後~ブラックオーブ本体譲渡前
「ふむ、エアは、存外感情的な理由で動いていたな。属性の評価に対する不満か・・・我にとっては何の意味もないことだ。他人からの評価など我の行動を微塵も縛ることはありえぬ。」
シーア
「まあセレスチャルは生まれついての根源から決まっているからね。本当は属性を誰が決めているのか。という点にはなんら意味なんてないんだよ。意味があるのはシステムが絶対的基準に従って誤認なく動いているかどうか。善悪はあくまで動くための指標となる情報を与えるための仕組みに過ぎない。そこから得られる情報をどう扱うのかは個人の自由だし、それがなくなったところで結局のところ判断基準が減るだけに過ぎない。それこそ魔女の森の噂でいうならシステムがなかったところで冒険者が殺すのは村人の敵である魔女、大衆の意見が神々から村の大人達になるだけ。意味なんてありはしない。そもそも気にしてる人いるのかな?私、属性ディテクトなんて使いたいと思ったことも無いんだけど?まあとりあえずコミューンは消えて無くなればいいけど。」
「世界には始まりに混沌があった(*1)、これにこの世界は耐えられなかった。秩序は必要なものなのだ。ゆえに我らは彼らを滅ぼさねばならない。主、彼奴等は危険だ。」
シーア
「駄目だよ。何度言われてもね。」
「契約故、これ以上は口はださん。だが覚えておくといい。この世は必然なのだ。」
シーア
「秩序は自らを縛っている。いつかそのジレンマで己を混沌に貶めるでしょうね。」

注釈1:DD世界の創世神話の一つ、始まりに混沌だけがあったが、それに世界が耐えられず秩序を生み出した。そして混沌の数を数えるために形を為し、~という感じ、英訳能力0なので間違ってても気にしないこと。

+シギルにて○準備期間テスラ襲撃イベント後かつイベントで全滅~シーアPT合流前
■シーアルート限定
シーア
「……は?え?全滅してた?なんで?…夜襲?……、……、うわぁ……、こっち(シギル)にいる間に悲惨なことになってるね……。」
「……アショーク氏とシャルン氏が免れたか。不幸中の幸い、……というものでもないな。」
シーア
「あれぇ?ベイグのエレメンタルボディ・ドラゴンサイトとフィアーがいるのになんで?二度目だよね?」
「原因は不明か……発見は朝、失踪に気づいて発動した占術で発覚。相手はかなりの手練だな。あの都市でこれだけのことをして全く痕跡を残していない。恐らくはかなりの高位術者だろう。現場で争った形跡が無かった事から恐らくは一瞬か……。複数人の可能性もあるがこれ以上は推測に過ぎん。蘇生後の証言待ちだな。しかしどこの馬鹿がやったのだ……。あのPTには……」
シーア
「とにかくPTに合流しないと。準備をしよう。」


名前:
コメント:

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。