※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

古都ヤーナム
遥か東、人里離れた山間にある忘れられたこの街は、
呪われた街として知られ
古くから、奇妙な風土病「獣の病」が蔓延っている

「獣の病」の罹患者は、その名の通り獣憑きとなり、
人としての理性を失い夜な夜な「狩人」たちが、そうした、
もはや人でない獣を狩っているのだと言う

だが、呪われた街はまた、古い医療の街でもある
数多くの、救われぬ病み人たちが、この怪しげな医療行為を求め、
長旅の末ヤーナムを訪れる

主人公もまた、
そうした病み人の1人であった…


時代設定は19世紀ビクトリア時代
古都としての古めかしい建物群に、煙突やガス灯など
時代性のあるモチーフが見て取れる
それは、同時代のロンドンなどとは異なる、疲れた、
異様な静けさに満ちた世界である


古い医療の街、ヤーナムは、かつて栄えた、
だが陰気な街である
土着の信仰は偏狭を育て、街路には、病と血と、
死の臭いが充満している

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
|