ぼーぼぼのまとめ書きPSOBB クエスト情報


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クエストごとの情報。特徴や獲得できる経験値など。

幻シリーズ


各エピソード通常冒険モードでそれぞれのギルドカウンターで受けることができるクエストの紹介です。
エピソード1では「夢幻のごとく」
エピソード2では「幻海の果てに」
エピソード4では「極幻の戦火へ」
と名付けられています。

なお「幻海の果てに」だけクエスト終了後、報酬に加えてご褒美がもらえます。
クリア後にラボにてノルに話しかけるとラッキーコインをもらえます(アイテムパックには表示されません)
ノーマルからベリーハードまでは一人1枚。
難易度アルティメットでは一人あたりパーティ人数と同じだけもらえます。
二人でクリアすれば2枚。4人パーティでクリアすれば一人4枚ももらえます。ぜひともULT4人PTで挑戦したいですね。
このラッキーコインは同EP2ギルドクエスト「ガロンズショップ」でのルーレットゲームに使用することができます。

舞台は森、遺跡、密林など各エピソードのセクションを使用しますがいくつか共通した特徴を持ちます。

・雑魚エネミーが大量に沸く。
・森1,2などセクション全域をダイジェストのようにかいつまんで走破し、ラストステージでのラッシュがある。
・ボス戦はなし。
・ラストのラッシュを含めいつでもリューカー、テレパイプでシティに戻ることができるので、囲まれたときの緊急脱出や薬の補充をすることができる。
・ラストステージは視点が変わる。ただし、一度シティに戻ると以降は通常のプレイ画面に戻る。
・大量にエネミーが発生するがエネミーの沸くグループが複数あり、倒し方によっては、出現数を小出しにもできる。(ソロ時に有効)

それぞれ解説していきます。

夢幻のごとく1

一人でも制覇可能。
森1,2をまわり、高台へ。
円形のステージへワープしてラストのバトルをします。
高台の南端、下を見下ろすことができるところに安全地帯があります。
そこに入り込むと、エネミーはプレイヤーを認識できず、
沸いた場所にかえって待機します。FOならそこから一方的にテクニックを飛ばすこともできます。HU,RAはちょっと前進して銃撃。エネミーが迫る前にまた逃げ込むを繰り返してやり過ごすことができます。パーティ時にやるとかっこわるいですいけど、ソロの時は何でもありです。

夢幻のごとく2

洞窟が舞台となります。
同時押しスイッチで開く扉がありますが、おまけのステージですので進行には支障なくラストまで一人で攻略可能。
洞窟3の広間でラストバトル。
クリア後、転送装置のある部屋と、宝箱がある小部屋へ行くことができますが、宝箱の一つは必ずスケープドールです。

夢幻のごとく3

やってないな。

夢幻のごとく4

2個同時押しスイッチがあるため二人以上で攻略可能
遺跡が舞台です。途中ベルラの大量沸きがあります。
ラストステージは舟形の広間、ブリンガーが横一列で競馬場です。



幻海の果てに1