Dragon Raja @Wiki ポート開放

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一般の MMORPGはUPnPという機能を用いてモデムのポートを開放しています。残念なことにDragonRajaはUPnPに対応していませんので、手動でポートを開放します。

NTTのレンタルモデムとして採用されている「ADSLモデムSVIII」で説明します。InternetExplorer は Version6.0以上。OS はWindows XPSP2で必ずファイアーウオールを有効にしておくこと。
  • モデムの設定画面を出す。
    1. InternetExplorerのアドレス欄に「3232235777」と入力する 
    2. ユーザー名とパスワードの両方に「user」と入力する
      ユーザー名やパスワードを変更しているときは、変更したものを入力する。

  • TCPセッションのパケットフィルタを外す
    1. 「設定」「その他詳細」「パケットフィルタ設定」の順でクリックする
    2. 「外部装置から開始されるTCPセッションを遮断(エントリ番号7を使用)」のチェックを外す 
    3. 「設定」ボタンを押す。

  • ポートを開放する
    1. エントリ番号の「16」をクリックして入力項目を出す 
    2. 入力項目を書き換える
      優先順位……………80
      適用インタフェース……メインセッション(FletsADSL)から受信
      送信元IPアドレス/マスク長…IPアドレス指定0.0.0.0/0
      プロトコル……………TCP-SYN
      送信元ポート番号…5000
      宛先ポート番号……5000
      フィルタ動作………通す
    3. 「設定」ボタンを押す

  • ファイアーウオールの設定
    1. DragonRajaOnline を実行する  
    2. 「Windowsセキュリティの重要な警告」が出るので「ブロックを解除する」ボタンを押す

以上です。
  1. ポート番号5000はワームが悪用するので、開けたくないのがホンネ。 
  2. ポート+SVIIIでググると「アドレス変換(ポート指定)設定」が出てくる。アドレス変換ということは「LAN側IPアドレス」を固定するので、複数台のPCでDragonRaja出来なくなる。
  3. UPnPを悪用すると大変なことになるぞと、気付いた人はエラい。MicrosoftがバリバリUPnPを利用しているので誰も指摘しないが大丈夫だろうか?もしウィルスorワームに利用されたらどうなるんだろ。何か起きたらPC業界の人はみ~んなそろって被害者のフリをするんだろうな。