a_wage_structure @Wiki 成果主義の定義
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


概要

現在使われている「成果主義」という言葉は
あまりに幅が広く、個人個人によって解釈がばらばらです。
そこで、コンセンサスをとるためにこのページに「成果主義の定義」を書きます。

成果主義の定義

いざ書こうとすると難しいが、辞書的な言葉を借りて、簡潔に言えば
「企業の人事管理において,賃金・昇進などの決定基準を
個人の仕事の成果におこうとする考え方。」
のことだ。(goo の国語辞典から引用)

つまり待遇が個人の成果の評価により変動することがあれば、
それは程度の差がどうであれ、「成果主義」といえることになる。
これでは、有用な結論に至ることはできないと思われるので、
次はそもそも「成果主義」を導入、採用することの目的をまず考え
そこから逆算することで適切な「成果主義」を考えてみることにする。

成果主義導入の目的

日本で成果主義を導入すると言うときに、
それを導入する経営者はどのような目的を持っているのだろう。
私的な意見を言えば、「経営における、人件費の単位単価あたりのパフォーマンスを
最大化する」ことに尽きると思うが、ここではもう少し噛み砕いて書いていこう。

Webでざっと調べたところ、よく出てくるのは以下のような感じである。
足りなければ、適宜付け足してもらいたい。

  • 年功人事にありがちな弊害をなくす

  • 公平な待遇を図る

  • 意欲を向上させる

  • 優秀な人材を採用する

  • 総額人件費を管理する

これらの目的は、どの企業でも大抵似たり寄ったりで、
国によっても大して差はない。成果主義はこれらの目的を達するために、
有用であると感じ、経営者は採用するわけだ。


それで?

上記で見たように、成果主義を導入しようとする経営者は
なにもできない従業員を潰そうと思って、導入するわけではない。(一部例外があるが 笑)
それにもかかわらず、アンチ成果主義の意見が出てくる。
一方で、成果主義は素晴らしい!と謳っている意見も同様に多い。
目的は同じで、このように結論が割れるということは、
その方法論に違いがあるわけだ。

つまりこの後半班は、成果主義をうまくまわすための
方法論について議論し、結論を導けばよいということがわかる。


東原です。

「それで?」について

目的とは
  • 年功人事にありがちな弊害をなくす

  • 公平な待遇を図る

  • 意欲を向上させる

  • 優秀な人材を採用する

  • 総額人件費を管理する

であり、
それを達成するための方法論に各自違いがあるという理解でよろしいかな?そうだとすると

"成果主義をうまくまわすための方法論について議論し、"
というのは文脈に沿っていない気がするんだけれども読み方が間違っているのかなあ。