※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

~魔法使いの戯言~第一話「魔法使いと超能力者の戯言」


私は、今まで読んでいた本をとじると、騒いでいる男子の中をかき分けて教室をでた。
行き先は図書室。読書が嫌いといえば、嘘になるけど今回はその目的ではない。
私は一階にある図書室に着くと、眼鏡を押さえて本棚の本を右から左へとみてまわった。
「まったよ。お・嬢。」
後ろから声がした。おもわず叫んでしまった。
「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」
「待ち合わせ遅れてまで読書?」
その声の主は、私の「お付き」の桐野恭弥だった。こいつも私と同じで、STKに所属している。ただし、恭弥の特別能力は超能力。エスパーだ。で、今日図書室に来たのは、こいつ恭弥との作戦会議のため。
「だって~。小説に夢中になってて気づいたら、こんな時間になってて・・・。」
「それだけ読書がすきなんだ~。」
あれ?怒ってない?いつもすぐ怒るのに。と思ったらやっぱり・・・
「というとでも思ったかぁ~!!!!」
嵐の前の静けさ。今のこいつにぴったり。と思いながら
「てか、なにふざけてんの。お嬢って。」
「あまりにもオマエが妄想はいってからだ。でもお嬢様なの確かだろ。家柄だけだけどな。」
何なのよ。ムカつくぅ~。
「妄想なんて入ってないわよ。それになんなの。家柄だけって。」
でも確かなのは、私の家がセレブだってこと。魔界の三大セレブの内の一つがウチ。「涼宮家」。ついでに恭弥んちもいちおう三大セレブの一つの「桐野家」。い・ち・お・うだから。
「そんなことより消滅の計画。」
恭弥がいった。
「あっ。そうそう。」
「ほら、だいたいは、考えた。」
そう言いながら恭弥が取り出した紙には、ひらがなで「しょうめつけいかく」と書いてあった。それを見た私は・・・・・・笑った。
「ぷっ。ぎゃはははははははははは・・・・・・・・」
それから私が結構笑ってからようやく恭弥は
「何がおかしい。」
と聞いてきた。
「そりゃもう見てのとおり。百歩ゆずって消滅はともかく、計画がひらがなって。あんた、
まだ漢字かけないの?小二以下だね。ぶはっ。」
また笑いがこみ上げてきながらも私は言った。
「なんだよ。オマエみたいに計算できないよりましだぁ!」
グサッ。見えない言葉の矢が私にふりかかった。
「な、なによ。計算なんてできなくても生きられるもん。」
「一億歩ゆずって生きていけるとすると、漢字できなくても生きていけるわぁ。あほんだらぁ。」
ズシッ。見えない言葉の石が私の頭の上に乗った。
何も言い返せない・・・・・・・・・。むむむ。よく見ると、紙に書いてあることすべてがひらがな・・・・・・・。
「ぶはっ。」
できる限り込み上げてくる笑いを堪えた。すると恭弥は「おかしいんじゃねーかこいつ」という顔をして説明しはじめた。

十分後・・・・・

まだ私は、恭弥が話す作戦とやらが理解できていなかった。
「はあ、だから、オレらどっちかがおとりになって、新しい閉鎖空間を作る。そこで戦う。そして、もう一人がそのすきに、空間に細工をかけて、戦闘にくわわる。オレらが作った空間なら、もちろんオレらがゆうりだ。しかも、細工をかけるからな。で、消滅させたら空間を崩壊させて、オレらは空間から出る。ってことだ」
「ふーん。大体わかった。で、恭弥、おとりがんばってね~~。」
私は、まさに人事のように言った。しかし恭弥は否定。
「はあ??オマエなに言ってるんだ??おとりはオマエだろ?」
「えっ!!なんで私?もしかして怖いの??うわあ~。あんた今年でいくつ?」
「なんでだ。オレがこわいわけねーよ。オマエこそ怖いんじゃね~の?」

まあ、私たちは、こんなイカにも漫画っぽい言い合いを続けること三十分・・・
結果、私は勝利を勝ち取った。つまり、おとりは恭弥。私は閉鎖空間をつくって、細工をしかけて、崩壊、脱出を担当することに。



~時間ないので、ここまでで続く・・・~