アトゥーラ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本名 西方の天雨龍
年齢 2000歳以上
種族 始祖龍
職業 ウーリュ領領主
出身地 遥か西方の深海
身長 190cm(人間時)
体重 84kg(人間時)
趣味 旅の記録
弱点 コスモスの花びら

概要

始祖三龍の一柱。天雨龍と称されている。人の姿を取る時は「アトゥーラ・ヴィル・ウーリュ」と名乗っている。

ユブル王国の西に隣接するウーリュ領の現領主。500年もの長い間ウーリュ領を治めている。その高いカリスマ性と人格から、領民からの人望が厚い。

ユブル王国から受けた侵略行為に対する報復のために、500年かけて準備を進めてきた。具体的には国力の増強と兵士の育成、そして戦争技術の向上で、それらをクリアする為に世界中を旅して様々な知識を集めていった。(アトゥーラの知識探究の旅は手記として記録して、シオン市のミネヤに預けてある)

全ての準備を整え、ユブル王国の西側地域であるクロモリアへ侵攻。一時的に王国の西側地域を支配下に置くが、キーディア・フォン・ヒカルラヴァの働きによって終戦。条約によって利権と引き換えにクロモリアを返還した。(クロモリア戦争)

清流を操り、強固な結界を張る事が出来る強大な力の持ち主。彼に対抗できる力を持つ者は少ない。守りが途轍もなく強い反面、攻撃の面では力不足になりやすく、実力が拮抗している相手に対しては決め手に欠けやすい。(攻撃特化のロータンとの戦いにおいては長期戦に陥りやすい)
また、前述の通り知識を集める事に対して非常に貪欲で、彼に質問をすればどんな答えも返ってくる。

性格

理知的で冷徹な思考の持ち主で、滅多な事で激情に流されることは無い。しかし情に篤く、困っている人に対しておせっかいを焼くことが多い。

自分の知識を頼られる事を嬉しく思っており、教えを乞うものには喜んで知識を教授する。

愛妻家であり、ミヅキとミナヅキに対して愛情が深い。

容姿

人間の姿の時は、水色がかった銀髪と真珠のような白い肌をした青年の姿を取っている。使いこまれた旅装を纏い、丈夫な皮のブーツを履き古している。

龍の姿の時は、大樹を思わせるような巨体で、水色がかった銀色の鱗で覆われている。

補足事項

眩暈を覚える程に魔力を乱されるという理由でコスモスの花びらが苦手。コスモスの花畑には近寄る事も出来ない。
その事が源流となり、現代における魔除けの一つに「コスモスの花びらの小瓶」が伝承されている。