その後の物語

レリーン「おい•••腹減ったな•••」

ザロメ「そうか?」

レリーン「やっと着いた•••」ギュルルルルル~~~

ザロメ「食堂から、食べ物のニオイがするぞ」

レリーン「行ってみようぜ!」

*****「~♪~~♪♪」

ザロメ「高級食材がゾロゾロと•••」

レリーン「誰だ!」

*****「あれ?カギ閉め忘れた?」

ザロメ「料理人?•••」

コシヒカリ「ああ!そうさ!自分は、×専属の料理人!中華もOK!刺身もOK!コシヒカリ様だ!!」

ザロメ「敵意を何故出している?」

コシヒカリ「館内で出会った奴は殺せと•••命令されてるもんで。」

レリーン「ザロメ。頑張れー」

ザロメ「俺かよ•••」

コシヒカリ「タロット。」

ザロメ「タロット」

レリーン「たろっと?」

コシヒカリ「薔薇斬り!」

ザロメ「•••キイン。キキン。」

®「おお。すごーい」

@「••••ひま」

×「コシヒカリ•••手ぇ抜くな」

レリーン「空中から声が聞こえるでっていうww」

ザロメ「でっていう•••」カキン、キイン、

コシヒカリ「許せ。本気出す」

ザロメ「お構いなく」

レリーン「早い•••目が追い付かない」

コシヒカリ「覚醒!」ピカッ

ザロメ「•••」キィン

レリーン「目の色が変わった•••」

ザロメ「紅の虹!!」

真コシヒカリ「あっぶ。カウンターか•••」

ザロメ「それだけじゃないぜ」

真コシヒカリ「わお!すんげえ!」

ザロメ「体温変化が大きい物を狙える。」

レリーン「おま!こっちにも来たじゃんけ」

真コシヒカリ「えい。」パシッ

ザロメ「•••」ポコッ

レリーン「うわ。これ美味い」

ザロメ「•••••••」

真コシヒカリ「とりあえす•••」

×「もう戻って来ていいよ。」

®「勝てないしね」

@「••••」ス-zZ

コシヒカリ「•••(#^ω^)•••」

ザロメ「お前がリーダーか」

®「ああ。そうだ」

×「お前じゃねえよ。」

コシヒカリ「腹立つでしょ。コイツら」

ザロメ「この館の謎を教えろ。」

×「ないよ。ーそんなの」

ザロメ「いや、ここの周辺は変死体や、行方不明者が多い。」

×「そうなんだ~君も不法侵入だけどね」

レリーン「ここってお化け屋敷じゃないの?」

コシヒカリ「違うし。」

ザロメ「一度貴様には合う必要があるな。」

×「会えたらね~」

レリーン「お疲れ様ザロメ。」

ザロメ「ああ。後でお前にも覚醒という奴を覚えなきゃな」

レリーン「ふーん。」 

さっきの小説の突っ込み所。
タロット→タレット
正しい突っ込み「タロットワロタ」

ザロメ「あんま•••驚かなくなったな。お前。」

レリーン「魔法見たもん。あれくらいじゃ、驚かないw」

ザロメ「人の気配がするぞ。」

ラズント「こんばんわ~」

※鬼兵隊の誰か「こんばんわ~」

レリーン「こんばんわ~」

※鬼兵隊の誰か「君達も、調査で?」

レリーン「え?調査?」

ラズント「俺の国でも調査だ」

レリーン「え?」


そう。調査。
一度行くと生きて帰らない館。
宝を守っている。
お化けが出る。
いろいろな情報が飛び上う中、
これは確定だった。

何かいる。と。

世界中、宇宙からいろいろな調査団が派遣されたが、
生きて帰らなかった
そこで提案を出した。
マリオでもみんなで行けばいいんじゃね?と。
その日が•••今日だつた。

レリーン「へえっ•••アセロラって名前なのか••••」

アセロラ「うん。回復魔法が得意さ」

ザロメ「お前は•••」

ラズント「ラズント。」

アセロラ「•••どこ行きます?」

レリーン「少し、右へ行ってみようぜ」

ザロメ「•••行き止まり」

ラズント「そうか?怪しいな••••」ギイッ

アセロラ「隠し扉?!」

ザロメ「•••地図か」

レリーン「二階あるみたいだぞ!」

アセロラ「行ってみる?」

===================

®「くぁ~~~負けたぁぁ~~~」

@「•••フッ」

®「あそこでグー出してればあ」

コシヒカリ「おい。隠し扉発見された」

®「まじですかい」

@「••••おっさきぃ」

========================

レリーン「おもちゃべや?」

ザロメ「殺気!!」

アセロラ「二階行こうぜ。」

ラズント「ああ。」

レリーン「ザロメー行くぞー。」

ザロメ(今の殺気は•••いったい?•••)

アセロラ「らせん階段だー。すげえ•••」

ラズント「新しいな•••」ギシギシ

ザロメ「おい、部屋が4つあるぞ」

アセロラ「本棚って書いてある•••」

ザロメ「レリーン。話がある」

レリーン「覚醒の話??」

ザロメ「どうやら、行動を見てだが、お前は自分の心にキズがつかないと、覚醒しないタイプと分かった」

レリーン「そーなの?」

ザロメ「ああ。話は長くなる。ゆっくり聞け」



〒#〒##〒#〒
棒人間には、タイプがある。
1,勝手に覚醒するタイプ

2,苦労して、覚醒するタイプ

3,心のキズを負わないと、覚醒しないタイプ

=======================

目の色
クロヤミ•••黒
コシヒカリ•••黒
ペルソナ•••右が赤で左青。
リーフ•••黒
ザロメ•••覚醒した時だけ赤 

ザロメ「本棚か•••おもしろい本が沢山あるな••••」

レリーン「お、漫画発見」

ラズント「小説もある。」

アセロラ「ちょっと、来て!」

レリーン「ん?」

ザロメ「これは•••」

アセロラ「神の、種類だってさ」

レリーン「くだらね。」

アセロラ「中身だよ!棒人間でも、神になった奴がいるらしい!」

ザロメ「それは•••面白そうな話だな。」

ラズント「いって!」

レリーン「どーした?」

ラズント「刺された••••毒じやなきゃ、いいんだけど」

レリーン「大丈夫じゃない?」

アセロラ「神は•••闇か、光の強大な力を持った人しか、出来ないみたい」

レリーン「俺には、関係のない話だわ」

ラズント「-ω-•••」

ザロメ「他の部屋行くぞ。時間は、タダじゃない。」

レリーン「はいはい•••」

アセロラ「ちえっ。」

ラズント「そうだな」

=====================
®「どうだった?ちゃんと刺して来た?」

@「うん•••大丈夫だった」

×「俺の試作品の、薬、知らない??」

®「さあ?。」

=======================

レリーン「おや?®の応接間??」

ザロメ「広いな••••和風に、畳か•••」

ラズント「誰か来ねえかな•••」

アセロラ「何も無いみたい」

レリーン「ゲーム部屋あるみたい。」

アセロラ「go.go.」

ザロメ「おいおいおい•••敵に気をつけろよ。」 

アセロラ「@の部屋って書いてある部屋発見」

レリーン「いこー。」

ザロメ「おもちゃ•••熊の人形•••ボール•••子供か?」

ラズント「×の部屋と書いてある部屋発見」

ザロメ「見てみるか•••って•••カギかかっとるし」

アセロラ「コシヒカリの部屋発見」

レリーン「どれどれ•••綺麗ww掃除用具多いなぁ••••」

アセロラ「見回ったし、下降りようぜ」

ザロメ「人形部屋•••行くか?」

レリーン「行こうぜ!」

ラズント「開け••••る•••な。」ブシュッ

アセロラ「どうした?ラズント」

ラズント「いや•••頭に、何か響く嫌~な声がする。」

アセロラ「大丈夫?」

ラズント「ああ。」

ザロメ「開けるな」

レリーン「暗いね•••」

ラズント「ザロメ!危ない!」

ザロメ「え?」

@「左目いただき~」

ザロメ「くあっ•••!!しまった••••」ツ--

@「わあ。赤色に変わった」ブンブン

レリーン「ひーー!!無理!!」

ラズント「お前•••誰だ••••」

ペルソナ「ペルソナ。お兄さん達のおかげで、完成したよ!」

ザロメ「下がれ•••危険だ。こいつ、殺す事を日常だと感じている。いつ殺されてもおかしくない。」

ペルソナ「じやぁーん!傑作だよ!タイトルは•••えーっと、•••わかんない!」

謎の生き物「つつてcpjvfxqu•••」

レリーン「オエッ••••」

ザロメ「結構••痛むな•••」

アセロラ「ヒ、ヒール!」

ザロメ「ありがとう」

ペルソナ「うーん•••でも、暇だねぇ••••」

ラズント「暇なら、遊んでやってもいいぜ。けど、彼の目を返してくれないか?」

ペルソナ「どうしよ~•••。遊ぼう!でも、おにごっこ。ね!自分が、鬼だよ!でも•••」

ラズント「でも•••?」

ペルソナ「自分が勝ったら、タロットの、コレクションになって。-ω-」

ラズント「•••いいだろう。」

ペルソナ「•••やったあ!!」

ラズント「どこでだ?」

ペルソナ「私の、魔法の中で!」ヒュイン

ザロメ「魔法陣?!」

レリーン(凄い•••魔法って、小さな子供でも使えるんだ•••)

ラズント「ここは•••館か?」

ペルソナ「そーだよ!入ると、開始だよ!」

ラズント「よし!開始だ!」

ペルソナ「•••わーい!」 

ラズント(落ち着け。自分。子供の足力では、俺に追いつくのは•••無理だ。)

ペルソナ「よーし、はりきるぞお!」

ラズント「開始から、長い廊下にいれば、負ける事は無い•••••」

ペルソナ「いけぇ~ポチ!!」ドスンドスン

神王種「ガルルルルル」

ラズント「おいおいおいおい。ありかよ•••」

ペルソナ「はやーい!」

ラズント「やっべ、長い廊下じゃ、不利だ••••曲がりがある、道に行かないと•••」

ペルソナ「止まれ!…」

神王種「ワン!」キキィ

ペルソナ「後10分か•••」

ラズント「時間あるのか•••10分逃げきらないと•••」

ペルソナ「覚醒するお^ω^。ポチ。帰っていいよ!」

ラズント「まぢかい•••」

ペルソナ「覚醒!!」

ラズント「なんだ。あいつ•••」

ペクルレム「よっと•••って、ゲーム中なのに•••」フワフワ

ラズント「浮いてる•••」

ペクルレム「さてと•••探すか•••」

ラズント「やっべ!変形!!」

ペクルレム「こんな所に、掃除用具あったっけ?」フワフワ

ラズント(早くあっち行ってくれ•••!)

ペクルレム「コシヒカリの奴かな?まっ、いっかな。」

ラズント(危ない)

=======================
ラズントの魔法
•物に化けられる
(1時間)
•自由に、化けられる 

ペクルレム「あーあ。やる気失せた。使うか•••」

ラズント(よかった•••後1分!勝てる!!)

ペクルレム「究極魔法ペクルレム•レット」

ラズント「え•••」ボン

ペクルレム「そこだあああああ!!」
49
ラズント「えええええええ!!!」
45
ペクルレム「俺から逃げられると、思うなよ!マッハ1だぜ!」
40
ラズント「ちょ、待ち!!!!」
35
ペクルレム「待つかあああ」
30
ラズント「うおおおお!!死ぬ気でダッシュ!!!!!!」
25
ペクルレム「後39mだ!諦めろ!」
20
ラズント「却下する!!!!!」
15
ペクルレム「後16mだ!」
10
ラズント「うわわわわやべべべ」
5
ペクルレム「1m!!!」
0
=========================

ラズント「ゼエゼエ•••••」

レリーン「すげえ!」

ペクルレム「チッ逃がしたか•••」

ラズント「酸欠•••」ゼエゼエゼエ

アセロラ「ヒール!!」

ザロメ「左目。返せ」

ペクルレム「ほらよ。」ベチャァ••••

ザロメ「••••••ありがと。アセロラ。直してくんない?」

アセロラ「0k.忙しいwww」

ラズント「•••力が出て来た!」

レリーン「どうしたん?」

ラズント「覚醒!!!」

ザロメ「お。」

ラズ「来た!!」

レリーン「おおーーーーっ。」パチパチパチパチ

ラズ「力が•••みなぎって来る」

レリーン「少し、ゲーム部屋で休もうぜ」

ザロメ「賛成かな。」

ペクルレム「」コソソソソソソソ

ラズ「ペクルレム。逃げんな」

ペクルレム「」ピュ---

アセロラ「あ、逃げた!!」

======================
®「で•••失敗したと」

×「俺、実験しに、下行く」

ペクルレム「今月分払えよ。金。」

®「今月分抜きね。失敗したから。」

ペクルレム「はあ?!ちょ、待て!」

®「」バタン

ペクルレム「うああああああ」
======================= 

レリーン「今思ったけどさ•••」

ラズント「ん?」

アセロラ「何ですか?」

レリーン「大広間行ってなくね?」

ザロメ「まあ•••そうだな」

レリーン「次、大広間いこうぜ」

アセロラ「敵がいそうです•••」

ザロメ「本から鍵、掛かってたし、誰もいないんじゃと、予測」

レリーン「んじゃ、行こうぜ!」

ザロメ「大広間って•••ここか•••」

レリーン「開けるぞ。」カチャガチャ

®「ふう。眠いなあ•••」

ザロメ「•••予想外れだな」

®「僕は、どこでも木のある場所なら、ワープは0kなんだ」

アセロラ「あなたの•••名前は?」

リーフ「風と木を司る、棒人間の、リーフです。以後、おみしりおきを-ω-」

ザロメ「会話からして、後一人か•••」

リーフ「うん。すごいですね」

我らが優男、リーフ登場!!
しかしかなりの実力者!
さあ、どうなる?!

リーフ「えっとお•••••タレット•ゲームは知ってますよね?」

レリーン「何となく」

ザロメ「知っている。黒の王が、遊戯のために考えたゲームだ」

リーフ「タレット•ザ•ロアは?」

アセロラ「知ってる」

ラズンド「うん。それで?」

リーフ「知ってるならよかった。ロアで、開始するから」

レリーン「俺が行くよ。」

ザロメ「お前は覚醒していない。止めといた方が•••」

レリーン「魔法なら、さっきあった書物て練習したよ。」

アセロラ「危険です」

レリーン「大丈夫。なんとかなるよ」

リーフ「まだ?」

レリーン「俺が行く。」

リーフ「乙です」

レリーン「タレット•ザ•ロア」

リーフ「タレット•ザ•ロア」

レリーン「行くか!」

リーフ「お好きな時にどうぞ」°ω° 

リーフ「成長!!」ニョキニュキ

レリーン「まじか•••魔法!バクエン!」

リーフ「アチャチャチャ。!危ない!燃える所じゃねえか!」

レリーン(炎が苦手なのか•••)

リーフ「炎かよ•••」

レリーン「お、燃える燃える。」

リーフ「よっと。」ブシャアアァァ

レリーン「水?!」

アセロラ「隣の、食堂の水です!」

レリーン「なる程•••••」

リーフ「反撃行くぞぉ!リーフバック!!」

レリーン「うお!!」ドゴォォン

ザロメ「壁がへこんだ•••」

レリーン「ガフッ!」

リーフ「やりすぎちったかな?」

レリーン「いってえ•••威力パネエな•••」

リーフ「わーい。」

レリーン「覚醒!!」

リーフ「••••('•ω•')?」

レリーン「あれ•••?」

リーフ「えい。くしざし」

レリーン「グハッ•••」ヒュ--

リーフ「虫の息だ。もうそろそろ、送るか•••」

アセロラ「レリーン!!」

ザロメ「••••力の差が、大きいな」

ラズント「お前はどうして、冷静なんだよ!レリーンが、死ぬじゃねえかよ!」

ザロメ「•••••まあ、そうだな」

リーフ「お•••••こいつは、骨がありそうだ」

ザロメ「レリーンはどうする気だ」

リーフ「負けた物は••••掛けコマとして、保管です」

レリーン「え」

ザロメ「ほう。で、俺が勝つと、貰っていいか?」

リーフ「どうぞ。」

ラズント「あれ?」

アセロラ「どうした?」

ラズント「刺された所が痛く無くなった」

アセロラ「よかったですね」