裁判概要

『フォーラム21』平成16年1月15日号に掲載された記事をめぐり、創価学会が同誌発行人・乙骨正生氏および矢野穂積「市議」らを名誉毀損で訴えた裁判。

告訴から3年間、十二分に捜査した結果、創価学会側(信者)が〔朝木明代市議転落死〕事件に関与した疑いは否定できないということで、『週刊現代』における名誉毀損発言については〕不起訴の処分を決めたんですよ

という検察官発言(矢野穂積「市議」が現認したと主張)について、東京地裁はその真実性・相当性を否定。他方、東京高裁は、

本件記事は、朝木明代市議転落死事件は創価学会が朝木明代市議を殺害した『他殺』事件であるとの事実を、明示的にも黙示的にも摘示するものとは言えない

との理由で、その他の争点(上記検察官発言の真実性・相当性を含む)については判断することなく、名誉毀損の成立を否定した(2008年6月17日の最高裁決定により確定)。さらに詳しくは、朝木明代市議万引き被疑事件・転落死事件 まとめWiki〈『フォーラム21』事件〉参照。

なお、矢野穂積「市議」は、上記検察官発言の存在を否定した創価学会および同代理人弁護士を名誉毀損訴訟で訴えたが、敗訴している(平成16年(ワ)第16916号)。りゅうオピニオン〈矢野市議がなぜか報告していない検察官電話発言裁判〉および3羽の雀の日記〈「検察官発言」をめぐり矢野「市議」が隠していた裁判例〉を参照。→ 「フォーラム21」裁判:検察官発言

「東村山市民新聞」関連ページ

★ 創価本部が、朝木明代議員殺害件に関して提訴した裁判は最高裁判決で、創価本部の敗訴が確定しました。 (下記判決B)
(「本紙発行人矢野ほづみ」らが勝訴確定)
……
2008年6月17日付け「フォーラム21」事件
「創価逆転敗訴確定判決」に関するアピール
 タブーを打ち破り徹底批判を続けよう!(本紙発行人 矢野ほづみ)
……
◎「フォーラム21」最高裁確定判決の歴史的意義
最高裁確定判決(高裁第1民事部判決)のどこにも、地裁判決は容認されておらず、全く生き残っていない事実をつきつけられて、「無許可のコピペ屋」ついに遁走です。
 そして、とうとう「創価・公明」の手先であることを自白する書き込み、「創価・公明」擁護に必死です。やっぱりネ! (090624)
★ 千葉元副署長、宇留島の敗訴判決が続き、ついに創価本部にも司法が鉄槌を!
最高裁で矢野議員、乙骨氏が創価本部に勝訴確定!(08.06.17)
 また、昨年6月17日確定の「フォーラム21」事件判決でも……「その後新たに判明した事実によれば、自殺ではなく何者かによる『他殺』である」ことを公表しても名誉毀損になるようなことはなく何ら問題がないことを明確に認定しています。(まだこの確定判決の意味が理解できない方もいるようですが!)
 上記お先棒担ぎグループは、「フォーラム21」事件確定判決によっても再び「自殺」説が破綻し、「殺人事件」であることにそろそろ気づいたと見えて、必死にごまかしながら後ずさりし、防御ラインを「創価が殺したのではない」というレベルまで後退させています。……
3 矢野議員らが創価本部に決定的勝訴!
最高裁で矢野議員と乙骨氏が創価本部に勝訴確定!(08.06.17)
ついにやってくれました! 「親創価ネット族」本領発揮の「愚の骨頂」!
……
商標登録を単にコピペして一人で悦に入っていた「親創価ネット族」、(100%の愚か者)また珍説披露!で程度の低さを自分で証明する始末(低次元連続2連発ですな)
……
中学生にでもわかる話が、まるでわからないんですねぇ、まだ。
…… 
無許可の「コピペ屋」、哀れ一人で「裸踊り」!
……
ついにやってくれました! 「親創価ネット族」本領発揮の「愚の骨頂」!
……
商標登録を単にコピペして一人で悦に入っていた「親創価ネット族」、(100%の愚か者)また珍説披露!で程度の低さを自分で証明する始末(低次元連続2連発ですな)
……
中学生にでもわかる話が、まるでわからないんですねぇ、まだ。
…… 
無許可の「コピペ屋」、哀れ一人で「裸踊り」!
……
自分が「論破」されているのも無自覚! 哀れ!見殺しにされた無許可の「コピペ屋」の無残
……
自分が「論破」されているのも無自覚のまま、未だ、中学生以下のど素人解釈をかきなぐり、失笑モノの「裸踊り」を続ける無許可の「コピペ屋」、哀れ!見殺しにされ晒されたままの無残!
〔以下延々と続く〕

「小さな正義を信じて」出張所関連記事


「3羽の雀の日記」関連記事

(特に重要な記事は見出しの後ろに★をつけて示した)


2009年8月9日:ページ作成。
(略)
2009年9月17日:新規項目「フォーラム21」裁判:検察官発言への参照注を追加。