ソードワールド2.0@wiki

メニュー








データベース



━━ループ論争━━
ループ論争






━━ハンドブック━━
フェイダン博物誌?
ザルツ博物誌?

━━コミックス━━
ミュクスDATA



fencer


matome


on-se

マギテック技能

  1. マギテックの特徴
    1. 種族について
    2. 経験点テーブル
    3. 扱える装備
    4. 習得できる戦闘特技
    5. 他の技能との相性
    6. 魔法の行使条件
    7. 長所と短所

1.マギテックの特徴

  1. 種族について
  2. 経験点テーブル
  3. 扱える装備
  4. 習得できる戦闘特技
  5. 他の技能との相性
  6. 魔法の行使条件
  7. 長所と短所

1-1.種族について

フィーはこの技能を習得できません(魔動機に対して致命的に無理解であるため)。
グラスランナーは習得してもMPがないため(使用するには常に魔晶石が必要)、あまりお勧めできません。
(ただし、前衛技能を補助する魔法も多いため、エンハンサーと同じく魔晶石を使ってでも使うメリットはあります)

1-2.経験点テーブル

魔法使い系技能はすべて経験点テーブルAとなります。

1-3.扱える装備

魔動機術を使うにはマギスフィアを装飾品として身につける必要があります。
使う魔動機術ごとに、マギスフィア(小)、マギスフィア(中)、マギスフィア(大)のどれかが必要になります。
それぞれ装備可能箇所が(小):任意、(中):背中・腰・その他、(大):背中・その他ですが、
フローティング加工を施すことで(中)および(大)も任意の箇所に装備することが出来ます。

ウィザーズトゥームを導入した場合、一部の魔動機術を使用するとその使用に用いたマギスフィアがそれ以外の魔法に使用できなくなります。
(使う魔法によっては、複数のマギスフィアの装備が必須になりました)
また、マギスフィアのオプションをつけることによって、魔動機術の性能を上げたり消費を抑えたりできるようになりました。

1-4.習得できる戦闘特技

固有の戦闘特技はありません。
戦士系技能と兼業することが多く、そちら向けの戦闘特技を優先していくことになるでしょう。
補助動作で使える魔法も多いですが、近接攻撃を行うなら《マルチアクション》(Lv5-)をとるのもお勧めです。

専業の場合、他の魔法使いと同じく《魔法拡大/**》、《魔法誘導》、《魔法収束》、《魔法制御》、《MP軽減/マギテック》(Lv5-)あたりをとっていく形になります。
他の魔法使い系技能に比べると《魔法拡大/数》の有用性が低く、また、範囲魔法が多いため《魔法制御》の価値が相対的に高くなります。

1-5.他の技能との相性

魔動機術はシューター技能による射撃攻撃を前提とする魔法や、命中や回避、移動を強化する魔法が多く、戦士系技能との兼業が強く勧められます。
特に4レベルまでは攻撃用の魔法がなく、初期作成で専業しようとすると戦闘ではほとんど何も出来なくなるため、あまりお勧めできません。

ウィザーズトゥームを導入した場合できることが格段に増え、さまざまな局面に対応できますが、やはり戦士系技能前提の魔法が多く、専業はお勧めできません。
その代わり、装備の制限は一切なく、(経験点負担が大きいことを除けば)どの戦士系職業とでも兼業の相性は抜群です。
技能 評価 解説
ファイター 補助動作で使える魔法も多く、両立します。ただし、回復系以外のバレット系魔法は有効に使えません。
WT導入時は、オートガードを有効に使え、OPつきクリエイトウェポンも自分で作れるので有用性が増します。
《タフネス》(自7)、《バトルマスター》(自13)
グラップラー 補助動作で使える魔法も多く、両立します。ただし、回復系以外のバレット系魔法は有効に使えません。
WT導入時は、オートガードを有効に使え、OPつきクリエイトウェポンも自分で作れるので有用性が増します。
《追加攻撃》(自1)、《投げ攻撃》(自1)、《カウンター》(自7)、《バトルマスター》(自13)
フェンサー 補助動作で使える魔法も多く、両立します。ただし、回復系以外のバレット系魔法は有効に使えません。
WT導入時は、オートガードおよびOPつきクリエイトウェポン作成に加えて、特にパイルシューターの魔法がもっとも有用に使える技能でもあります。
シューター ガンを用いた射撃攻撃を行うマギシューと呼ばれる技能構成で、最も相性がよいといわれる組み合わせです。
魔動機術の多くを占めるバレット系の魔法を最大限に活用することが出来ます。
回避は《射手の体術》(7-)を習得しなければ平目で回避です。
ソーサラー 両立しますが、MP管理が重要になります。また、一部の魔法を有効に使えません。
金属鎧、ハードレザーのペナルティ有。
MP上昇量は累積します。
コンジャラー 両立しますが、MP管理が重要になります。また、一部の魔法を有効に使えません。
金属鎧、ハードレザーのペナルティ有。
MP上昇量は累積します。
プリースト 両立しますが、MP管理が重要になります。また、一部の魔法を有効に使えません。
あまり重なる部分がない上に、ともに鎧のペナルティが存在しないため両立に問題ありません。
MP上昇量は累積します。
フェリーテイマー 両立しますが、MP管理など重要になります。また、一部の魔法を有効に使えません。
妖精を召喚すれば、魔動機術と妖精魔法の同時展開も可能です。
金属鎧のペナルティ有。
MP上昇量は累積します。
スカウト 両立します。行動を補助する魔動機術で各種行動を補助できます。
《トレジャーハント》(自5)、《ファストアクション》(自7)、《影走り》(自9)、
《トレジャーマスター》(自12)、《匠の技》(自15)
レンジャー 両立します。行動を補助する魔動機術で各種行動を補助できます。
《治癒適性》(自5)、《不屈》(自7)、《ポーションマスター》(自9)、
《韋駄天》(自12)、《縮地》(自15)
セージ 両立しますが、一部の魔法が出来る判定とかぶるため他のサブ技能ほどお勧めできません。
《鋭い目》(自5)、《弱点看破》(自7)、《マナセーブ》(自9)、
《マナ耐性》(自12)、《賢人の知恵》(自15)
エンハンサー 両立します。
バード 両立します。主動作での魔法と呪歌を同時に行うためにはペットが必要です。
ライダー 両立します。オートモービルで魔動バイクを作る事が出来、また、騎獣の攻撃により本人の攻撃力の低さを補うことが出来ます。
WT導入時は、オートガードで騎獣を強化することも出来、生物騎獣とも相性は抜群です。
アルケミスト 両立します。WT導入時は資金繰りに影響が出る場合があります。

1-6.魔法の行使条件

その魔動機術に対応した大きさのマギスフィア必要、また、動作は不要であり発声のみ必要。(I133、I改訂版138)
WT導入時は、形状:変形の魔動機術を使っている間はそのマギスフィアは他の魔動機術に使用できない。(WT92)

1-7.長所と短所

魔法技能ですが鎧ペナルティが存在せず、また、戦士系技能との相性が極めてよいため、兼業に向いています。
特に、WT非導入時はシューターとの兼業(マギシューと呼ばれる技能構成)は必須に近いほどです。
WTにおいて多数の魔法が追加されたため、導入している場合は他の戦士系技能やサブ技能とも兼業が容易になりました。
行動を補助する魔法や補助動作で行使できる魔法も多く、どの技能との兼業も比較的可能です。

その分単独での行動能力に欠け、特に専業での攻撃手段は限られています。
また、魔動機術には効果時間が短い魔法も多く、MPの消費が多くなりやすいという欠点も持ち合わせています。

また、WT導入時は魔動機術を有効に使うためには多数のマギスフィアとオプションを身につける必要があり、
資金的負担と装飾品のスロットを埋めてしまう弊害があります。





合計 - 現在 -
本日 - 昨日 -

最近の更新履歴


取得中です。