ソードワールド2.0@wiki

メニュー








データベース



━━ループ論争━━
ループ論争






━━ハンドブック━━
フェイダン博物誌?
ザルツ博物誌?

━━コミックス━━
ミュクスDATA



fencer


matome


on-se

セージ技能

まだ完成していない記事です。

  1. セージ技能の特徴
    1. 経験点テーブルB
    2. 扱える装備
    3. 自動習得の戦闘特技
    4. 他の技能との相性
    5. 長所と短所
  2. 考察など

1.セージ技能の特徴

  1. 経験点テーブルB
  2. 扱えるの装備
  3. 自動習得の戦闘特技
  4. 他の技能との相性
  5. 長所と短所

1-1.経験点テーブルB

セージ技能は、その他技能なので、経験点テーブルBの技能です。
成長が早いのでサブ技能に向いています。

1-2.扱える装備

扱える武器、盾、鎧に制限は有りません。
装飾品 セージ技能3レベル以上で、集中の鉢巻きを装備できるようになります。

1-3.自動習得の戦闘特技

セージは自動習得の戦闘特技が豊富にあります。
セージ必須の戦闘特技は無い為、セージ以外の技能の戦闘特技を習得しやすく、やはりサブ技能に向いていると言えます。
習得レベル スキル名
5 《鋭い目》(自動習得)
7 《弱点看破》(自動習得)
9 《マナセーブ》(自動習得)
12 《マナ耐性》(自動習得)
15 《賢人の知恵》(自動習得)

1-4.他の技能との相性

セージ技能に制限が無い為、相性が全く悪いという組み合わせは少ないです。
技能 評価 解説
ファイター 両立します。ダメージや命中を引き上げる《弱点看破》の相性が良好です。
《タフネス》(自動7)、《バトルマスター》(自動13)
グラップラー 両立します。ダメージや命中を引き上げる《弱点看破》の相性が良好です。
《追加攻撃》(自1)、《投げ攻撃》(自1)、《カウンター》(自7)、《バトルマスター》(自13)
フェンサー 両立します。ダメージや命中を引き上げる《弱点看破》の相性が良好です。
シューター 両立します。ダメージや命中を引き上げる《弱点看破》の相性が良好です。
ソーサラー 両立します。魔法文明語も習得できるため、セージでの言語習得を他に回せます。
魔法使い系技能の中で自動習得の戦闘特技との相性は、
フェアリーテイマーに続き良好と思われます。
コンジャラー 両立します。魔法文明語も習得できるため、セージでの言語習得を他に回せます。
《マナセーブ》との相性は良好ですが、属性攻撃魔法の少なさから
《弱点看破》をソーサラーより使いこなすのは難しいと想定されます。
プリースト 両立します。《マナセーブ》との相性は良好ですが、攻撃魔法を使う機会は少なく
《弱点看破》とは無縁になりがちです。
ただし、回復効果の弱点を突くことができるのは【キュアー・~~】だけです。
フェアリーテイマー 両立します。妖精語も習得できるため、セージでの言語習得を他に回せます。
多種多様の属性攻撃魔法が《マナセーブ》により使いやすく、
《弱点看破》により高いダメージを与える事ができ、最も相性がいいと思われます。
また戦闘外では【フェアリーウィッシュ】が役立ちます。
マギテック 両立します。魔動機文明語も習得できるため、セージでの言語習得を他に回せます。
《マナセーブ》との相性が良好で、《弱点看破》も【エフェクト・バレット】により弱点を狙いやすいため良好です。
ただし、【ウィークネス】により付加された弱点は《弱点看破》の適応外です。
スカウト 両立します。戦闘外で大きく役に立ちますが、戦闘で案山子になりがちです。
《トレジャーハント》(自動5)、《ファストアクション》(自動7)、
《影走り》(自動9)、《トレジャーマスター》(自動12)、《匠の技》(自動15)
レンジャー 両立しますが重複する判定も多く、スカウト程の相性は有りません。
戦闘でも案山子になりがちです。
《治癒適性》(自動5)、《不屈》(自動7)、
《ポーションマスター》(自動9)、《韋駄天》(自動12)、《縮地》(自動15)
エンハンサー 《マナセーブ》は練技のMP消費を抑えますが、魔法使い技能に大きく劣ります。
【スフィンクスノレッジ】でセージ技能の判定を補助する事もできますが、ややコスト高です。
バード 両立します。バードにより言語を、セージにより読文を習得する事で言語の面で優秀です。
セージは主動作を消費しないので戦闘中バードを活用しやすいです。
ライダー 両立しますが、ライダーの魔物知識判定はほぼ無駄になります(ライダー技能では弱点を抜けない)。
ライダー技能の方が高レベルであるなら、知名度だけはその分抜きやすくなります。(CGで定義)
アルケミスト 両立します。魔動機文明語も習得できるため、セージでの言語習得を他に回せます。
セージは主動作を消費しないので、戦闘中アルケミストを活用しやすいです。
魔物知識判定を補助する賦術も存在します。
ウォーリーダー 両立します。ただし鼓咆は補助動作のみのため、他の技能がなければ主動作を持て余します。
【軍師の知略】を取得することで知力ボーナスで先制判定が行え、セージ技能で重要な知力を生かすことが出来ます。
ミスティック 両立します。セージは主動作を消費しないので、戦闘中ミスティックを活用しやすいです。
戦闘外のセージ判定や、魔物知識判定を補助する占瞳も存在しますが、
自身に行使する場合《自己占瞳》がなければ占瞳判定にペナルティを負い、失敗しやすくなります。
デーモンルーラー 両立します。魔法文明語(読文のみ)と魔神語も習得でき、また魔神への魔物知識判定にボーナスも得られます。
習得するだけで魔神への魔物知識判定へ+4ものボーナスが得られるため、1レベルだけでも習得しておくと非常に有用です。
《マナセーブ》との相性は良好ですが、攻撃魔法は弱点になりにくい毒・呪い属性ばかりで、
《弱点看破》とは無縁になりがちです。

1-5.長所と短所

長所は非常に重要な「魔物知識判定」が行える事です。
戦闘時、相手の能力が全く分からないというのは敗北に繋がります。また弱点を見抜くことができるのもセージのみの特権です。
レベル分だけ追加の言語を習得できることも見逃せない点で、敵の会話や文書などを翻訳できることは情報面で影響します。

短所は戦闘中はほぼ役に立たない事です。
自動習得の戦闘特技は強力ですが、セージの判定は戦闘外のものしかありません。

知力を伸ばすだけでセージとして活躍しやすくなります。
その他系技能を習得しすぎると冒険者レベルが低くなりがちなのでその点に注意が必要です。
メイン技能としてでは無く、サブ技能として取るのが一般的です。

2.考察など


お勧め装備品


  • 集中の鉢巻き
    • 装飾品(頭) 再判定の時間を半減(200+10名誉点)
  • とんがり帽子
    • 装飾品(頭) 【魔物知識判定】+1(3,000)
  • ひらめき眼鏡
    • 装飾品(顔) 【見識判定】【探索判定】+1(4,000)
  • 幸運のお守り
    • 装飾品(首) 戦利品獲得+1(2,000)
  • 知性の指輪or叡智の腕輪/能力増強の指輪or腕輪(知力)
    • 装飾品(手) 能力値+1or+2、割ると+13or+14(500or1,000)



合計 - 現在 -
本日 - 昨日 -

最近の更新履歴


取得中です。