a_wage_structure @Wiki 後半班のページ
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トップページ
追い詰められないとできないのは、
もうしょうがないですよね。
というわけで、いきなりラストスパート頑張りましょう。

Wikiは誰でも編集できるページですので、
ぜひ、考えていることを書いていってください。
今まで書いてなくて言うのもなんですけど。

<概要>
必要な項目として考えられる項目を書いていきます。





足りないところは、適宜付け足していってください。

後半組発表のシーケンス

以下の順番に沿って発表します。担当者はそれぞれリンク先にレジュメなりなんなりを書いてもらえると良いのではないかと思います。

1)現状分析

年功序列型賃金体系が現代にあまりそぐわなくなっていることが前半組により紹介されたことを受けて、成果主義へ移行途中である現在の日本企業の状況を説明する。

日本よりも成果主義が浸透し一般的であるような、外国の賃金体系の状況を概観する。

2)成果主義のみの企業
現在の日本企業の賃金体系は成果主義への割合を高めている。
成果主義導入はトレンドともいえるものだが、従来型賃金体系をすべて棄却し、成果主義のみの賃金体系を導入した場合のコスト、ベネフィットはどのようなものがあるだろう。

富士通は国内企業でいち早く成果主義のみの賃金体系を導入した。しかし、数々の問題点が露呈し、結局、その賃金体系は廃止されることになった。成果主義のみの賃金体系のモデルとして、どのような問題点があったのかを分析する。

成果主義のみの賃金体系を取り入れた場合の影響や効果は業種によって様々であろう。ここでは富士通の例を基礎としながら、その一般的考察を試みる。

3)望ましい賃金体系とは
望ましいとはどういうことか?これは難しいテーマであり、もう少し議論する必要があると感じる。


何をもって成功していると判断するのか?という、そもそもの疑問はあるが、ひとまず、労使がともに満足し、かつ企業業績が増益基調の企業の賃金体系をサンプルとする。具体的にはキヤノン、トヨタ、花王、ホンダ、中部電力などである。

今までの事例分析や考察を基に、望ましい賃金体系とはどのようなものであるかを提案する。



突っ込み欄

できれば、ページを編集してほしいですがまぁ
めんどくさいときにはここで発言してください。
名前:
コメント:
;