ハインターバイト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハインターバイト【固有名詞】

 現在から120年前にアイゼンヴェイル男爵領に突如として出現し、時の男爵を殺害し領土の支配者として君臨した古老級のホワイト・ドラゴン。年齢段階は最低でもエインシェント以上であるとされる。ゾーヴィンタールというドラゴンらにおけるゲームの参加者「ゾーヴィンタール・ドラゴン」でもある。分かっているだけで20年級と70年級のゾーヴィンタールに参加しており、その双方ともに勝者として結果を収めている。なおゾーヴィンタール時には多くのイクスアークと私兵軍を抱えていたが、現在はゲームに参加していないため大規模な戦力を常備してはいない。

 支配者としては悪ながらも、恐怖政治や思想・信仰の統制などを行っていない。逆に、一定の税やゾーヴィンタール時の協力「要請」の対価として、領地の外敵(主にフロストジャイアントや他民族・国家など)の侵略に対する抑止力としての力を貸していさえする。領地に侵入してきた蛮族に対してハインターバイト自ら赴き、軍と共闘した事例もある。
 こうした、厳しく領地統制を行わないというのはホワイトドラゴンの混沌の気性によるものと目されている。他方、支配というものは厳しく締め付けるよりも、「遊び」を作っておく方が御しやすいものであると知悉している年経た老獪な竜の知恵もまた窺い知れる。

 その力などから人間以外のモンスター(たとえばフロストジャイアントの部族)らも支配できるはずだが、判明している範囲ではそれを行っている様子はない。
 ホワイト・ドラゴンの古老として広大な地域のホワイト・ドラゴンから賢者として敬意を得、また彼らに知識を授けている。
 判明している限りでは100年ほど前に連れ合いを得ている。ドラゴンとしては珍しいことだが、両者は別居せず同一の棲家に住んでいるらしい。また何体かの仔がいるらしくたまに目撃されることがある。ハインターバイトの戒めによるものなのかそれらがアイゼンヴェイルの領民を襲うことは多くはないが、近年になって襲来の件数が少しずつ増加している。



名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。