第三章

~第三章初めての友達~

黒王クロヤミ「•••暇だ。プレーン!プレーン!」

プレーン「何でしょう。黒王様」ビュッ

黒王クロヤミ「少し暇になった。何かないか?」

プレーン「はい。少し星などを破壊してきてはどうでしょうか?」

黒王クロヤミ「•••飽きた」

プレーン「なら、戦争など起こしてはいかがでしょう。」

黒王クロヤミ「ふむ。悪く無い。しかし、どの星を責めに行くのだ?」

プレーン「では、私共が探しに行きますので、この者と遊んでいて下さい黒王様」ピカ!

ペルソナ「•••ここどこ?」

黒王クロヤミ「ふむ•••この年でこの魔力か•••悪く無い。自分の昔を見ているようだ
。」フッ

ペルソナ「•••クロヤミ?」

~チキュウ~

リーフ「•••クロヤミ」

RION「でも、リーフの事は覚えているんじゃねえの?昔から遊んでたみたいだし」

リーフ「白の時だけにな」

コシヒカリ「放置してればいいんじゃないの?」

ぼっち「ほんと、それね。」

リーフ「ペルソナが捕まったし、プレーンの動きも気になる。」

コシヒカリ←忘れてた

リーフ「えーと、特定の奴だけ、黒になることが、出来て、(生まれつき)黒になったら、いままでの記憶を忘れて、
残酷、冷酷、そして、力が倍になる。
逆に、白になると、黒の事を結構覚えていて、優しさ、命、という物を大事に思うようになり、力が半分になる。」

RION「クロヤミは、黒になったという訳か。」

コシヒカリ「黒のクロヤミは厳しくて命を何とも思ってないからね。」

ぼっち「覚醒はするの?」

リーフ「する。」

コシヒカリ「昔は荒れてたねえ」

~宮中~

黒王クロヤミ「•••何だこれは。」

ペルソナ「地球という星で流行っている、機械です。」

黒王クロヤミ「ふむ•••なかなか、面白い」

ペルソナ「ここは、少しずつ記憶を取り戻そう•••」

プレーン(チッ!記憶の種になるゲームを持ってきやがった!)

黒王クロヤミ「プレーン!プレーン!」

プレーン「何でしょう黒王様。」

黒王クロヤミ「戦争は少し止める。少しこの機械を我はやる。」

プレーン「分かりました•••黒王様•••」 
@宮中@
プレーン「ペイントは金で動くからな•••扱い易い。」

シロヒカリ「お、みんな来たようだ。」

シルク「おーっす黒王様はいつ帰ってきたのかな?」

ブラック「久し振りだな。お前ら」

プレーン「ぜいいん帰って来たので~乾杯!」

シロヒカリ「ペルソナはどうした?」ボソ

プレーン「大丈夫。黒迷路に入れといた」ボソ

シロヒカリ「黒になるまで出られない、あの迷路?」ボソ

プレーン「うん。」ボソ

シロヒカリ「黒王様は?」ボソ

プレーン「寝ている。」ボソ

シルク「早く飲むぞー」

プレーン「ああ。分かった」

黒王クロヤミ「ZZzz」

~リーフ~
RION「どうする?行くか?」

コシヒカリ「行かないと、いや、絶対行く。」

リーフ「俺がワープして行く。お前らも、行くだろ。」

~ワープ!!~

黒王クロヤミ「Zz•••!」ガバ!

プレーン「お目ざめですか。黒王様。」

黒王クロヤミ「白が来た•••!プレーン!黒王軍を集め、侵入者を殺せ。」

プレーン「かしこまりました。おおせの通りに。」

リーフ「!?速い!」

シルク「うわー、汚。白は嫌いだな~」

マグロ「俺が引き受ける!早く行け!」
ペイント「~♪~~♪♪」バタン!

プレーン「ペイント!クロヤミに固定色をかけてくれ!」

ペイント「いいけど、元の色には戻れないよ。」

プレーン「ああ。なるべく早くな!」

黒王クロヤミ「Zzz•••」

シロヒカリ「分かった。固定色が完成するまで、持ちこたえる!」

ぼっち「おらあああああ」バキッ!

シロヒカリ「な?!もうここまで来たのか?!」

黒王軍「••••」ザシュ

ぼっち「\(^p^)/」

コシヒカリ「俺が黒王軍を引き止める!早く行け!」

=宮中=
RION「デカいな。」

リーフ「結界?!入れない!」

RION「結界•••破壊するぞ!」

リーフ「ああ!」バキッ

RIÓN「よし!行くぞ!」

~宮中~
プレーン「早く!」

ペイント「後15分乾くの待ちましょう。」


~5分後~

RION「クロヤミが居た!」

リーフ「クロヤミは悪く無い。プレーンが疫病神なんだ!」

プレーン「来た。ペイント。お前は消えていい。金だよ。」ジャラ

ペイント「あざーっす」

黒王クロヤミ「んぁ?敵は?」パチ

プレーン「まだです。どうやら、敵が強いらしく•••」

黒王クロヤミ「••••早くしろ。」

リーフ「クロヤミ!」

黒王クロヤミ「ん?誰だ?」

鬼RION「覚醒!」

プレーン「元、黒王軍のリーダーのリーフです。黒王様」

黒王クロヤミ「まあ、敵は敵。殺るか•••」

プレーン「いや、ここは、私が。」

黒王クロヤミ「•••分かったしくじるなよ」

リーフ「この手は使いたくなかったが•••覚醒!」

鬼RION「行くぞ!」

リーフレット「おう!」

プレーン「後2分•••行かせる訳にはいかん!」
プレーン「•••貴様など覚醒しなくても、充分!」ビュッ!

鬼RION「早い?!」

リーフレット「RIONは、クロヤミの固定色を水を掛けて阻止してくれ!」

鬼RION「分かった!気をつけろよ!」

プレーン「逃がさん!」キィン

リーフレット「まあまあ、待てよ。おれを忘れてもらっちゃ困る」

プレーン「チッ!」

鬼RION「着いた•••ここは?」

黒王クロヤミ「処刑台•••いや、墓場だな。お前の。」

鬼RION「そりゃ!」バシャ!

黒王クロヤミ「くっ!水?!」

鬼RION「よっしゃああああ」ニヤニヤ

黒王クロヤミ「貴様•••よくも、自分に水を掛けたな•••」

鬼RION「とりあえず、気絶させないと•••」

黒王クロヤミ「貴様•••調子にのるなよ」

鬼RION「どうするか•••」

黒王クロヤミ「死ね」ドゴォン!

鬼RION「危ない!」

黒王クロヤミ「ふむ•••いい動きだ•••だが!」

鬼RION「な!追って来るw!」

黒王クロヤミ「••••普通は、逃げて終わりだが、少しいろいろ、魔法を掛けてな•••」

鬼RION「くっ!」

黒王クロヤミ「たわいもない•••」

プレーン「黒王様!ご無事で?!」

黒王クロヤミ「プレーンか•••遅い•••」

リーフ「クソ!」

鬼RION「•••何だと」

黒王クロヤミ「お前には、死の一文字のみ」ドカッ

ペルソナ「•••まだ終わって無い。」

リーフ「ペルソナ!!」

鬼RION「!!」

プレーン「なぜだ?!どうやって出た?!」

ペイント「お買い上げあざーっす」

プレーン「ペイント•••貴様•••」

ペルソナ「少し高かったが•••後でクロヤミに請求してやる•••」

黒王クロヤミ「•••」ピキッ

リーフ「流石はペルソナ!」

鬼RION「あれだな、えーと急死に一生」

プレーン(黒王様が怒っている•••危険だ•••)

黒王クロヤミ「プレーン。お前は後で処置を出す。覚醒をする。どけ」

プレーン「•••!しかし、覚醒は危険です。万一、魔力が暴走したら•••」

黒王クロヤミ「お前は、今怒っている俺に殺されたいのか?」

プレーン「•••分かりました」ビュッ

黒王クロヤミ「覚醒!」

リーフ「こ!?この魔力は?!」

鬼RION「常識的には、不可能か」

ペルソナ「危険•••逃げる••」

ペイント「俺も•••」コソコソ

リーフ「お前は残れ馬鹿。」

ペイント「馬鹿ってちょ、」

リーフ「クロヤミがああなったのも、お前に、責任はある。」

続く•••
クロヤミの覚醒後の名前とは?!
いったいどうなるのか?!
第三章まだまだ続く! 
黒王クロヤミ「覚醒!!」

リーフ「天、天神、、クロレット・・・!」

天神クロレット「久々にこの姿になったな・・・どれ、(デコピン)」パシッ

道「ボコオオオォン!!」

リーフ「な!?死刑台が!1mもある、あの町に吹っ飛んだだと?!」

RION「しかも・・・まだ飛んでる・・・」

ペルソナ「町・・・破壊されてる・・・」ニヤ

ペイント「怖いよー帰りたいよー!」

天神クロレット「クッ!想像以上に体力を使うな・・・!」

リーフ「おいおいおいおい俺たちもう覚醒するほどの体力は・・・」

RION「ペイント、お前覚醒できるだろ。しろ。」

ペイント「いや。疲れるもーん」

リーフ「覚醒しなきゃ殺すぞ」ギロ

ペイント「覚醒!!」

天神クロレット「ほう。これは、なかなか・・・」

ペト「最終究極魔法!ペイントウォーター!」

天神クロレット「・・・周りの被害は辞めて貰おうか^^」キイイイン

ペト「あれは!ホワイト・バキューム!」

天神クロレット「魔法を倍にして返してやろう・・・」パキン!

リーフ(お前だって町破壊したくせに・・・)

=コシヒカリ=

コシヒカリ「」ゼエゼエ・・・

シロヒカリ「・・・何度やっても無駄だ・・・諦めろ!」ザシュ!

コシヒカリ「嫌だ!兄ちゃんが、昔言ってたもん!!諦めなければ、絶対に勝てるって!何で変わったんだよ!」

シロヒカリ「昔、お前の世界に来たことがある」

コシヒカリ「・・・地球ね解ります。」

シロヒカリ「金・名誉・家柄、ただの紙切れを従うクズ共」

コシヒカリ「クズ共・・・」(言えてる・・・)

シロヒカリ「しかし、あの世界はどうでもいい。俺は、この世界に来て、何か、変わったような気がする」

コシヒカリ「ただ、残虐なのに、何で変わったの・・・?」

シロヒカリ「嫌、残虐だからこそ、いい。力が支配する、この世界だから、悲しみなど、入らない。」

コシヒカリ「・・・」
シロヒカリ「お喋りはここまでだ。・・・死ね。最愛の弟よ。」

コシヒカリ「フッ。この時を待っていた。兄の心に棲む、悪魔よ」 

シロヒカリ「なに?!それは・・・」

コシヒカリ「クロヤミの改良を重ねた、この魔法!物理反射ああああああ!!!」

シロヒカリ「グハッ!!」

コシヒカリ「お前は、心という不完全な物を恨み、自分の心という物を消した。出ていけ、悪繁切り!」

シロヒカリ「ぐあああああああdfhdjplpw。pcdsvc」

コシヒカリ「これは・・・プレーンの魔法悪繁常永久・・・」

シロヒカリ「あれ?コシヒカリ?プレーンは?」

コシヒカリ「今起きると記憶に障害が出るから、みねうち。」ザシュ

シロヒカリ「」グハッ

コシヒカリ「・・・心の隙間を突いて、自由自在に操る・・・怖い存在だ。」

コシヒカリ「心の隙間・・・心の間・・・」

コシヒカリ「・・・解った!!この世界の実体が!!!!急いで伝えなければ!!!」
===クロレット===

鬼RION「覚醒!!」

リーフレット「覚醒!!」

天神クロレット「お、丁度暇になったんだ。丁度良い。少し、      

    遊んでくれよ」

ペト「グハッ!」

鬼RION「余裕だな・・・どうする。リーフ」

リーフレット「えーと、鬼RIONは、破壊できる?コア」

鬼RION「ああ。ただ時間がいるぞ。コアって何?」

リーフレット「ああ。俺が時間を稼ぐ。コアは、クロヤミの帽子を取るだけ。」

鬼RION「先に言えよ・・・」

リーフ「てへっ。要するに、クロヤミの帽子の中に魔力が集中してるから、それを、取って欲しい」

ペト「了解」

============

コシヒカリ「この世界は・・・*******だ・・・」ビュッ 
コシヒカリ「おーい。起きろ!!兄ちゃん!!」バシバシ

シロヒカリ「痛いって、ちょ、やめ、」

~~クロヤミでは~~

鬼RION「速い、速すぎる。それに、力も強いなんて•••」

リーフレット「おいおいおい、夜になって来たぞ•••」

天神クロレット「今夜は三日月か•••美し、グフッ!!」

ペト「相手も、体力失うみちゃいだね。」

ペルソナ「んあ、寝よ」

リーフレット「死んでも知らんぷりするぞ。」

ペルソナ「んにゃ、守ってね•••」Zzz

鬼RION「どんだけ、自由やねん」

ペト「カエリタイ。」

天神クロレット「召喚魔法レズリー•ウィズリー」

レズリー「あいさー♪何か用でちゅか?」

天神クロレット「我の忠実な、隷よ。いま、鏡の姿を、表せ」 
天神クロレット2「あいさー♪あいさー♪」

リーフレット「能力がそのままだと!?ヤバいな•••」

天神クロレット「やれ。」

天神クロレット2「ほーい。ブラッキュ•バキューミュ」((噛んだ

鬼RION「うわっ!威力は弱いが吸い込まれる!」

リーフレット「ペルソナ!!覚醒してくれ!」

ペト「かえりちゃい」

ペルソナ「覚醒!!」

ペクルレム「よつしゃぁ!久しぶりの外だ!」

リーフレット「今は俺に力を貸してくれ!金は、高く出す!!」

ペクルレム「よし。本気出すか!!」ビュォ!

鬼RION「あいつ誰??」

リーフレット「多重人格者のペクルレム。ペルソナの体に住み着いてる、本、最強的なクロヤミを止めた事があるほどの実力者」

鬼RION「偽物は任せる!!本体は、俺達がやる!」

ペクルレム「ゴミはどいてろ」

天神クロレット2「むきーー!!!」カチン

コシヒカリ「いた!!リーフ!!!」 
コシヒカリ「リーフ!おい!」

リーフレット「何だ!?用なら、早く!!」

コシヒカリ「リーフ!しっかり、聞いてくれ!この、世界は、ゆげふっ!」

ペクルレム「あん?何か踏んだか?」バサッバサッ

リーフレット「ちょ、用なら、後な!!」

コシヒカリ「そんな•••('•ω•')」ガクッ

リーフレット「来た!!行くぞ!!」

•••ゴタゴタ 
コシヒカリ「」キュー

ペクルレム「みんな!!耳を塞げ!!」

リーフレット「分かった!」

ペト「了解!」

鬼RION「これで何をする気だ?」

ペクルレム「特別魔法!!ペクルレム•レット!」

天神クロレット「••••クッ!!力が•••!!」

ペクルレム「今だ!早く!!」

天神クロレット「ふざけるな!この、クズ共がああああああああ!!!」

ペクルレム「後約12秒しか、保てない!!速く!!!」

鬼RION「帽子取ったりいいいいいいい」

コシヒカリ「待て!!!(起きた)これは、全て罠だ!!」

天神クロレット「!!!!!!頭が痛い•••!!ああああああああ!!!」

鬼RION「え、••••••」

リーフ「ちょ、」

ペクルレム「おいおいおいおい!」

プレーン「•••もう遅い」

リーフ「•••!!プレーン!!」

プレーン「地球は、太陽とぶつかり、•••大爆発を起こし、破裂する。」

ペト「でも、お前らに、そんな力は•••?」

プレーン「覚醒した、クロヤミなら、可能だ。」

リーフ「はあ??だからどういう事だよ!!」

プレーン「太陽を動かしているのは、クロヤミ。機械を使って、彼の魔力を使い、動かしている。ただ
相当な魔力が必要だ」

鬼RION「俺達もしかして、覚醒するために、一杯食わされたって事か?」

プレーン「ここは、夢の世界。ただ、敵は、本物だがな。」

コシヒカリ「言われた。。。!!」

プレーン「お前らは、まだ、寝ていているんだよ。覚醒乙でぃーすww」

ペクルレム「うざ。」

リーフ「とにかく•••クロヤミを探しに行くぞ。」

リーフ「」ガバッ!

コシヒカリ「おはよ~って、言ってる場合かぁ!」

リーフ「おい•••外•••」 
コシヒカリ「え•••今、冬の夜8時だよな•••」

リーフ「空が、めっちゃ赤いやん」

コシヒカリ「ん?これは•••」

リーフ「RIONの置いていった物か??」

コシヒカリ「これは•••魔力探知機!」

リーフ「メモがある••何々•••」

~メモ~
RION&ペト&ペクルレムは、
先に行ってます。


リーフ「だってさ。」

コシヒカリ「早く行こうぜ!」

リーフ「ああ!!」
=ワ-プ=
コシヒカリ「ここが•••宮中」

リーフ「夢では無い事を祈るぜ」

そのころ

海マグロとその他「悪い夢だったけど忘れてしまった」

第3章=終=