ネザリル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ネザリル【国名】
 相互防衛協定を結んだ七つの漁村として出発したネザリルは、ものすごく強力になり傲慢に圧倒され滅びる運命にあった。エルフの隣国から魔法の基礎を教わったネザリル人は、イレファーンや、それより遥かに新しいエルフの定住地だったエアランのエルフと頻繁に接触することにより"ジ・アート"でそれなりの進歩を遂げた。四つの国の人々は交易を行うこと共に、数年おきに"世界の背骨"山脈からやってきたオークと戦った。ネザリルは、エルフの隣国同士で発生した戦争を切り抜けた。そして一つの偶然の発見により、栄光と崩壊の道を歩むことになったのである。

ネザーの巻物

 今となっては誰だか分からない冒険者が、一組の魔法の書き物を発見した。それには"ジ・アート"のものすごい秘密が書かれていた。これらの"ネザーの巻物"は、呪文の発動、魔法のアイテムや人造の作成、次元界間の関係と構造に対して洞察を与えると共に、アーティファクトを作成する方法すら書かれていた。続く2000年の間にすべての"ネザーの巻物"が失われるか盗まれるかしたにもかかわらず、そこに書かれていた情報は、ネザリルの社会を完全に変えてしまうのに十分だった。
 ネザリルの駆け出しの呪文の使い手たちがこれらの魔法を研究し、トリルでそれまで一度も目にされたことのない種類の魔法を発明した。ネザリルのウィザードだったアイオウロームは、ミサラーを作成した。之は近くにあるアイテムに力を与えると共に、魔法のアイテムを作成する再に、呪文の使い手がエネルギーを使用する必要性を失くすものだった。このミサラーはまた、飛行都市の作成も可能にした。山の頂上を切り取って、逆さにしたもので作ったのだ。ネザリルの人々は、これらの空飛ぶ魔法の居住地に乗って、人間のバーバリアンや悪の人型生物の群れに悩まされることのない大空に乗り出した。全ての市民が下級の魔法を使用することが出来た。ネザリル人は近隣のエルフやドワーフの国々と交易し、帝国の版図をものすごく拡張した。

フェアリムの猛攻

 ネザリルの力を最初に妨害したのはフェアリムだった。地下に住む魔法のクリーチャー種族である。この悪の種族は、ネザリル人が魔法をたくさん使用したために害を受けていた。その報復としてフェアリムはネザリルの土地に対して、魔法や生命を吸収する呪文の発動を開始した。みずみずしい畑や森を、荒れ果てた砂漠に変えたのである。最終的に人間は、この奇妙な損耗の背後に居る知性を認識し、長期にわたる魔法戦争が勃発した。魔法の消耗は最後には、都市で機能していた呪文に影響を与え始めた。最初はゆっくりと、魔法がゆがまない場所を探すためにアークメイジたちが去っていった。畑が砂漠に変わってしまった一般人は、この土地から逃げ出し始めた。
 信じられないような魔法の進歩の原因となった、ものすごい才能を持っていたアークメイジのカーサスは、この国の団結が必要とされている今このときに、それをなすのは自分の仕事であると感じた。カーサスは10年間研究してきた呪文を発動して、ミストリルとの連結を作成した。そうすれば、彼は彼女の力を盗んで神になれるから。呪文が完了したとき、彼の肉体は神の力で膨れ上がり、彼の心は想像を絶する力で膨れ上がった。そのなかには彼が立った今なした、致命的な間違いに関する知識も含まれていた。"魔法大食い"のネザリル人とフェアリムが"織"に対してなしていたダメージを、継続的に修復する能力を持つ唯一の存在から神位を奪ったことにより、カーサスはフェイルーンにおける魔法の存在そのものを脅かすこととなった。なぜなら彼は、そのような仕事を引き受ける準備が出来ていなかったから。
 ダメージが修復不能になる前に、ミストリルは自らを生贄に捧げて"織"を救った。これによって彼女とカーサスの連結が切断され、彼は石化され、一時的に世界の全ての魔法が無効になった。ネザリルの飛行都市は落ちた。消えつつある全知を依然として保持していたカーサスの石の形態は、彼が知り、世話をしていたあらゆるものが、彼の愚行によって崩壊するのを見つめていた。この破局にもかかわらず、たった一つの呪文で神位に到達した唯一の存在がカーサスであることを、賢者たちは知っている。
 魔法の女神は、ミストラとして生まれ変わった。彼女は"織"を再作成すると共に、3つの飛行都市を安全に地上に降ろすことが出来た。アノーリア、アスラム、ロンダスである。これらの都市は、カーサスが行動を起こしたとき、遥か上空にあったのだ。この新しい"織"は、より厳格な必要条件を呪文の発動に課すとともに、ネザリルが到達した高さの破壊力を禁じた。ミストラのクレリックは、ネザリルの滅亡の真実を警告として与えられた。そのようなことが、二度と再び起きないように。
 一方地上に降りた都市の生存者は、フェアリム、人型生物の群れ、砂漠の侵食から逃げ出し、ネザリルの後継各国を南方に設立した。人間最大の帝国は滅び、壊れたアーティファクトと、現在アノーラッチと呼ばれている魔法的に生成された荒野を、遺産として残した。



名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。