※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


武道家


信ずるモノは己が拳のみッッッ!
武器は使わず鍛えた身体のみで戦う前衛職です。
しかしサマナー並と言われるほど火力がない時期があり、その印象が未だに引きずられている
鋼の耐久力を持ち鋼の身体で戦うマッチョ至上主義なあなたに

武道家
単体狩り ★★★★
範囲狩り
PT狩り
ギルド戦 ★★★★★
燃費 ★★★★★


コンボという特徴を持つ。しかし闘士とは違いスキルレベルが若干上昇するだけでありそこまで気にするものではない。
しかし自分だけのコンボで修行に励むのもまた一興なり。後コンボ時のエフェクトがちょっとかっこいい

裏職がシーフなため自分自身の身体に信じられなくなった時、シーフスキルを上げるもいいだろう


【武道のすゝめ】

一、火力の低さに泣くべからず
一、武器は持つべからず
一、己の身体を信じん
一、例え敵が複数であっても、一人一人倒さん

火力職ですが、Lvが上がれば上がるほど他の火力職に比べて火力が低くなって行きます。
序盤は高火力キャラであるが、伸びが悪いため他職に置いていかれる。Lv150くらいまでなら1stキャラでも高火力と言えるだろう。
しかし装備にお金がかからず、ステータスを健康に振らなくても済み、装備次第では高火力を手にする事も可能。
つまり、金をかければ最強を目指せる。世の中金だ。

火力面ではネガティブな事を書き連ねたが、防御面でのスペックは高い。
ダメージ軽減スキルの 防御 、回避スキルの 回避 、無敵スキルの 仰け反る 、遠距離攻撃を防ぐ 白刃取り 、カウンタースキルの 流水撃
自動回復スキルの 運気 、回数分攻撃を無効化する 分身
と選り取り見取り。オートスキルは2つしかONに出来ない欠点もあるが、それを余り補って魅力あるスキル。これらのスキルによる 健康 無振りも可能である。

Gvでは、残念ながら鍛え抜かれた身体だけで敵を倒す事は厳しい。しかし別の役割での活躍が出来る。 妨害 だ。
上記の防御系スキルに加え、払い蹴りでの抵抗貫通足止め、かかと落としでのKO、そして「生きている」というだけで味方への攻撃を若干減らすことができます。
足止め、生存、撹乱……これがGvにおける武道の最大の魅せ場。
ウザい?ゴキブリ?誉め言葉です^^


■ステータス・装備

+ 火力武道

+ Gv武道


■スキル
+ ...