|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

新撰組三番隊


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【新撰組三番隊所属人物】

【役職(通り名):職業:流派:愛刀:年齢】

組長 斉藤 一 (ez0114)

【新撰組三番隊組長:浪人:鬼神丸:20歳】
  • 身長:175cm
  • 髪の色:黒(長髪で、後ろで一纏めにしている)
  • 目の色:黒(鋭く細いツリ目)
  • 服装:黒い服を好むと思われる
  • 癖(特徴):表の顔の斉藤一としては、酒癖と女癖が悪い。また、酒を呑むと人を斬りたくなる癖がある。
  • 好物:蕎麦 稲荷寿司
  • 備考:左利き 新撰組の中でも一、二を争うほどの腕前 お風呂が好き 一度、集団のリーダーは苦手と問題発言

春風の小春(姓は不明)

【新撰組三番隊組長補佐→新撰組三番隊組長代理:志士(風):我流(?(剣術と白打と魔法の組み合わせ))】
  • 身長:150cm未満
  • 髪の色:不明(おかっぱ)
  • 目の色:不明
  • 体型:組長曰く幼児体型だが、実際にはそのような事は無い(恐らく性格がボーイッシュなことも組長に幼児体型と言わせている要因だと思われる)
  • 服装:露出度は高い方で、動き易さを重視していると思われる
  • 癖(特徴):異性の前での羞恥心はあまり無いように見受けられる。また、大食いでもあり、酒を呑むと爆睡する癖がある。
  • 必殺技:雷を纏った蹴り技 備考:組長補佐は三番隊内に二人存在する。また、小春は組長から三番隊内の二つの班を任せられている。
  • 組長が河上彦斎との戦いで一時戦線を離脱するために【三番隊組長代理】へと昇格。

【新撰組三番隊関連人物(友好)】

【役職(通り名):職業:流派:愛刀:年齢】

神楽坂紫苑(ez1037)

【近江藩(藩主:浅井長政) 鋼鉄山猫隊隊長 坂下城城主:侍:28歳】
  • 身長:140cm
  • 髪の色:黒(ツインテール)
  • 目の色:黒 体型:一見幼児体型かと思われるが、意外と豊満
  • 服装:アバターを見る感じでは結構派手
  • 癖(特徴):どちらかと云うと軍師系だが、オーラ戦闘の専門家でもあり、前線にも積極的に出張る。
  • 必殺技:【必殺神風ボンバー(オーラソードで撃つソードボンバー)】
  • 備考:剣はかなり遣える方だが、実戦経験は少ない。

【新撰組三番隊関連人物(敵対)】

【役職(通り名):職業:流派:愛刀:年齢】

河上彦斎

【人斬り彦斎:浪人(?):不知火流抜刀術:忍者刀】
  • 身長:不明(背は高い方だと思われる)
  • 髪の色:銀
  • 目の色:不明
  • 体型:長身痩躯の優男
  • 服装:血に染まったように紅い着物を着用
  • 必殺技:【不知火流抜刀術 旋風斬り(身体を回転させつつ相手を斬り裂く)】
      :【不知火流抜刀術 難攻不落の円の型(刀を叩きつけずに身体を回転させて刃で擦るように斬る)】
  • 備考:京都で一、二を争う人斬り 斉藤組長の前に現れた時の発言を鑑みても、強い意志と信念を持っている事を窺わせる。

九月鬼

【近江の食い逃げ幽霊:デビル】
  • 身長:不明
  • 髪の色:不明
  • 目の色:不明
  • 体型:不明(豊満だと思われる)
  • 服装:不明 備考:絶世の美女。年齢は不明だが、千年以上は此の世に『存在』していたと思われる発言があった。
  • 技:誘惑の術【此の術に掛かると、九月鬼を此の世で最も信頼できる親しい人と思い込んでしまい、また、九月鬼の言うことの総てを信じ込んで真に受けてしまう 術の効果は一週間ほど続く】
  • 備考:鋼鉄山猫隊隊長・神楽坂紫苑に重傷を負わせる

陸鬼一

【黄泉将軍】
  • 身長:不明
  • 髪の色:不明
  • 目の色:不明
  • 備考:【【黄泉人決戦】残党狩り・追撃戦】で斃されたか?

【特殊用語】

京都左京区区外地域…【新撰組三番隊のみで通用する通称で、実際は左京の外側までの地域のこと】
三番隊見回り時手順…【『尋問』『提灯』『斬り捨て』に班を分ける遣り方】
三番隊の隠れ家…【近江屋(湯屋):一階が湯屋で、二階が宿屋兼連れ込み宿】





シリーズシナリオ

  • 新撰組三番隊番外編1
○【番外編1-1】
依頼内容:京都左京区区外地域の巡回 
 巡回では特に大きな斬り合い等は無し、巡回中に斉藤組長と冒険者の初顔合わせ(※女の方にはセクハラ?)が行われる。(此の時の初顔合わせに於いて組長を不審者と思った冒険者が斬り掛かっているが、軽くいなされる)
 湯屋にて組長、冒険者3名と風呂に入る。

□【番外編1-2】
依頼内容:大和の某砦を救援するための露払い
 作戦行動を纏めたまでは良かったが、その作戦を組長に連絡する人が居なかったため(組長に作戦行動を報告した者が指揮を執ることになっていた模様)に冒険者中に指揮を執れる人物が居らず、組長が不承不承ながらも指揮を執ることとなる。 行軍中、組長による戦闘考察。 
 戦闘に於いての連携行動の不味さ(突出による敵中孤立、等)に組長が半ば呆れる。
 【黄泉将軍】陸鬼一が雪守に化ける。 黄泉将軍、逃亡。
 黄泉将軍は逃したものの、砦の救援には成功する。

△【番外編1-3】
依頼内容:左京区外地域での夜回り依頼。注意事項として【人斬り彦斎(河上彦斎)】の存在が挙げられた。
 OPにて近江の名門の一つ、【近衛家】の分家で世に名を知られている【近衛重三(20代後半)】が京での遊郭の帰り道に【人斬り彦斎(河上彦斎)】によって胴薙ぎに斬って斃される、また、お供として付いて来ていた2人は【人斬り以蔵(岡田以蔵)】によって斃される。

 予測されていたような戦闘は皆無で、組長が「勝った方が負けたほうの背中を流す」と云う、冒険者2人の余興に乗り、早々に自ら負けを認める。(一日三時間睡眠が一ヶ月ほど続いたための睡眠不足の所為でそんなに動きたく無かったらしい)
 近江屋にて入浴、河上彦斎についての情報の纏め。

☆【番外編1-4】
依頼内容:小春曰く、『暗殺者を誘き出し、副長に良いところを見せつつ、もしも暗殺者が辻斬りの犯人だった場合は一石三鳥になる作戦』とのこと。 斉藤組長の護衛作戦。
 何だか、組長を出汁に小春が遊びに来たみたいな感じに見えなくも無い。
 組長、小春と温泉へ。
 組長と女性冒険者との間で微妙な危険発言や重大発言が飛び交う。
 河上彦斎が普通に組長の前に現れる……どうやら、警戒してた意味は全く無かったらしい。(←河上彦斎が冒険者の敷いた警戒網に触れた描写は無く、普通に組長の部屋の前までやって来たと思われるため)
 河上彦斎、冒険者を圧倒し、組長との一騎打ちに突入、結果は相打ちで河上彦斎も重症を負ったとと思われるが、無事に逃亡してのけた。


  • 新撰組三番隊番外編2
●【番外編2-1】
依頼内容:小春組長補佐の発案による屋形船(謎の温泉教団所有)の上での新撰組三番隊の宴会の手伝い
 宴会に於いて特記するような事は無し。
 組長、またもや女の方と温泉に入る。
 夜中、酒顛童子の話題が出る、酒顛童子と三番隊との直接戦闘は起こっていない模様。 組長曰く、人外の敵と戦るのなら、永倉組長(新撰組二番隊)や原田組長(新撰組十番隊)の方が向いている、とのこと。

■【番外編2-2】
依頼内容:鴨川河川敷の巡回並びに、斉藤組長による一問一答。
 巡回場所は二条大橋から五条大橋までの左右の対岸で、一周3~4キロメートル、一周1~2時間。
 巡回自体に問題は無し、此の頃から冒険者の建てる作戦中での巡回手順(見回りや尋問時の役割)が確立されたと見ても良い。
 九月鬼(此の時点で詳細不明)らしき謎の美女の描写アリ。

▲【番外編2-3】
依頼内容:淀川の夜間巡回(←OPには淀川と書いてあるが、鴨川の間違いの可能性が高い)
 【近江の食い逃げ幽霊】、こと九月鬼が三番隊の前に現れる。
 九月鬼の『誘惑の術』に冒険者3名が掛かったことにより、冒険者同士で同士討ちが発生するが、オービス(白クレリック)の活躍により、九月鬼を退けることに成功。
 犠牲や被害は無し、『誘惑の術』の効果は一週間続いた。(組長、一週間夜這いされ続けることにw)

★【番外編2-4】
依頼内容:小春が組長代理に就任したお祝いを河豚料亭『笠子屋』で行い、また其処に潜伏している不逞浪人を、冒険者扮する組長の影武者を遣って燻りだす作戦。 新撰組三番隊正式隊員3名の補充試験を兼ねる。
 予定通り宴会をした後、刺客との戦闘に突入。
 小春と小柄な2人の冒険者の3名、「ちびっこ3人組」と命名。(ぇ)
 刺客は7名で黒装束を着用しているが忍者では無く浪人と思われ、また『笠子屋』の女将も敵の一味であった。
 刺客7名のうち、完全に死亡が確認されたのは2名(1名は冒険者にボコボコにやられ、もう1名は冒険者の必殺技で首を斬り飛ばされると同時に小春の疾風を炸裂させられ斃される)で、3名は冒険者らによって捕獲された模様。 また、組長の影武者をしていた冒険者も、定かではないが1名を捕縛した模様。
 三番隊補充要員の件は、明記されていないためにどうなったか不明。

ショートシナリオ

【【黄泉の兵】京に哭く鬼・外伝】
組長の命により、小春が依頼に参加。

【【黄泉人決戦】残党狩り・追撃戦】
組長の頼みにより神楽坂紫苑が黄泉人の残党追撃依頼をギルドに出す。

【【黄泉人討伐】斉藤一・神楽坂紫苑・共闘】
神楽坂紫苑の護衛も兼ねて組長が大和へ向かう。平織派と源徳派の珍しい共闘戦線に。

Text by月詠葵(編:八幡伊佐治)


近江屋

  • 京都の鴨川のさらに東に位置する、風呂屋とお食事処と旅籠が合体したお店。
  • キツネソバとスキヤキが食べられるお店として有名。
  • 薄絹超ミニの浴衣を着た娘達が接待。
  • メニューは他に、トロロソバ・かち割り氷が入った練乳。

新撰組三番隊へのコメント

  • ----- -- (tester)
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

ショートカット



更新履歴

取得中です。