ミナヅキ・ヴィア・ウーリュ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本名 ミナヅキ・ヴィア・ウーリュ(旧名:ミナヅキ・ヴィア・オカケーン)
年齢 19歳
種族 人間
職業 ウーリュ領領主夫人、領主代行
出身地 ウーリュ領
身長 138cm
体重 36kg
趣味 読書
弱点 朝と昼

概要

ウーリュ領の領主であるアトゥーラの妻。ミヅキの双子の妹。

ミヅキと同じくアトゥーラの呪いによって転生し続けている。(詳しい経緯はミヅキ・ヴィア・ウーリュの記事を参照)

ミヅキと違って魔法の才能は皆無で、月の光から魔力を抽出する『月光』属性を除いて魔法を使う事が出来ない。しかし、為政者としての才能があるため、アトゥーラが旅に出ている間は領主の代行として執政を行っている。

太陽の光を苦手としているため、あまり屋敷の外には出ない。外へ出る時は縁の広い帽子を被って太陽の光を避ける。

性格

常に冷静で物事を論理的に考える性格。周りが感情的になっても、自分だけは冷静に状況を判断するように努めている。
ミヅキのように表には出さないが、ミナヅキも負けず劣らずアトゥーラにベタ惚れしている。その上嫉妬深く、ミヅキ以外の女を近づけさせまいとするヤンデレさがある。

容姿

アメジスト色の瞳に水色の長い髪をツインテールにしている。領主の夫人らしい上質な生地で作られた服を身に纏っている。

補足事項

得意属性である『月光』属性が身体に強く影響しているため、ミヅキとは正反対に陽の光を苦手としている。陽の光を浴びると体調を崩しやすい。