第四章

第4章~操り人形師プレーン~
プレーン「おうおうおうおう。来た」

クロヤミ1「•••ヌッ」

クロヤミ2「•••」ザッ

コシヒカリ「クロヤミが2人いる!」

ペルソナ「遅い!」

リーフ「悪い!!」

クロヤミ1「究極魔法•••Ban」

クロヤミ2「究極魔法•••Ban」

ペルソナ「追い出されるぞ!捕まれ!」

リーフ「ここは?」

コシヒカリ「入り口のようだね」

クロヤミ1「•••最終究極魔法ブラック•バキューム」

コシヒカリ「くそ!大空切り!」

クロヤミ「•••!」

コシヒカリ「?!糸?!」

コシヒカリ「どういう事?」

リーフ「クロヤミは、闇魔法に、強いが、光、催眠魔法に、弱い。」

ペルソナ「で?」

リーフ「プレーンは、催眠系の、魔法が得意分野で、いまの、クロヤミ達は、」

ペイント「紙で出来た、精巧な人形という訳か•••」

リーフ「嘘つきと、操り人形師の、プレーンの事だから、罠も多いかも、しれんし、」

コシヒカリ「分かった!だから、自分達が魔法などに掛かっているとは、クロヤミも分からなかったんだ!」

リーフ「大正解」

リーフ「ちょ、生き返ったぞ」

コシヒカリ「俺に任せろ!えい!」

クロヤミ?「•••」カキン!

ペイント「ガード?!」

リーフ「学習知能も付いているのかよ•••」

クロヤミ?「究極魔法ドラレック!」

ペイント「鼻を塞げ!高度な、催眠効果のある、魔法ガスだ!」

ペルソナ「•••変な匂い」

RION「出番無し」

コシヒカリ「少し目が、霞んで来た•••」

リーフ「速く倒した方が、いいぞ!」

コシヒカリ「ああ•••それっ••!」

クロヤミ?「•••」ヒョイ

コシヒカリ「眠いし、頭が••••」

クロヤミ?「」カクホ。

コシヒカリ「•••」グ-

リーフ「俺も•••限界•••••」バタッ

ペルソナ「眠いねー••••」

プレーン「確保したらしい!」

シロヒカリ「•••••」

リーフ「•••ここは?!」

コシヒカリ「」グ-

プレーン「実験室だよ。」

リーフ「•••コシヒカリ何時まで寝てんねん!!」ドカ

コシヒカリ「•••すまん。クロヤミの
世話してて、40分しか、眠れない日々が•••」

リーフ「縄。ただの縄じゃなさそう」

ペルソナ「一人一人•••色、違う•••^ω^」

ペイント「お前は、何を嬉しそうにしとんねん•••」

プレーン「クロヤミは、夢の中で、黒に、なっているため、•••分かるな」

コシヒカリ「でも、他の、奴でも、出来るんじゃね?」(ペイント魔法)

リーフ「無理だ。あの、魔法は、ペイント一家の血を継ぐ者だけが、使える」

コシヒカリ「」

ペイント「俺の力を使う、いや、利用してどうする気だ?」

プレーン「それは、今からの、お楽しみ」

シロヒカリ「•••••••」

プレーン「シロヒカリ!持って来てくれ!J2だ!」

シロヒカリ「••••ああ」ガラガラガラガラ

リーフ「•••現実逃避装置w」ブッ

プレーン「それの、改良版。この機械は、まず、記憶喪失を起こし、夢の世界が、今の世界と信じるようになるry」

リーフ(シール?頭の上に?•••)

シロヒカリ「••••」

プレーン「ペイントさえ、手に入れば、この、世界は、黒王の物•••」

ペイント「離せ!ってめ!」ドカッ

プレーン「あまり、動かないで頂きたい。」

ペイント「•••力がふにゃ」

リーフ「あ!魔力吸い取ってる!」

プレーン「たしか人間は1/3の血を吸い取られると、死ぬが、俺達は、魔力を吸い取られると弱くなる。そうだろリーフ」

リーフ「チッ!!」(#°ω°)

プレーン「シロヒカリ!ペイントを機械の中に、入れろ!!」

ペイント「離せ!この野郎!•••ふにゃ」

コシヒカリ「\(^p^)/」

RION「離すのは、お前らだ!プレーン!」

プレーン「•••邪魔者がきやがった」

シロヒカリ「•••排除するぞ」

プレーン「ああ。願う」

海マグロ「」コソソソソソソブチッ

ペイント「ありがと!」

プレーン「チッ!」

シロヒカリ「•••究極魔法Ban」

プレーン「ナイス」

リーフ「やった俺も!」

RION「出口か•••」

ペクルレム「•••ワープでいくぞ」

コシヒカリ「rion達は、ここにいてくれ。気になる事も、あるし•••••」

RION「•••ああ。気を付けろよ。」

リーフ「ああ。ペクルレムも、後で、聞き出したい事も、あるし」

ペクルレム「え?俺に?」

リーフ「ああ。」

コシヒカリ「早く行こうぜ。」

ペイント「俺は、留守番か•••」

プレーン「早い!!」

コシヒカリ「へっ、どうだい」

ペクルレム「あまり、体力を使うなよ!」

リーフ「え?何で?」

コシヒカリ「まっ、いっか。」

プレーン「ほう。分かっているじゃないか。」

リーフ「先に、シロヒカリの、シール?を狙え!」

プレーン「」チッ!

シロヒカリ「•••ビュッ」

リーフ「!?。リーフバック!」

プレーン「風が強いだけだ。」

ペクルレム「いや、この魔法で十分だ。マッハ単位のスピードを思いしれ!」

プレーン「速い!!かばいきれない!」

ペクルレム「フッ」ビリッ

プレーン「やられた!」

リーフ「ナイスです!」 

シロヒカリ「あ?ここどこ?」

ペクルレム「•••ほう。闇の魔法と、幻魔法を組み合わせるとは。なかなか良い頭をしてるじゃないか。」ペリ

コシヒカリ「誉めてる場合じゃないから。」

プレーン「シロヒカリは、くれてやろう。ただ、クロヤミは、偽物だがな」

リーフ「ブッ」

コシヒカリ「ココマデノクロウハ、ナンダッタノカ。」\(^p^)/

ペクルレム「あっそう。ただ、プレーン。お前は、•••まあ、後の話だがな。」

プレーン「時間稼ぎだ。貴様達には、用は無い。」

シロヒカリ「•••プレーン。もうやめようぜ。幾ら、俺達がやってる事が、正義だからって、迷惑を掛ければ同じじゃないか」

プレーン「••••貴様に言われる筋合いは無い。」

シロヒカリ「••••」

プレーン「さらばだ。」ヒュッ

ペクルレム「あ、地図忘れてまっせー」

リーフ「お、この×印は、何だろう。」

コシヒカリ「スーパー玉の腰で、隣が、きょちで、••••クロヤミの家?」

リーフ「そうらしいね•••しかも、特別実験室だし。」

ペクルレム「ふーん。結構豪華だね。」

コシヒカリ「危険な気がするから、今度は、鬼兵隊も、連れて行こう」

リーフ「やめとけ。人間の類が、入ったら、魔法で、死ぬぞ。」

シロヒカリ「•••俺が付いていく。鬼兵隊の代わりに、なるはずだ。」

ペクルレム「んじゃ、行くか。」

コシヒカリ「いざ、我が家へ!」

ペクルレム「お、おー」 

リーフ「」ドタドタドタ

プレーン「来たか•••」

ペクルレム「お前には、用は無い。失せろ」

プレーン「おお、こわいこわい。」

コシヒカリ「腹立っ。」

ペクルレム「挑発に、乗るな。」

シロヒカリ「プレーンが、魔法を出す前に、倒すぞ•••」

プレーン「倒されて、たまるか!」ビュオ

リーフ「クッ!当たった!」

ペクルレム「!。リーフから、離れろ!」

コシヒカリ「え、なん」ザシュ

ペクルレム「ほら!速く離れろ!」

コシヒカリ「あぶ!リーフ何すんだ!」

リーフ「プレーンを倒せ!今、操られている!」

プレーン「リーフ。やれ。」

リーフ「クッ!体が、言う事を聞かない!」

シロヒカリ「俺に任せろ!」

コシヒカリ「でも、怪我が!」

シロヒカリ「俺を誰だと思っている?剣の達人の、シロヒカリだぞ。」

コシヒカリ(いつからそういう設定になった•••?)

ペクルレム「とりあえず、クロヤミを救出するぞ!」

コシヒカリ「ああ、分かった••って、暑っつ!!」

ペクルレム「太陽が近づいて、気温が、上昇しているのか•••」

~オマケ~
NHK「太陽が接近しています!このままでは、地球はどうなるのでしょうか!」 

 

~クロヤミが、鬼兵隊にいなかった頃~

クロヤミ「•••スー」バサバサ

ロゼッタ「•••飛んでる」

けっけ「侵入者?一応声を掛けるか•••」

けっけ「おい!お前!ここに入ると、命の保証はないぞ!」

クロヤミ「お、丁度いい。実験台だ。封霊魔法カトナット!」

けっけ「え、ちょ」

クロヤミ「丁度良い実験台だな~持って帰ろうかな?」キョロキョロ

けっけ「持って帰るなって•••」ドンドン

クロヤミ「お前の身長は約1cm。抵抗しても無駄だ。」

けっけ「ははははははw笑いがはははははwとまらなwwww」

クロヤミ「副作用もあるのか。メモメモ」カリカリ

けっけ「おwwwれをにwフッwww」

クロヤミ「何言ってるかわかんねえよ。さて•••帰るか。」

ロゼッタ「けっけ?交代の時間だぞ~」

クロヤミ「んぁ?誰だ?」

ロゼッタ「けっけの気配!貴様!けっけに何をした!」

クロヤミ「何もしてねえよ。さっさと帰れ。」

ロゼッタ「我の名前はロゼッタ!名乗られよ!」

クロヤミ(人の話聞いてねえ•••)

ロゼッタ「どうした?早く名乗れ!」

クロヤミ「クローン•ヤミルド3世だ。略は、クロヤミ。本黒王だ。」

ロゼッタ「なる程。ただ者では、無いようだな」

けっけ「俺はここだ!助けてくれ!」←ありが、歩いた音なみ

クロヤミ「帰るか•••」

ロゼッタ「待て!クロヤミ!」

クロヤミ「うるさいな•••」パチン

ロゼッタ「••••!!!••••!!!」

クロヤミ「はははは。お似合いだよ」

ロゼッタ「んーっ!••••!!!!」

クロヤミ「帰るか•••」

~家~
リーフ「お帰り。あれ?戦利品?」

コシヒカリ「お前はすぐ、殺すからな•••こいつも、長くないだろうなww」

リーフ「使ったら、ポイだもんね」

クロヤミ「あ?俺が、人間の扱いが雜いと、言いたいのか?」

コシヒカリ「凄く雜いね。うん。」

クロヤミ「('•ω•')」

けっけ(あ、これ殺されるわ。)

リーフ「前の、人間だっているんだからさ、それ、使えよ。」

コシヒカリ「名前は、えーと、ペルソナだっけ?」

クロヤミ「そんな感じだった。」

けっけ(前の人間って•••)

クロヤミ「地下の、秘密実験室へ行くか•••」

リーフ「いってらっしゃーい」

==地下=================
クロヤミ「ほへー!こいつまだ、生きてる」

ペルソナ「••••いつ、外に、出られるの?」

クロヤミ(•••魔力強いな)

ペルソナ「痛い•••」グスン

クロヤミ「おい。お前」

ペルソナ「ふぇ!」

クロヤミ「俺が、一時お前を解放する。これから、俺とで、自由を掛けた魔法戦をする。」

ペルソナ「魔法って何?分からない•••」

クロヤミ「人間の言葉で、言えば超能力、霊能力、精神力かな」

ペルソナ「もし、自分が、勝ったら?」

クロヤミ「そのときは•••自由にしてやろう」

ペルソナ「•••がんばる」

クロヤミ「それじゃあ、ほい。」パサ

ペルソナ「これは?」

クロヤミ「お前でも使える簡単な魔法だ。ま、頑張って覚えろ。」

ペルソナ「•••うん。」

======食堂======

コシヒカリ「おかえり~しかし、これだけ日数が経っているのに、あの、うるさい車こないね。」

リーフ「捨て子か、家庭内暴力系かな。」

クロヤミ「それより、あいつを、仲間に入れないか、迷ってる所だけど、どうする?」

コシヒカリ「」ブフッ

リーフ「正気か?人間を仲間に、入れるなんて」

クロヤミ「力が、強ければ、問題無い。そうだろ。」

リーフ「異議なし。筋を通っている。」

コシヒカリ「了解。後、そこの人間はどうする?」

けっけ「腹減った•••」

クロヤミ「もう少し、生かしておこうかな。違う用途が、見つかるかもしれないし。」

けっけ「た、助かった•••」

=====きょち=====
RION「他に、何か探す手がかりは、見つかった?」

ロゼッタ「特には•••」

ピグル「けっけがさらわれた事も、心配だし。」

RION「地道に、聞き込みを続けるか•••」