※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ちなみに、GI(グルコース・インスリン)療法
 ※グルカゴンの療法もあるので、ごっちゃにならないように注意。

インスリンの作用は


①細胞への血糖取り込み促進

②肝臓の解糖の促進・新糖生の抑制とかとか

インスリンだけの投与だと、血糖が下がりすぎちゃうので、グルコースもいって栄養もつけちゃおう!
(グルコースの取り込みが促進されるので)みたいな感じ。

Kイオンが流れるのは、インスリンの作用でナトリウムチャンネル
(ナトリウムを出して、カリウムを取り込むポンプ、逆もあるよ!)
を活性化する事も要因のひとつだけど、

細胞内にグルコースを取り込む過程でこのポンプが作動する事で(膜電位)

Kイオンが取り込まれるのである。

みたいな。