ポタージュ・スノエル・ニヴルヘイム


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本名 ポタージュ・エスコフィエ
年齢 22歳
種族 人間
職業 暗殺者(アサシン)→魔法使い(精霊魔法)
出身地 西の国
身長 170cm
体重 55kg
趣味 料理
弱点 怪鳥

概要

誓いの師団の魔法使い(ウィザード)。師団のメンバーからは「ポタさん」の愛称で親しまれている。
幼少の頃にとある暗殺集団の組織に拉致され、暗殺者として育てられた過去を持つ。その組織は10年前に殲滅させられている。
その後、誓いの師団に引き取られ、師団と関わりのあるニヴルヘイム家の養子となった。最初の頃は殆ど感情が無いに等しかったが、魔術療法や夫婦との生活で徐々に取り戻していった。そして、15歳になった頃に正式に師団に入団することになり、精霊との契約もその時に行った。
使用する魔法の属性は水(主要の使役する精霊が水の属性のため)と氷、主に回復や防御などの支援を得意としており、戦闘するときは氷の属性を使用する。他の精霊も契約はしているが、加護程度の力しか引き出せていない。護身用に短剣も所持している。
元暗殺者のため、武器を使った戦闘もできるが滅多に使わない。
長い間、家族や過去の記憶がなかったが、姉であるフォンとの出会いとプランツリーの魔術で思い出すことができた。

性格

基本的に穏やかで優しい性格。しかし、戦闘で気持ちが高ぶった時、大切な人を傷つけられた時には、暗殺者だったころの残忍な性格が出てしまう(前者は多少抑えられるようになった)。

容姿

ぼさぼさの灰色の髪と赤い眼を持っている。幼いころから持っている銀製の腕輪をいつも身に着けている。

補足事項

義母に料理を教わってからは、趣味となり得意としていて、師団の食事当番となっている。
幼少の頃に攫われた時、使われたのが怪鳥で、トラウマとなっており怪鳥を目の前にすると恐怖が蘇ってきて動けなくなってしまう。
暗殺者の時は組織内で順位持ち第1位で〈獄氷(コキュートス)〉と呼ばれており、強力な氷属性の魔法と暗殺技で任務を行っていた。
使役している水の属性の精霊は珍しい人型の精霊。しかし強力なため他に精霊を契約しても加護程度にしか力を引き出せない。また、氷属性の魔力を抑える役割もしている。