UCtimetable@Wiki 全天周囲モニターを備える新型リニアシート完成


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「戦後初の量産型MS、RMS-106ハイザックは、0084年7月にロールアウトした。(中略)しかし、このハイザックで初のリニアシートが採用された。この操縦システムはまだ完成されていたとはいえないが、従来よりも視界が向上し、操縦性は高かった。翌年には全天周囲モニターとした新型リニアシートが完成し、在来機種を全てこのシステムに換装した。」p36〜37