※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#blognavi
TOPにコメントを置いて以来、すっかり使っていなかった雑記です。


現在のところ、射撃技フレームデータがフレームデータ/アリスまで進んでいます。
射撃技は残り7キャラとなりましたが、この辺りから特殊なキャラが増えてきます。

例えば、早苗や妖夢のB射撃。
これらは、攻撃判定が発生する位置が自キャラより後ろになっており、意図して両者の位置を調整しなければ攻撃判定発生の瞬間を当てることは出来ません。
今のところ射撃技のフレームデータは「相手が画面端」で「初弾が発生した瞬間」を基準に有利差を載せてありますが、こういった射撃技はどうするか悩みどころです。

例えば、早苗や衣玖のC射撃。
これらの射撃は、弾が途中で変形して別の性質を持つという射撃ですが、ガードする距離によって変形後の射撃が当たったり当たらなかったりします。
多くの場合、画面端密着では変形後の射撃まで当たらないため、変形後の弾が当たる有利差を載せたければ、前提を覆さなければなりません。


特殊だからといってやらないわけにはいきませんので、適当な計測で有利差を載せることになるのですが、その結果実戦では役に立たないデータになっていることもあると思います。
今回実験的に作成したフレームデータ/アリスともども、何か不備があったら容赦なくつっこんでいただけると助かります。


カテゴリ: [雑記] - &trackback- 2010年10月21日 00:08:04
  • 早苗のBは発生地点と密着時点の発生が知りたいです -- krrr (2010-10-22 16:15:13)
  • 出現地点の発生を「発生」の項目に、弾が早苗を追い越す辺りのフレームを備考に載せる感じになりそうですね。何でもかんでも備考にブチ込むと読みづらくなってしまいますが、他に方法はなさそうです。 -- dada (2010-10-23 21:29:43)
名前: コメント:
#blognavi