ビークルNPC

概要

  • 下記の乗り物型のNPC全般のこと。乗り物NPCや車両NPCとも呼ばれるが、特に呼び方は決まってない。各自好きなように呼ぼう。
  • 性質についてはNPC解説に併記。
    • 戦闘車両はギガンテス、タイタン、ネグリング、イプシロンが存在。
    • バトルマシンはバラムのみ存在。ベガルタは残念ながら登場しない。
    • 航空機は(NPCかどうか不明だが)爆撃機とヒドラが存在。

ギガンテス

©2015 SANDLOT ©2015 D3 PUBLISHER
  • 別称:戦車、タンク

  • 前衛での壁と演出死する役を担うE551ギガンテスの部隊。最も多く投入されるビークルNPC。
  • 前半では被弾面積に対して耐久力が低く、随伴歩兵を放置して突撃するので歩兵より先に死ぬことが非常に多い。
  • 弾数は無限、攻撃射程は400m程度。攻撃頻度は3秒ごとに1発。攻撃力は蜘蛛と黒蟻を二発で仕留める程度。
    • 指揮下に入れられないかわりに爆風と射程がより強化されたロケラン兵といった性能。
+ 敵との相性

+ イベントあれこれ

-体力、攻撃力(凡その目安)
ミッション EASY NORMAL HARD HARDEST INFERNO 主砲
1:再結集 5000
2:広がる災厄
7:凶蟲噴出
14:上陸阻止作戦
16:要塞破壊作戦
18: 巨砲 1400~3800
23: 巨人兵団
27: 赤色
29: ブルートフォース作戦 約14000
43: 渡橋作戦
54: 要塞猛進
92: 死の戦列 20000前後

※体力基礎値は700。
※ミッションによっては特別に強化や弱体化が施されている場合もある。

重戦車

©2015 SANDLOT ©2015 D3 PUBLISHER
  • 別称:タイタン、タンク

  • 前衛での壁とネタ役を担うE651タイタンの部隊。もはや呼び方などどうでもいいらしい。
  • 本編では2回しか登場しないレアNPC。しかし、 初登場のミッションでコント死するため、実質1回しか戦闘に参加しない。
    • レクイエム砲の威力はオフINFで29727。ヘクトルはパツイチだが、攻撃頻度は40秒ごとに1発と低く、よく外れるのであくまでロマン役。
      • しかしDLC1-23最後の激突では単発53196ダメージと、やたらと強化されて登場する。
  • 四足要塞には主砲が効かにゃいらしいが、そもそも当たってない。
  • ボイスマーカーは車体の中枢当たり。外からは喋っているかどうか見分けがつかない。
  • 射程はイプシロン隊と同等で、マップのほぼ全域を狙える。
  • 生存中に四足に踏まれたりすると激しい処理落ちを引き起こす。DLCでのみ体感可能。
  • DLC2では登場しない。なんでや!
    • 『対峙』で登場することを期待した隊員は多かったはず。

+ 敵との相性

-体力、攻撃力(凡その目安)
ミッション EASY NORMAL HARD HARDEST INFERNO 主砲
16:要塞破壊作戦 イベントで破壊 29727
29: ブルートフォース作戦 約47000 29727
DLC1-12:巨神部隊 約63000 29727?
DLC1-23:最後の激突 約85000 53196
※体力基礎値は2400。女王蟻より少し硬い。

イプシロン装甲レールガン

©2015 SANDLOT ©2015 D3 PUBLISHER
  • 別称:レールガン、タンク

  • 狙撃が主任務のイプシロン装甲レールガンの部隊。アルゴやヘクトルの天敵。
  • 高耐久・高火力・超射程のバケモノ。どんな距離でもマップ内ならほぼ射程圏内。
    • しかしながら、主力級の相手はやはり苦手なので黒蟻などに絡まれていたら助けてあげよう。
  • 攻撃射程は1000m以上。攻撃頻度は3秒ごとに1発、貫通弾で攻撃力は女王を6~7発で仕留めるくらい、弾数無限。
  • 砲塔の旋回速度は、プレイヤーに支給されるどのモデルよりも速い。
  • 正直言ってギガンテス隊の実質的な上位互換部隊。

+ 敵との相性


-体力、攻撃力(凡その目安)
ミッション EASY NORMAL HARD HARDEST INFERNO 主砲
39:烈火
40:星船 約33000
81:機獣師団 7869
87:天の兵団
92: 死の戦列 45000前後

※体力基礎値は1600。巣穴より少し硬い。

ネグリング自走ロケット砲

©2015 SANDLOT ©2015 D3 PUBLISHER

  • 後衛での制圧射撃を担うネグリング自走ロケット砲の部隊。
  • ものすごく強い。M11「対空戦」で感動した歴戦の隊員も多いのでは?
  • 全NPCのうち、唯一弾切れする。 完全に置物化するので、彼らが戦えている間になるべく戦況を動かしたい。
  • ロックオン射程は500~700mほど。弾数100前後。攻撃頻度は3秒ごとに2~3秒ほどの連続ロックオン、発射に6秒ほど?
  • 単発火力は相当高いらしく、黒蟻や蜂、飛行ドローンなどの主力級を一発KOもしくは瀕死に追い込むことができる。
  • 誘導レーザー等で多重ロックさせることができる。 使える状況はあまりないが。
  • DLC1,2共に登場。とはいっても一回ずつな上に最初の掃射が終わったら置物化し、すぐやられてしまう。
+ 敵との相性


-体力、攻撃力(凡その目安)
ミッション EASY NORMAL HARD HARDEST INFERNO 主砲
11:対空戦
39:烈火
54: 要塞猛進
87:天の兵団
92: 死の戦列

※体力基礎値は550。

バラムチーム

©2015 SANDLOT ©2015 D3 PUBLISHER
  • 別称:歩行要塞バラム、バラム

  • 前衛での壁役と対エルギヌス戦を担う歩行要塞バラムの部隊。
  • 本編ではM67(オン71)「巨人たちの戦場」にのみ登場。エルギヌス軍団VSバラム軍団で殴り合いをする。
    • 低難易度だと最終的にバラムチームがエルギヌスを多対一でタコ殴りにするが、高難易度では逆になる。
  • コンボがプレイヤー用と異なるらしく、アッパーだけ単発で放つことがあったり、ジャブの次にチョップ→アッパーとつなげる時もある。
  • また、上半身を前後に倒せないので、足元の敵や頭上の敵の処理が苦手。
    • 難易度によっては一番苦手なはずの蜂が一番倒しやすい相手になることも。

格闘戦用に武装ロックしてる。巨大生物とは戦えないぞ

「バラムはエルギヌスに強いが巨大生物には弱い。歩兵部隊、巨大生物を倒せ! バラムを守るんだ!」

  • 本編でも言われている通り、巨大生物に対しては相性が悪いのでしっかり援護してあげよう。特に蟻。
  • 巨大生物……気持ち悪い

罠です!

「バラムには装甲がある。バラムを傷つけることを恐れる必要はないぞ!」

  • いえ、しっかりとダメージは入ります。
  • (歩兵の火器では)バラムを(致命的に)傷つけることを恐れる必要は(多分)ないぞ!・・・ってことだろう。そういう噂だ(定型文
    • PCの火力はNPCよりも遥かに高く、あまり誤射すると馬鹿にならないレベルの損傷を与えてしまうので注意されたし。
+ 敵との相性


-体力、攻撃力(凡その目安)
ミッション EASY NORMAL HARD HARDEST INFERNO 主砲
71:巨人たちの戦場
DLC1-01:進軍
DLC1-07:戦闘種
DLC1-23:最後の激突  
DLC2-22:最後の砦

※体力基礎値は40000。
※耐久力はINFで84万ぐらい。DLC1-23「最後の激突」では105万を大きく超える。
※補足すると、最後の激突ではバラムが傷つく前に破壊できる武器がなくて調べづらい(FB2本使い切っても煙が出る程度)。

戦術爆撃機カロン

©2015 SANDLOT ©2015 D3 PUBLISHER

  • 多くのミッションで姿を見ることができる爆撃機の部隊。
  • またエアレイダーによる支援でも呼び出す事ができ、その勇士を拝める。
  • 台詞は結構軽い感じで、他の空軍支援のような熱さはない。だがそれがいい。「(爆撃完了後)地上部隊、生きてるか?」
  • 4の高難度では爆撃の威力が固定だったために、進軍するヘクトルが全部生存していたりしたが、今回はちゃんと殲滅してくれる。
  • M39「微睡みの魔獣」では味方ごとエルギヌスへの爆撃を連発する。陸軍に何か恨みでもあるのか。
  • DLC2『空爆地帯』では『4』の同名ミッションより数倍激しい爆撃を行う。
  • 味方判定(フォーリナーと敵対)があるので、フォーリナーのヘイトを向かわせる事が出来る。

制圧攻撃機アルテミス

©2015 SANDLOT ©2015 D3 PUBLISHER

  • ブルートフォース作戦において飛行ドローンの猛攻を突破して爆撃を決行するナイスガイの部隊。
    • クラスター爆弾を装備。これでBF作戦の第六波の巨大生物を一掃してくれる。流石だな!
  • 姿形はやはりカロンと何ら変わりない。
  • しかしDLCではカロンがクラスター弾を投下することがある。
    • ミッドナイトといい、アルテミスといい、違うのは名前だけ。まさか同じ爆撃機を名前だけ変えて種類を水増ししているのでは
  • こちらも味方判定があるので、フォーリナーのヘイトを向かわせる事が出来る。

輸送ヘリ・ヒドラ

©2015 SANDLOT ©2015 D3 PUBLISHER

  • 輸送部隊ポーターズが使用する大型輸送ヘリコプターの部隊。
  • 明らかにキャパオーバーなはずのタイタンやプロテウスすら格納できるコンテナを搭載。飛び出す絵本的な技術だろうか。
  • なお、ミッション中盤でそれまでのヒドラは燃やされ、二号機がそれ以降の投下支援を受け持つ。
  • ストームチームを支援してくれるのはポーターズ9という部隊らしい。一応ストームチームの見えないところで他の部隊の物が撃墜されている模様。
    • M73「魔山の巨人」では撃墜される寸前にプロテウスを切り離しているらしい。
  • 味方判定はない。
    • 敵のど真ん中でも平気。というか敵群のいる方から運搬してくることがある。本部の加護に幸あれ。

EDF4.1での追記
  • バラム輸送時には4機で直接吊り下げて運ぶ。さしものコンテナもこの要塞を入れて運ぶことはできず、このような輸送ヘリによって運ぶしかないのだ・・・
    • だったらプロテウスも2機位で運んでくればよかったんじゃ。
  • 4.1 から追加されたビークル(デプスクロウラーと歩行要塞バラム)の無線応答は今までとは別クルーが担当することになった。「蜘蛛みたいなやつだ」とか「使い方は…よくわからない」など、やる気のない雑なコメントが聞ける。