ソードワールド2.0@wiki

メニュー








データベース



━━ループ論争━━
ループ論争






━━ハンドブック━━
フェイダン博物誌?
ザルツ博物誌?

━━コミックス━━
ミュクスDATA



fencer


matome


on-se

R&R記事リスト

R&R記事紹介を参考にしています。

レア度の高い記事まとめ



ソード・ワールド2.0
作■北沢慶 画■山根真人
蛮族の襲撃を受けた小国グラスノ王国。セフィリア神聖王国へ援軍を要請すべく、ロイ王子たちは秘密の地下通路を駆ける。しかし地下には、凶悪な魔神の影が!?

ソード・ワールド2.0
作■北沢慶 画■山根真人
辺境の国に武者修行に来た王子ロイは、蛮族の襲撃に遭遇する! 城砦都市国家であるグラスノは簡単には落ちないが、誰かが援軍を求めに行く必要がある……!

ソード・ワールド2.0 リプレイ 聖戦士物語
作■北沢慶 画■山根真人
いよいよ始まる、ド本命・北沢慶による『ソード・ワールド2.0』リプレイシリーズ!武者修行を兼ね、辺境のグラスノ王国に逗留することとなった、セフィリア神聖王国の王子ロイ。人々の歓待が静まりきらぬ中、蛮族の大規模な襲撃がグラスノ王国を包む!

ソード・ワールド2.0
文■北沢慶 画■山根真人
『ソード・ワールド2.0』の総責任者であり、小説『剣をつぐもの』を完結させたばかりの北沢慶が、満を持してリプレイ執筆を開始!! 今回はその予告記事を掲載!

ソード・ワールド2.0
文■田中公侍 画■輝竜司
好評を得た『ミストキャッスル』タイプのサプリメント、『フェアリーガーデン』がこの3月に発売される。ランダムさが楽しい、同書の魅力を伝えるリプレイを掲載!

ソード・ワールド2.0 リプレイ滅びのサーペント 後編
作■にしかけみもじ(グループSNE) 画■末弥純
2010年新春お祝い企画の後編! 『ソード・ワールド 2.0』における最高レベル、15レベルPCのリプレイということで、早くも各所で話題沸騰!! 凶悪モンスターの群れを、赤子の手をひねるように一蹴したPCたち。そんな彼らにGMが用意した、“黒(ノワール)の封印”とは!?

ソード・ワールド2.0 リプレイ滅びのサーペント 前編
作■にしかけみもじ(グループSNE) 画■末弥純
2010年もTRPG三昧! ということで、『R&R』が贈る新春夢企画、「『ソード・ワールド2.0』の最高レベルである15レベルPCを5人集めてセッションをやってみた」リプレイが登場! しかもイラストは夢企画にふさわしい大御所、末弥純!あらゆる意味でスペシャルな、大活劇リプレイの前編!!

ソード・ワールド2.0
監修■北沢慶 文■力造 画■西野幸治
ルーフェリアを舞台とした、海賊のアジトに侵入するダンジョンシナリオを掲載。
12月22日発売予定のサプリメント『ルーフェリア』と合わせて遊ぶこともできるぞ!

ソード・ワールド2.0
監修■北沢慶 文■力造 画■西野幸治
サプリメント『ソード・ワールド2.0ツアー ルーフェリア』の発売を1ヵ月後に控え、
ルーフェリアを舞台としたシナリオを掲載。
水の街の紹介コラムなども掲載。

ソード・ワールド2.0
作■諸星崇 画■森沢晴行
『拳と魔封の物語』もいよいよクライマックス。
レイノルズを追い詰めるエイベルの前に、最後に立ちはだかる敵とは?
そして父と娘の出す結論とは!?
最終回。

ソード・ワールド2.0
作■諸星崇 画■森沢晴行
連載リプレイ『拳と魔封の物語』も、ラストエピソードに突入!
故郷に戻り、さまざまな思いに区切りをつけたエイベルたちは、レイノルズを追い地下洞窟を駆ける!!

ソード・ワールド2.0 シナリオ五色の秘密
監修■北沢慶 文■にしかけみもじ(グループSNE) 画■西野幸治
大型サプリメント『アルケミスト・ワークス』の発売を控え、
アルケミスト技能発見にまつわるエピソードをシナリオ化!
『アルケミスト・ワークス』に収録されている「アルケミストの解説」も掲載。
まだ見ぬアルケミスト技能に思いをはせながら、シナリオを遊んでみてほしい!
にしかけみもじのデビュー作。ワールドガイド的価値もある。  
ソード・ワールド2.0
作■諸星崇 画■森沢晴行
ログナーの設計した飛行装置によって、飛行要塞に降り立ったエイベルたち。
出迎えたアンを倒し、ついにレイノルズ、ノヴァと相まみえる!

ソード・ワールド2.0
作■諸星崇 画■森沢晴行
全力をあげ、飛行要塞の迎撃態勢を整えるフェンディル王国。
捕らわれたミレスと、かつての仲間のアンを救出する時間は少ない!
エイベルに決断のときが迫る!!

ソード・ワールド2.0
作■諸星崇 画■森沢晴行
アンの裏切りとカラトの死。
さらにエイベルの母ミレスは捕えられ、飛行要塞は復活してしまう。
最悪の事態にも諦めないエイベルたちのもとに、さまざまな協力者が集う!

ソード・ワールド2.0
作■諸星崇 画■森沢晴行
アンは、飛行要塞を起動させるキーとして生まれたルーンフォークだった!
真実を知った時、エイベルたちはどんな選択をするのか。
そして、アンの選択は――!?

ソード・ワールド2.0
作■諸星崇 画■森沢晴行
母ミレスとの再会を果たしたエイベル。
しかしミレスが敵対するドレイク・ノヴァは、アンの主人だった!
ルーンフォークである自身の本能と、エイベルたちへの生の感情の間で揺れるアン。
そして知らされる新たな真実とは!?
特別付録:フェンディルの歩き方(後編)。2頁。

ソード・ワールド2.0 ミストキャッスル リプレイ 蛮都からの生還を夢見て!
作■田中公侍/グループSNE 画■輝竜司
『ソード・ワールド2.0』初の大型サプリメント『ミストキャッスル』。
その独特な遊び方を、分かりやすく紹介するリプレイが登場。
同時掲載されている新しい【導入】、「復讐」を用い、冒険者たちは蛮族の支配する“霧の街”に挑む。
果たして彼らは、生きて帰ることはできるのか!?
12頁。うち2頁はミストキャッスル用追加導入。
ソード・ワールド2.0
作■諸星崇 画■森沢晴行
リーンシェンク地方へと降り立ったエイベルたち。
母・ミレス率いる「緑の傭兵団」と接触し、ミレスが向かったという遺跡に向かうも、襲撃者に投げ飛ばされて……!?
特別付録:リーンシェンク地方の歩き方(前編)。2頁。

スピタのコピタの!
作画■緑一色
緑一色が体験したイベントやセッションを、コミックで明るく楽しくレポート!
今回は、『ソード・ワールド2.0』のサプリメント『ミストキャッスル』をレポートするぞ!
「スピタのコピタの」58卓SW2.0(ミストキャッスル)。
 いちプレイヤーの記事だから、おかしな部分はご愛敬。
ソード・ワールド2.0
作■諸星崇 画■森沢晴行
飛空船の墜落により、辿り着いた未知の土地リーンシェンク地方。
そこにミレスの足跡があったのは、はたして偶然か?
そして彼女らが敵対するドレイクとは?
風雲急!

ソード・ワールド2.0
作■諸星崇 画■森沢晴行
ミレスという女性を探し、飛行船に乗ったエイベルたち。
しかし飛空船は黒いルーンフォークの襲撃によってあえなく墜落。
見知らぬ 森に着陸した一行の運命やいかに!?

ソード・ワールド2.0 キャンペーンシナリオ&追加データ 叙事詩と双子姫の騎士
監修■北沢慶 文■田中公侍 画■CHAN×CO
2009年2月発売予定のサプリメントまで待てない!
という『ソード・ワールド2.0』ユーザーの声にお応えして、
ゲームデザイナー自らが手がけるシナリオ+キャンペーン用シナリオソースをお届け。
フェンディルを舞台にした、ワールド設定をふんだんに使用したキャンペーンが楽しめるぞ!
11頁。追加魔物データあり(但し、ミストキャッスルに全て再録)。
ソード・ワールド2.0
作■諸星崇 画■森沢晴行
父ログナーの言葉の謎を追い、フェンディル王国の王都ディルクールを訪れたエイベルたち。
魔動機院の副院長テムズを助けたことから、さまざまな事実を知った一行。
次なる目的地に行くために、飛空船に乗るが……!?

ソード・ワールド2.0
作■諸星崇 画■森沢晴行
エイベルの母親は、大貴族の令嬢!?
ということは、エイベルは……???
ただ、それはまだまだ確かな情報ではない。
「赤薔薇と白百合のミレス」の情報を求める一行の前に、新たな事件が!
特別付録:フェンディルの歩き方(後編)。2頁。

ソード・ワールド2.0
作■諸星崇 画■森沢晴行
父ログナーの魔剣が作った迷宮を攻略し、見事魔剣を手に入れたエイベル。
しかし、同じく魔剣を狙っていたベネットは、謎のルーンフォーク3人組に殺害されてしまう。
ログナーの秘密とは何か!?
特別付録:フェンディルの歩き方(前編)。2頁。

ソード・ワールド2.0
作■諸星崇 画■森沢晴行
“黒いルーンフォーク”ベネットを追い、父ログナーが所持していた魔剣が作った迷宮に潜るエイベルとその一行!
不思議な仕掛けがいろいろのダンジョンで、エイベルたちは魔剣を手にできるのか!?

ソード・ワールド2.0 プレイングガイド
監修■北沢慶/グループSNE 文■刈谷圭司 画■西野幸治
発売からはや3ヶ月が経過した『ソード・ワールド2.0』。
みんなルールブックが擦り切れるほど遊んでると思うけど、ここらでも一度基本に返ってみたい。
『ソード・ワールド2.0』の魅力が再発見できること間違いなし!!
2.0発売当時に、乱戦ルールを具象戦闘ルールと勘違いするPLが相次いだため、必死でフォローして回った感じの記事。
13頁。 著者である刈谷圭司は、執筆時にはSNEを退社済であるため、厳密には、グループSNEによる公式記事ではない。
が、『執筆に当たり「デザイナーの北沢さんに確認した」』とされており、ある程度の権威を持って受け入れられた。
“黒いルーンフォーク”ベネットが逃げ込んだ「魔剣の迷宮」。
その迷宮を作った魔剣の所持者は、エイベルの父ログナーだった!?
エイベルたちは、勇躍「魔剣の迷宮」に挑む!!

ソード・ワールド2.0
作■諸星崇 画■森沢晴行
生まれ育った集落を後にし、外の世界への第一歩を踏み出したエイベル。
カラトやルルックが暮らすフラーゲンの街にたどり着いた一行は、さっそくひとつの事件の解決を請け負うことに。

スピタのコピタの!
作画■緑一色
緑一色が体験したイベントやセッションを、コミックで明るく楽しくレポート!
今回は、『ソード・ワールド2.0』の後編をお届け。
成長したキャラクターの活躍をご覧あれ。
「スピタのコピタの」50卓SW2.0(後編)。いちプレイヤーの記事だから、おかしな部分はご愛敬。
ソード・ワールド2.0
作■諸星崇 画■森沢晴行
満を持してスタートした『ソード・ワールド2.0』リプレイ、『拳と魔封の物語』。
冒険による初めての成長を果 たしたエイベルたち一行は、ケラスス焼失の謎を解くための旅に出発する。

スピタのコピタの!
作画■緑一色
緑一色が体験したイベントやセッションを、コミックで明るく楽しくレポート!
ついに発売された待望の新エディション『ソード・ワールド2.0』をバッチリ紹介するぞ!
しかも、スピコピ初の前後編でお届け。
今号は、キャラ作成を中心とした前編だ!!
「スピタのコピタの」49卓SW2.0(前編)。いちプレイヤーの記事だから、おかしな部分はご愛敬。
ソード・ワールド2.0 リプレイ 拳と魔封の物語
作■諸星崇/グループSNE 画■森沢晴行
ついに発売された『ソード・ワールド2.0ルールブックⅠ』。
期待のビッグタイトルのリプレイが、『R&R』でもスタート!
著者は『T&T』のほのぼのリプレイが好評を得た、新鋭の諸星崇!
「ソード」ワールドなのに、グラップラーが主人公でいいの?
いいんです。
「拳と魔封」がテーマの、「剣の世界」の物語。開幕です!

ソード・ワールド2.0
監修■北沢慶 文■藤澤さなえ 画■笛吹りな
『ドラゴンマガジン』(富士見書房)誌で連載中の話題沸騰リプレイ「たのだん」から、シャーリィたちが出張!
創世神話や過去の文明、冒険者の生活など、ラクシアの冒険が楽しくなる情報を解説!
7頁。発売直前(一週間前)だったのに、既出情報をまとめただけの期待外れの記事。

ソード・ワールド2.0
文■R&R編集部 画■輪くすさが・真嶋杏次
人間の戦士とタビットの魔法使いを、実際に作成した様子を紹介。
技能や戦闘特技といった選択肢も具体的に紹介してあるので、イメージが広がるはずだ。
4頁。キャラメイクのサマリールール。製品版とは細部が異なる。

ソード・ワールド2.0
文■R&R編集部 画■輪くすさが・真嶋杏次
各種族のラフイラストを大公開!!
お馴染みの種族はともかく、タビットやルーンフォーク、ナイトメアは気になるところ。
生まれ表の一部も掲載するので、イメージが広がるはずだ!
4頁。種族紹介。製品部とは細部が異なる。

新春!『ソード・ワールド2.0』開発者インタビュー
~安田均・北沢慶・田中公侍・秋田みやび・藤澤さなえ~
聞き手■刈谷圭司
昨年のJGCでの製作発表以来、期待を集め続ける『ソード・ワールド2.0』。
そのビッグタイトルの全貌に迫るべく、開発者のみなさんにロングインタビューを敢行!
11頁に及ぶ読み応えたっぷりの秘話の数々。

紛失

紛失

ソード・ワールド情報局。2/3頁程度のSW2.0速報。

合計 - 現在 -
本日 - 昨日 -

最近の更新履歴


取得中です。