※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

医療と介護のウェブ雑誌
https://www.cabrain.net/news/

2011/2
▽人間性のベースになる倫理性、人に寄り添う姿勢についての教育
▽状況を見極め、的確に判断する能力を育成する教育―など6項目

2010/5
看護教育の臨地実習、「実習領域を選択制に」との声も


2009/6
【キャリアブレイン】看護の「つなぎ教育」必要との声も

2009/8
【キャリアブレイン】看護学「教員と学生に世代間ギャップ」

2009/8
【キャリアブレイン】看護教員要件の臨床経験年数などで議論

 経験年数は下げるべきじゃないと思う。
 なぜなら、経験は重要な知識であり、紙面から得られないものだからである。
 例えば、患者を命の護るという事柄について、経験なしではリアルな心情を語ることが出来ないからである。
 もしも、経験年数を下げてしまえば、看護師として経験するはずの、命の重さを知ることなく、教員になる可能性があるからだ。
 だから、私は経験年数は下げるべきではなく、5年以上の経験は必要だと考える。


2009/9

【キャリアブレイン】3年課程の看護教員、経験5年未満が約3割
2009/11



年度内に看護教員養成のガイドライン作成へ―厚労省
2009/12

【キャリアブレイン】看護職の教育内容でWGが経過報告―厚労省
2010/3
  • 人の体の基本的な事
  • 患者を全人的に看る事。



2008年のものですが、なんか、いいです(*´∇`*)