※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最近ハマっているRigidChipsのモデルを紹介するページその2。
モデルの操作方法はrcdファイル内に記述してあります。

†no.13「Militia」

フラッシュトーピドー(以下FT)の陸戦運用のために作られた小型戦車。
小型化を追求しすぎたせいか、FTの性能を十分に生かし切れてはいない。
結果として2タイプに分かれる事になった。

13-1 "Militia Type.C"

Militia Type.C+BB_e
Militia Type.C_e(ブラインドバルーン無し)
<FT&機関砲の改良(被弾時の対処)

一撃の威力を重視したタイプ。
狙撃の精度はあまり良くない。

13-2 "Militia Type.H"


連射を重視したタイプ。近距離戦向き。
集弾率はやっぱり最悪です。

†no.12「UW-05 Canaan」

生物的な重戦闘機。
アナログコントローラーでの操縦を強くおすすめします。

12-0 "UW-05Y Delta canaan"

Delta canaan_d<リロードゲージの修正。

三角形でも空は飛べるのだろうか?という疑問から生まれた試作実験機。
結論から言うと、操作性にクセはあるけど飛べます。
飛行機なのに二輪車を乗り回す様な気分を味わえます。

12-1 "UW-05XX Final canaan"

UW-05XX.jpg

Final canaan_g<リロードゲージの修正。

これを最終形態です。
扱いづらさは05系随一だけど、ずっと求めていたロマンを込める事が出来たので満足です。

12-2 "UW-05XG Gust canaan"

http://www2.atwiki.jp/black_pepper/?cmd=upload&act=open&page=RigidChips&file=UW-05XG.jpg

Gust canaan_b<3Dラインの描画方法を修正。コンパスを追加。

05Xの発展型。
出力と防御力と重量が上昇、安定性と処理速度が低下。
出力が上がったお陰で、急な方向転換時の失速もある程度ゆるやかになった。
これが最終形態かと問われれば、ほど遠いと答えざるを得ない。
次はもっと、外見重視で行きたいです。

12-3 "UW-05X Evil canaan"

http://www2.atwiki.jp/black_pepper/?cmd=upload&act=open&page=RigidChips&file=UW-05X.jpg

Evil canaan_c<3Dラインの描画方法を修正。コンパスを追加。

これがUW-05系の最終形態なのだろうか…?
旧型の不満点はほぼ解消したけど、外見が…。(・_・;
蟲っぽい体型が、個人的に受け付けねーって感じです。
でも、アナログコントローラーでの操作感はとても気持ちいいです。
操作するなら是非、アナログコントローラーで。

12-4 "UW-05A Armd canaan"


安定性を犠牲にして、その分攻撃力を強化した機体。
旧型カナンをベースにしている為、旧型の問題点もそのまま引き継いでいる。
使い勝手は今ひとつ。

12-5 "UW-05AL Armd canaan Light"


運動性を重視したタイプ。攻撃力は落ちるが使いやすい。
正直、これくらいが丁度良いと思う。


†no.11「烙印」

http://www2.atwiki.jp/black_pepper/?cmd=upload&act=open&page=RigidChips+&file=rakuin_v2.jpg

rakuin_g<方位維持機能追加。コア分離を手動式に変更。

超強力砲台です。超強力すぎる様な気もします。
オンラインでの使用はほどほどに・・。


†no.10「Svanhildr」

Svanhildr_b<ジャンプ機能の修正

ローゼンフロイラインの血を受け継ぐ陸上戦闘機。
その性格は、ローゼンフロイラインと比べてかなりおとなしくて素直な性格だと思います。


†no.09「UW-04 OZ」

OZ

UW-03を基に開発した量産型戦闘機。
複雑な機構をできるだけ排除して、生産性を高めた作りとなっている。

一度作ってみたかった量産型なのですが、思い描いていたのとは全くの別物になってしまいました。
うーむ、○ップを作るつもりはなかったんだが・・。
いつかまた再挑戦したいです。