ソードワールド2.0@wiki

メニュー








データベース



━━ループ論争━━
ループ論争






━━ハンドブック━━
フェイダン博物誌?
ザルツ博物誌?

━━コミックス━━
ミュクスDATA



fencer


matome


on-se

ミュクスDATA

ソード・ワールド2.0 リトル・ソーサラー ミュクス』は、月刊ドラゴンエイジに掲載されたSW2.0初のコミカライズ作品。
コミック :ねこ村モトキ
ストーリー:ねこ村シンノ
原作   :グループSNE(いわゆる、SNE監修作品ではない)

目次


月刊ドラゴンエイジ掲載情報(予告漫画+7話)

  • 第0話:月刊ドラゴンエイジ10月号(2008/09/09)、 8頁、予告漫画、単行本未収録
  • 第1話:月刊ドラゴンエイジ11月号(2008/10/09)、44頁、単行本収録
  • 第2話:月刊ドラゴンエイジ12月号(2008/11/08)、32頁、単行本収録
  • 第3話:月刊ドラゴンエイジ 1月号(2008/12/09)、24頁、単行本収録
  • 第4話:月刊ドラゴンエイジ 2月号(2009/01/09)、20頁、単行本収録
  • 第5話:月刊ドラゴンエイジ 3月号(2009/02/09)、20頁、単行本収録
  • 第6話:月刊ドラゴンエイジ 4月号(2009/03/09)、20頁、単行本収録
  • 第7話:月刊ドラゴンエイジ 5月号(2009/04/09)、20頁、単行本収録

コミックスとしての評価

第1話の伏線が未消化であること。第2話の原稿アップ後、人気の無さを気にしていること。第4話からギャグ路線へ移行したこと。ゲームブックDSソード・ワールド2.0発売を控えた、本来であれば盛り上がる時期にひっそりと連載終了したこと。第7話の原稿アップ後の作者コメント等から、ほんの一時の人気を得ることすらなく、人気不振により打ち切られたものと考えられる。

SW2.0の関連作品としての評価

目玉設定の冒険者養成学校の描写が実質無いこと、モンスター、魔法の表現が微妙すぎること等から、資料的価値は無い。
なお第5話にて「神殿に行けば神様の洗礼を受けさせてくれ、神聖魔法を使えるようになる」との表現がなされ、SW2.0スレを小揺るがせたが、第6話にて「洗礼はあくまで通過点、魔法が使えるかどうかは信仰次第」とオチがついている。

SW2.0のワールド情報まとめ

単行本巻末のワールドガイド(11頁)の内容は以下の通り。これらの設定は、作中ではほぼ全く活かされていないことに注意。
  • 表紙1頁
  • 見開き2頁:テラスティア大陸全図&ハインラト地方小地図
  • 見開き2頁:ハインラト地方大地図&ワールドガイド
    • イシェスの街:ミュクスの実家のある大きな街
    • エミニムの街:設定なし
    • ジンルーの街:設置なし
    • ゼスティアの森:設定なし
    • ゼラン迷いの森:蛮族や魔物の多数住む大きな森「一度入ったら出られない」とも言われているがそれは迷信である。ハインラト地方の固有種の蛮族や魔物も多数生息している。
    • ナイムハイラ:学園都市。雪の山に囲まれており、春は肌寒く、夏は涼しく、秋は寒く、冬は凄く寒いという気候。冒険者の育成と就労支援を目的に創られた<冒険者養成学校>を中心とした学園都市で、この養成学校を中心に都市が栄えている。
    • ヌエヌ砂漠:設定なし
    • ハーツベルグ:商業都市。ヌエヌ砂漠の傍にある商業都市。破滅の塔に向かう冒険者達の中継点としてもよく使われている。ハインラトに属した都市で<砂獣騎士団>と言う騎士団を持っている。
    • ハインラト王国:大破局で滅びたどこかの王族が命からがら落ち延びて来た所、ナイムハイラ前学院長(現学院長の母)が保護し建国に協力した事により生まれた国。ナイムハイラから排出される優秀な人材を活かして着実に国力を付けて来てはいるがまだ小国の域を出ていない。<黒獣騎士団>と言う騎士団と<ハイラント十二衛師>と言う十二人の猛者を持つ。
    • 破滅の塔:ヌエヌ砂漠に囲まれており、誰が、いつ、なんの目的で創ったのか不明な塔。どこまで伸びているのか解らないほど天高く伸びている。上の方は常に雲に覆われている事や他国に要請し飛空挺で調査した所、原因不明の機能停止により墜落した事により、魔剣の迷宮ではないかと囁かれている。
    • リドリア湖:ハインラト地方の中心に10年ほど前に突如現れてた巨大湖。現在も調査中である。
    • リドリア村:設定なし
  • キャラクターシート6頁
  • ナイムハイラ・ガイド(作中より)
    • ナイムハイラ:標高の高い山々に囲まれた小さな都市……その規模とは裏腹に物流は活発で冒険者もたくさんいる。
    • 冒険者養成学校:冒険者たる基礎を学べる他、一般技能養成課もある。学生寮完備。
    • 暇猫亭:冒険者養成学校がバックアップしている"冒険者の店"。
    • イルレル:冒険者養成学校学長を務めるエルフ女性。少なくともコンジャラー技能を持つ。

参考)ねこ村役場からの引用

前回よりは…どうでしょうか?
多分、再来月(※6月号から)はどう探しても見つからないと思いますので。
…あれ、目から汗が…

参考)単行本からの引用

  • 神様を信仰するために神殿でお仕えすることを誓うのね。すると神様が洗礼を受けさせてくれるんだけど…(5話)
  • ここで洗礼を受けることで神様の力をお借りできるのだから…(5話)
  • 洗礼を受けるのはあくまでも通過点……そのあと魔法が使えるかどうかは本人の心がけ--……信仰次第なんじゃよ!!(6話)


合計 - 現在 -
本日 - 昨日 -

最近の更新履歴


取得中です。