ヒカル・ジュード・アハトモエア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本名 ヒカル・ジュード
年齢 27歳
種族 人間
職業 騎士(第三席隊長)
出身地 ヒサカリア付近の村
身長 152cm
体重 45kg
趣味 鍛練
弱点 水(特に雨)

概要

ユブル王国騎士団第三席隊長。

ヒサカリア周辺の村で生まれ、兄の指導の下で徒手空拳の修行をしつつ、騎士を目指していた。15歳になった時、騎士に対する認識の違いから兄と決別し、首都へと移住して騎士となる。騎士となってからは努力と根性で這い上がり、18歳の頃には副隊長としての地位を得る。副隊長に就任して間もなくクロモリア戦争が始まり、戦争孤児となったキーディアを拾って後見人となる。クロモリア戦争の最中に、さらに騎士としての実績を地道に重ね、最終的に第三席隊長に就任する。

突出して優れた能力を持っているわけでは無いが、隊長としてそれぞれの能力(武力、知力、指導力等)はバランス良く優秀であり、騎士団の中でも総合的な能力が高い。加えて機転が効くので、緊急時での対処能力に非常に優れている。
面倒見が良い事と騎士としての実績から、部下からの信頼は厚い。第三席隊の騎士からだけでなく、他の隊やキーディアからも慕われている。

剣術のスタイルは騎士団の指南書に忠実で、癖の無いオールラウンダー。騎士になる前に徒手空拳の修行をしていたため、投げ飛ばしや殴りのような素手の攻撃にも優れている。また、魔法は全く使えないが、知識に関しては魔術師並みのものを持っている。

性格

剛毅で面倒見が良く、部下の失態に非常に寛容。出世欲とは無縁で、市民の安全を何よりも優先する騎士のお手本のような人物。
一方で、頑固で意地っ張りな性格でもあり、意見の違いで決別した兄やクロモリア戦争の主犯であるアトゥーラとは相容れない。(理由なく人を嫌う事は無い)

容姿

30歳に差し掛かり始めた年齢だが、10代後半のような容姿で、下手をすればキーディアよりも年下に見られることもある。
重い鎧を好まず、騎士として活動する時はチェーンメイルのような軽装で剣を携えるシンプルな恰好をしている。

補足事項

クロモリア戦争当時、ウーリュ領との戦いの最前線で、アトゥーラが水魔法による豪雨や洪水を起こした。そのせいで多くの部下を失い、自身も溺れて死にかけてしまう。以来、アトゥーラに対して激しい敵意を抱くと同時に、水と雨に対して強い恐怖心を抱くようになる。小雨ならともかく、少し強い雨が降れば極力外出は避けている。