※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プライバシーについての基礎知識
よくわかるプライバシーマーク制度

経済協力開発機構(けいざいきょうりょくかいはつきこう)
英: Organization for Economic Co-operation and Development, OECD




このガイドラインの背景には、コンピュータとネットワークにまつわる技術の急速な発展がありました。
大量のデータを瞬時に処理できるコンピュータが普及し、国際的な通信ネットワークが構築されれば、
個人データの国際流通が深まると考えたのです。

その予測はインターネットによって現実のものとなりました。
私たちはインターネットを通じて、国境を越えて商品を売買することができます。
また、海外のアーティストの情報などを容易に入手できるようになりました。

こういった背景を踏まえ、OECDは各国の様々な規則の違いを超え、
共に発展するための共通ルールをつくる必要性を認識し、
個人データ(個人情報)のプライバシー保護と適正な流通のためのルールとして、
「OECDプライバシーガイドライン」を作りました。


ルールは破ったらもうすでにそれはルールではないのです。


個人情報保護法(2003年5月30日公布)
個人情報の保護
全59項目で構成。
25条とかが重要。

保健師助産師看護師法 第42条の2

刑法 第134条(秘密漏示)
 ⇒6ヶ月以下の懲役、または10万以下の罰金!キャーーーーー!!!∑q|゚Д゚|p
添付ファイル