ソードワールド2.0@wiki

メニュー








データベース



━━ループ論争━━
ループ論争






━━ハンドブック━━
フェイダン博物誌?
ザルツ博物誌?

━━コミックス━━
ミュクスDATA



fencer


matome


on-se

レンジャー技能

  1. レンジャーの特徴
    1. 種族について
    2. 経験点テーブル
    3. 可能な判定
    4. 扱える装備
    5. 習得できる戦闘特技
    6. 他の技能との相性
    7. 長所と短所

1.レンジャーの特徴

  1. 種族について
  2. 経験点テーブル
  3. 可能な判定
  4. 扱える装備
  5. 習得できる戦闘特技
  6. 他の技能との相性
  7. 長所と短所

種族について

基本的に、全ての種族が使用可能です。

経験点テーブル

経験点Bテーブルの技能。

可能な判定

「隠蔽判定」「解除判定(※)」「罠設置判定(※)」
「受身判定」「隠密判定」「軽業判定」「尾行判定(※)」「加工判定」
「足跡追跡判定」「聞き耳判定」「危険感知判定」「探索判定(※)」「地図製作判定(※)」「病気知識判定」「天候予測判定」「薬品学判定」「罠感知判定(※)」

(※)この印がついた判定は、レンジャー技能では屋外・野外などでしか行えません。

扱える装備

金属鎧を装備していると、一部の判定にペナルティ修正が入ります。
レンジャー技能をレベル3以上習得していると、〈野伏の**マント〉が装備可能になります。
名称 価格 備考
野伏の**マント (1000+α)G 装備部位:背中。20名誉点必要

習得できる戦闘特技

自動習得
名称 習得可能レベル 宣言 備考
《治癒適正》 レンジャー5Lv - 自らの回復量+1
《不屈》 レンジャー7Lv - HP0以下でも気絶しない
《ポーションマスター》 レンジャー9Lv - 補助動作でポーション使用可能
《韋駄天》 レンジャー12Lv - 「通常移動」+10m、「全力移動」+30m
《縮地》 レンジャー15Lv - 「全力移動」しても「通常移動」時の動作が可能

他の技能との相性

未製作。

長所と短所

長所は、「薬草類やポーション類での回復量へのボーナス」と「自動習得の技能」です。

レンジャー技能を習得していると、〈薬草〉や〈魔香草〉、〈ヒーリングポーション〉や〈魔香水〉といった回復アイテムの使用時に「レンジャー技能レベル+能力値ボーナス」分だけ多めに回復します。
MPの節約・数多くないMPの回復手段なので、疎かにできない点でしょう。
この効果は他人に使用しても適用されるため、1人だけでも取っておくといいでしょう。

自動習得では、ここぞという時に気絶せずに立てる《不屈》と、補助動作で回復できる《ポーションマスター》が心強いです。
必然的にHPが減りやすい盾役のファイターを始め、MPが足りない・自身が気絶していては本末転倒な回復役のプリーストも取っておいて損はありません。
気絶をすると「【アウェイクン】を使う分手間が増える」「転倒ペナルティを受ける」というデメリットがあるので、それを回避できるに越したことはないでしょう。

短所は、「可能な判定がいまひとつな点」です。

レンジャー技能で判定できる技能の内、14個はスカウト技能と被っており、さらにその内の5つはレンジャー技能だと「屋内だと判定不可」などのペナルティがあります。
また、残りの4つについても、内2つはセージ技能で補えます。
レンジャー技能でしか行えない判定は「加工判定」の一部のみであり、それも実質「特定の商品を半額で買える」程度のため、普通に完成品を買う方が早く、かつ安心です。
そのため、判定を目的とするならば、「スカウト+セージ」の方が有益だと思われます。


以上のことから、判定はおまけだと思い、長所の面をメインだと割り切って習得することが望ましいです。


合計 - 現在 -
本日 - 昨日 -

最近の更新履歴


取得中です。